Yahoo! JAPAN

業務スーパーの「業務用カレールー」おすすめ3商品を実食レビュー!アレンジ方法も紹介

macaroni

業務スーパーの「業務用カレールー」おすすめ3商品を実食レビュー!アレンジ方法も紹介

お得で便利!業務用カレールー

業務スーパーには、ほかのスーパーでは見かけない「業務用」とパッケージに記載されたカレールーが並んでいます。大容量なうえ価格もお手頃なものが多く、いつもよりお得に購入できますよ。

本記事では、そのなかからおすすめのカレールーを3つ厳選し、基本の調理法からおすすめアレンジまでご紹介します。

1. ハチ食品「ホテル・レストラン用業務カレー」

ハチ食品の「ホテル・レストラン用業務カレー」は200gで10皿分です。1皿あたり11円以下という格安な商品。辛さは甘口、中辛、辛口の3種類。筆者は中辛を選んでみました。

賞味期限はおよそ1年で、カロリーは1皿あたり101kcalです。

市販のカレールーと同じ、1パック5皿分で2パックに分かれています。開封後は密閉容器などに入れて冷蔵庫で保存しましょう。

基本の調理方法

濃い茶色のルーで4つのブロックに分かれています。ルーの厚みも市販のカレールーと同じくらいなので、簡単に割ることができますよ。

5皿分の調理方法は、カットした野菜とお肉を炒め、水700ccを入れます。やわらかくなるまで煮込んだら一度火を止めて、ルー1パックを入れて溶かし、とろみがつくまで弱火で煮込めば完成です。

ルーを4つに割って入れ、何度かかき混ぜるとダマができることなく溶けました。

コクがあり、まろやかな味わいの中辛カレー

ビーフのコクと、ココナッツの甘味があるマイルドな味わいに仕上がりました。中辛ですが、あまり辛さは感じなかったので、辛さが苦手な方も食べやすいオーソドックスなカレーです。

パッケージ通りに作って大満足でしたが、パッケージには、お好みで赤ワインやしょうゆを入れることでコクや旨味が増すと記載されています。また、生クリームやヨーグルトなど乳製品を混ぜるのもおすすめです。

お好みの調味料をプラスしてアレンジして楽しむことができるカレールーですよ。

おすすめのアレンジ方法

コクがある味わいのカレールーなので、グラタンにアレンジしてみました。卵やチーズをプラスすることでよりまろやかになります。

2. ハチ食品「カレー専門店のカレールー」

ハチ食品の「カレー専門店のカレールー」は、500g入りで24~25皿分作ることができます。パッケージに辛さの記載はありませんが、公式サイトには辛さ5段階のうち3の辛さと記載されています。

賞味期限はおよそ1年5ヶ月あり、カロリーは1皿あたり102kcalです。

「カレー専門店のカレールー」は使いやすいフレーク状のルーが特徴。チャック付きのパッケージなので、保存にも便利です。開封後はしっかりとチャックを閉め、冷蔵庫で保存しましょう。

基本の調理方法

黄色味がかかった細かなルーですが、油分があるのでさらさらはしていません。袋からそのままお鍋に入れてしまうとチャック付近にルーがついてしまうので、スプーンで取り出して入れるのがおすすめです。

6皿分の調理方法は、カットした野菜とお肉を炒め、水700ccを入れます。やわらかくなるまで煮込んだら一度火を止めて、ルー120gを入れて溶かし、とろみがつくまで弱火で煮込めば完成です。

ルーがフレーク状なので、かき混ぜなくても熱でさっと溶け、ダマになることもありませんでした。とろみが強い場合は水を少しずつ入れて調整してくださいね。

辛さと甘みのハーモニーがくせになる

黄色味がかかったフレークのルーとは異なり、濃い茶色のカレーができあがりました。30種類のスパイスを使用したカレー粉の辛さがピリッときますが、チャツネやココナッツのほどよい甘さが後味をまろやかにしてくれます。

手軽に本格的なカレーを味わうことができるカレールーです。

ちょっと濃い味にしたい場合は、調理の過程で少しずつルーを足すことができるのもフレーク状のよさです。お好みの味を見つけてみてくださいね。

おすすめのアレンジ方法

フレーク状のルーなので、手軽に炒めものや煮込み料理に使うことができて便利です。筆者はキーマカレーにアレンジしてみました。ひき肉と刻んだ野菜を炒めたあとに、ルーを入れて混ぜるだけなので時間がない日にも簡単に作れちゃいますよ。

3.ハウス食品「業務用バーモンドカレー」

ハウス食品の「業務用バーモンドカレー」は1kgの大容量。なんとこの1箱で50皿分も作ることができ、1皿およそ15円の高コスパな商品です。業務用バーモンドカレーの辛さは甘口のものが販売されていました。

賞味期限はおよそ1年で、カロリーは1皿あたり249kcalです。

袋の中に500gのルーが2枚入っています。まるで板チョコのような形です。5皿分作りたい場合は、1枚が8ブロックに分かれているので、ブロック2つ分がちょうどよいですよ。

開封後は密閉容器などに入れて冷蔵庫で保存します。箱から取り出し、保存袋に入れるとかさばらずに保存できるのでおすすめです!

基本の調理方法

黄色味がかかったルーで、市販のカレールーよりも厚みがあります。溶けやすいよう刻んでみました。固くないので簡単にカットすることができますよ。

5皿分の調理方法は、カットした野菜とお肉を炒め、水600ccを入れます。やわらかくなるまで煮込んだら一度火を止めて、ルー125g(ブロック2つ分)を入れて溶かし、とろみがつくまで中火で煮込めば完成です。

ルーをあらかじめ刻んでいたので、かき混ぜなくてもあっという間に溶けました。

どこか懐かしいやさしい味わいのカレー

黄色味がかかったカレーに仕上がりました。りんごとハチミツの甘さがまろやかで辛さが苦手な方やお子さんにぴったりです。

市販のバーモンドカレーと業務用バーモンドカレーは、原材料が微妙に異なるので風味も違うのが特徴。市販の甘口のバーモンドカレーも食べてみましたが、業務用のほうが給食で食べたような懐かしさを感じる味わいでした。

とてもまろやかなカレーなので、もう少し辛みがほしい方は、お好みでスパイスをかけて辛みをプラスするのもおすすめですよ。

おすすめのアレンジ方法

カレートーストにアレンジしてみました。パンの甘みと合わさってやさしい味わいがより際立ちます。朝食やおやつに食べたくなる、ボリュームたっぷりのトーストです。

業務スーパーのカレールーはマストバイ商品!

業務スーパーのカレールーはコスパ抜群!大容量のルーはホームパーティーにもぴったりです。オーソドックスな味わいのルーが多いので、いろいろアレンジすることができます。ぜひこの記事を参考に、業務スーパーのカレールーを活用してみてくださいね。

※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。

※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。

【関連記事】

おすすめの記事