Yahoo! JAPAN

『One For The Road(原題)』、タイ映画史上歴代興収1位の『バッド・ジーニアス』監督の半自伝的作品が日本でも上映決定

SPICE

『プアン/友だちと呼ばせて』

タイ映画史上歴代興収1位の『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』監督とアジアの巨匠ウォン・カーウァイがタッグを組んだ『One For The Road(原題)』が8月5日(金)から、邦題『プアン/友だちと呼ばせて』として新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、渋谷シネクイントほか全国で順次公開することが決定し、ポスターと予告編が解禁された。

同作は日本でも上映された『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のバズ・プーンピリヤ監督最新作で、監督自身の半自伝的な物語で実在し若くして他界した親友に捧げている作品でもある。邦題はタイ語で「友だち」という意味のプアンを用いた『プアン/友だちと呼ばせて』。余命宣告を受けた親友との友情が永遠に続くことに願いを込めた副題が添えられた。

プロデュースは『花様年華』、『恋する惑星』のウォン・カーウァイ。プーンピリヤ監督の才能に惚れ、自らプロデュースを熱望して制作に至った。そんな2人がタッグを組んだ同作は、『サンダンス映画祭』でワールドシネマドラマティック部門で審査員特別賞に輝いている。

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』監督最新作!『プアン/友だちと呼ばせて』予告編 8月5日(金)公開【公式】

物語の舞台はニューヨーク。バーを経営する青年ボスのもとに、バンコクで暮らす友人のウードから数年ぶりに「ガンで余命宣告を受けたので、帰ってきてほしいという」電話が入る。バンコクに戻ったボスが頼まれたのは、元恋人たちを訪ねる旅の運転手。カーステレオから流れる思い出の曲が、二人がまだ親友だった頃の記憶を呼びさます。忘れられなかった恋への心残りに決着をつけたウードを、ボスがオリジナルカクテルで祝い、旅を仕上げるはずだった。だが、ウードがボスの過去も未来も書き換える「ある秘密」を打ち明ける。「永遠の「友」(ルビ:プアン/タイ語で友だちの意味)でいたいから」という2人の思いとは裏腹に語られるウードの「秘密」とボスの未来の行方が描かれる。

ボスはトー・タナポップ(『ゴースト・ラボ:禁断の実験』ほか)、ウードはアイス・ナッタラット(『Kon Mee Sanay Part 2』ほか)が演じる。そのほかプローイ・ホーワン、ヌン・シラパン、ヴィオーレット・ウォーティア、そして『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』で主演を務めたオークベープ・チュティモンらも出演する。

【関連記事】

おすすめの記事