Yahoo! JAPAN

実録!ママたちが苦悩する【ママ友のドン引きLINE】&トラブルにならない“神返信” #8「子どもの習い事で…」

ウレぴあ総研

子ども同士の繋がりで仲良くなった「ママ友」との人間関係に悩んだ経験は、ママなら誰しもあるのではないでしょうか。

特に、コミュニケーションツールのひとつ「LINE(ライン)」でのやりとりに頭を悩ませている人は多いはず。

自分だけの付き合いであれば関係を断つこともできますが、子どもが関係していると、なかなかそうはいきませんよね。

今回は、ママ達に聞いた「ママ友の“返信に困るドン引きLINE”」と、それに対する上手な返し方のヒントについてご紹介します。

ハピママ*

「子ども同士が仲の良いグループで、たまに遊びに行ったりランチしたりするママ友が数人います。

その中の1人のママ友から最近きたLINEでドン引きしてしまいました。

娘がピアノを習いたいと言ったので、1ヶ月前からピアノに通わせ始めたんです。

娘は人見知りで恥ずかしがり屋なので、グループレッスンよりも個人レッスンの方が良いかな?と思い、通いやすい近所の個人教室に通わせることに。

娘も楽しく通っている様子で安心したのですが…ある日ママ友からそのことでLINEが。

どうやらそのママ友の娘さんもピアノを習いたがっているらしく、どこの教室に通っているのか質問されたんです。

今度会った時に詳しく話すということになり、会った時にどこの教室なのか紹介したのですが…。

後日、『先生の経歴がイマイチだね。うちは本格的に習わせたいから、大手のお教室に通わせるつもり。一応報告』と、マウントをとるようなLINEが届いてドン引きしました。

紹介した教室が合わなかったにせよ、そんな詳しい理由は伝えなくてもいいのに…とイラッとしてしまいました。

今後も子どもを通じて付き合いは続くと思うので、またこんな感じのLINEがきたら嫌だな、と気が重いです」(32歳/Webディレクター)

子どもの習い事を通じて、マウントをとるママ友は意外にいるという話をよく耳にします。

子どもの習い事については個人の価値観がありますので、それを否定するような言い方をされるのはモヤモヤしますよね。

トラブルにならない“神返信”のヒント

マウントをとるタイプの人はまともに相手をしない方が良いですが、子ども同士が仲の良いママ友となると既読スルーはNG。

「そうなんだ、了解〜!お互いがんばろうね!」といった感じで当たり障りのないテンションで、相手にこれ以上話を続けさせないよう、切り上げる返信をするのがベターです。

(ハピママ*/Hanako Iguchi)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ミキ昴生、東京・品川区にマンション購入計画

    ナリナリドットコム
  2. お義母さんのこと、正直どう思っている?好き嫌いの段階を超えた回答も

    ママスタセレクト
  3. ラストアイドル、11th SG選抜メンバー17名決定+9/27にセンター含めた立ち位置を決める<ラスアイサバイブ イチナナ選抜立ち位置バトル>開催!

    Pop’n’Roll
  4. 【え?】「スペインで唯一の漫画雑誌」が色々と謎すぎたので … スペイン人漫画家「アキラ・パンツ先生」に問い合わせてみた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  5. 浦島坂田船、毎年恒例のハロウィンライブをオンラインで開催決定

    SPICE
  6. こなれ感あるシルエット♡小顔見えするトレンドのくびれヘア7選

    美容マガジン myreco(マイリコ)
  7. 杉岡太樹監督作品「息子のままで、女子になる」 横浜シネマ・ジャック&ベティで9月18日から公開〈相模原市中央区〉

    タウンニュース
  8. 実は英語が話せるお笑い芸人ランキング…こがけん、おぎやはぎ矢作、フワちゃんらランクイン

    ランキングー!
  9. 【こだわりがあります!】跳ねたりシワを伸ばしたり、一生懸命にベッドメイキングする柴犬さん♪

    PECO
  10. 大磯舞台に展開『神神化身(かみがみけしん)』 伝奇小説×和風楽曲プロジェクト〈大磯町・二宮町・中井町〉

    タウンニュース