Yahoo! JAPAN

一庫大路次川マス釣り大会に参戦 エサテンカラ釣法でニジマス連発

TSURINEWS

一庫大路次川マス釣り大会の風景(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

5月1日(日)3年ぶりに開催された、「マス釣り&猪名川浄化運動大会」に参加した。和やかな大会を楽しみつつ、エサテンカラ釣りでニジマス釣りも存分に楽しんだ当日の釣りの模様をリポートする。

一庫大路次川マス釣り大会

5月1日(日)3年ぶりに開催された、「マス釣り&猪名川浄化運動大会」に参加してみた。

当日は一庫ダム下流のから松公園にて午前9時から受付。時間には多くの釣り人が集結した。そして、午前9時30分より、猪名川漁協・鈴木合長の歓迎の挨拶をはじめ、大会ルール・諸注意が下村理事によって手順よく行われ、一斉に釣りスタートとなった。

次々サオを絞る参加者

上流部に入川したファミリーは、レギュラー・サイズ(20~25cm)のニジマスを次々と釣り上げる。

下流部のアベック・チームは、深場でゆったりとウキに集中して、大物狙い。思い思いの釣りを楽しんでいた。

釣り風景(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

3番ポイントでスタート

人気ポイントは、すでに釣り人さんでいっぱいだ。空きポイントを見つけて、ちょっとサオ出しをしてみることにした。

瀬尻になったこのエリアは、河川幅が絞り込まれた小ポイントが狙い目。ルアーやウキ釣りにはちょっと不向きな浅場ポイントのため、誰もが嫌う3番ポイントだ。

しかし、対岸の流れ込みにハッチもあり、対岸の小さな流れに生命力あるボイルが時折起こっている。そこで、低い姿勢をとってエサテンカラ釣法でせめてみることにした。

参考タックルデーター

サオ:本流ザオ7m 2WAY・ZOOM
遊動天井イト:フロロ 0.8号(イエロ=)
水中イト:フロロ0.5号
オモリ:B号・オモリ無し
ハリ:渓流バリ・アマゴ半スレ6号
エサ:生イクラ

レギュラー・サイズは22cmほど(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

エサテンカラで好調

生イクラを2粒刺ししてエサ切りを数回行い、本命キャストをすると水面が「モコリ!」と、盛り上がった瞬間、水面下の目印が走り、1匹目がヒット!しっかり上流に走らせて置いてから、一気に抜き上げると、タモに「ズシリ!」と、25cmサイズの綺麗なニジマスが飛び込んできた。

その後、面白いようにヒット。上流のファミリーに一部ポイントを譲って、ジュニアも28cmサイズを釣り上げ満面の笑みを見せてくれた。また、瀬尻の流れの絞り込まれたやや流速のある小ポイントでは、釣り人が移動すると同時にニジマスも移動してくるようで、34cmサイズが連発。そんなラッキーな3番ポイントでファイトを幾度も味わわせてもらった。

ジージーの指南で連発ヒット(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

昼食も和気あいあい

時間は、あっという間に過ぎていくもの。釣り終了の時間となり、釣った魚を全てリリースしてから松公園に戻ると、温かい豚汁と助六のお弁当が用意されており、最上流部に入川した常連の釣り人さんとやや水量の少ない状態のポイント選択について、色々と話をしながら仲良く食事をさせて頂いた。彼もや流速の速いヨドミに潜む尺越えのニジマスを釣り上げるのに、幾度も川を往復したと話してくれた。

食後は浄化運動大会

午後1時からスタートした「猪名川浄化運動大会」は、一庫ダムスタッフの日頃のクリーン作戦もあって、回収ゴミを少なかったが丁寧に仕分けされた。

河川清掃で集まったゴミを仕分ける風景(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

賞品はひとり必ず1賞品以上!

表彰式では、鈴木理事の女性らしい穏やかな司会進行で、大会の成績発表が行われ、尺オーバーの釣果が続出し、1匹長寸で5位までの入賞者は表彰された。また、恒例のジャンケン大会もこの大会ならではの多くの商品がプレゼントされた。

恒例のジャンケン大会も(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

6月中旬ともなれば、この河川の上流も一庫ダムでひと冬を過ごした稚アユが遡上をはじめ、放流の人工産と相まってギラギラとコケを食む姿が毎年見受けられる。また、サツキマスを狙ってのアングラーも見受けられるが人にも魚にも優しいこの河川は、次なるアユシーズンの準備が整い始めている。「知る人ぞ知る・避暑地の釣り」が楽しめるだろう。

参加者の皆さんで記念撮影(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

<森雨魚/TSURINEWSライター>

The post一庫大路次川マス釣り大会に参戦 エサテンカラ釣法でニジマス連発first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事