Yahoo! JAPAN

犬が人を鼻で「ツンツン」する時の心理5つ

わんちゃんホンポ

犬が人を鼻で「ツンツン」する時の心理5つ

犬が人を鼻で「ツンツン」する時、何かを飼い主に訴えているような表情を見せていることが多いですよね。「いったい何を伝えようとしているの」と心理を知りたい飼い主さんも多いはず。ここでは犬が人を鼻で「ツンツン」する時の心理を紹介します。

1.かまってほしい

犬が人に対して鼻をツンツンとする場合、「かまってほしい」「遊んでほしい」という心理が働いていることが多いです。

特に飼い主や犬が大好きな知人などが家にやってきた時には、挨拶がわりに「かまって」「仲良くしてね」という意味を込めて鼻でつつくことがあります。

鼻でツンツンとつつくことで、飼い主やその人の注意を引き、かまってほしいという気持ちを汲み取ってもらおうとしているのでしょう。ぜひ撫でたり話しかけたりしてあげてくださいね!

2.甘えたい

「かまってほしい」と似たような気持ちではありますが、犬が人を鼻でツンツンする時、「甘えたい」という気持ちが強く働いていることもあります。

特に飼い主やよく家にやってくる知人、親戚などに対して行うときは、「遊んでほしい」という気持ちとは別に「甘えたい」という気持ちが働いていることも多いです。

また留守番をしていた場合、飼い主が帰ってきたことで「思い切り甘えたい」「寂しかったよ」と気持ちを伝えていることもあります。ぜひ愛犬とのスキンシップタイムを設けてあげてください。

3.ごはんがほしい/ごはんの時間だよ

犬が鼻をツンツンしてくる時の多くが、何かを訴えたいことがあります。その中には「お腹空いたな」「ごはんが食べたい」という要求も含まれます。

犬の体内時計は私たちが驚くほど正確に働いていることが多く、飼い主の行動や聞こえてくる音、匂い、外の暗さなどをすべて考慮して「そろそろごはんかな」と考えています。

そのため、飼い主がいつものごはんの時間になってもごはんを用意してくれていない場合、犬の方から「ごはんをちょうだい」と鼻をツンツンさせて催促してくることもあるようです。

4.散歩に行きたい/散歩の時間だよ

犬が訴えたいことはごはんだけではありません。散歩も犬にとって重要であり、楽しみな日課の1つに含まれています。

そのため、「外に行きたいな」「散歩に行きたいな」という気持ちを先に紹介した「ごはんがほしい」という要求と同じように伝えてくることがあります。

こちらも犬は散歩の時間帯を感覚的に把握しているため、いつも散歩に行く時間帯を過ぎると「まだ行かないの?」と飼い主の後を追ったり鼻をツンツンして伝えているのでしょう。

5.不安を感じている

なんとなく体を丸めて落ち着きがなさそうに鼻をツンツンしてくることはありませんか。この場合は、何らかの理由によって不安を感じている可能性があります。

私たちにとっては日常的なことでも、犬にとっては些細な変化が大きな環境の変化に映るため、強い不安やストレスを感じることがあるのです。

不安そうに隣にやってきて、まるで「守って」というように鼻をツンツンさせてきた時は、愛犬を落ち着かせるために撫でてあげたり声をかけてあげたり、別のものに夢中にさせたりと適切な対応をとりましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。犬が人を鼻で「ツンツン」する時は、飼い主やその人に何かを訴えていることが多いです。ぜひ今回紹介した心理を参考に、鼻をツンツンしてきた時に何を考えているのか観察してみましょう。

【関連記事】

おすすめの記事