Yahoo! JAPAN

12戦連続0封で5月防御率0.00!阪神ブルペン陣の柱としての自覚が漂い始めた矢野監督絶賛の湯浅京己/岩崎優に繋ぐ7回の男とは!?

ラブすぽ

12戦連続0封で5月防御率0.00!阪神ブルペン陣の柱としての自覚が漂い始めた矢野監督絶賛の湯浅京己/岩崎優に繋ぐ7回の男とは!?

12試合連続無失点と好投続けるアルカンタラ

5月17日に神宮球場で行われたヤクルトスワローズ戦に、阪神タイガース3番手としてマウンドに上がったラウル・アルカンタラは、2/3回を7球で1安打無失点と、12試合連続無失点を記録し、存在感を放った。

7回1アウトの場面で、阪神タイガース2番手の渡邉雄大に代わり、3番手でマウンドに上がったアルカンタラは、中村悠平に4球目154キロのストレートを捉えられ、センターへヒットを許すも、続く青木宣親を初球147キロのストレートでサードファールフライ。最後はオスナを2球目150キロのストレートでキャッチャーファールフライと、わずか7球でヤクルト打線を抑える好投を披露した。

12試合連続無失点を記録したアルカンタラは、リードしている状況で0点で繋ぐことができて良かったと納得の表情を見せた。

8日の中日ドラゴンズ戦で、今シーズン初勝利を手にしたアルカンタラは、さらに調子を上げ、これからも頑張っていきたいと前向きな気持ちを語っていた。また今後も自分だけでなく、ブルペン陣全体も盛り上げていきたいと意欲を見せており、ブルペン陣の柱としての自覚が漂い始めている。

アルカンタラが最後に失点したのは、4失点を喫した4月3日の巨人戦だ。

そこから、無失点ピッチングを続け、5月に入っても無失点の好投で、5月防御率0.00と素晴らしい結果を残し、気づけば阪神タイガース7回の男と化した。

アルカンタラ、湯浅京己、岩崎優と勝利の方程式が完成し、点さえ取れれば、勝てるチームになってきている。

なんとかして、得点を奪い、阪神タイガースが再び連勝街道に突き進むことを期待したい。

【関連記事】

おすすめの記事