Yahoo! JAPAN

彼氏が本当は嫌だな…と思っている“女性の行動5つ”

ウレぴあ総研

大好きな彼氏がいる女性にとって、彼のことは何でも把握しておきたい!と感じるもの。浮気のリスクも極力回避できるよう、彼氏の行動はなるべく制限していたいと考えている女性も多いのではないでしょうか。

しかし、あまり度が過ぎる行為は、愛情ではなく「束縛」になってしまうかもしれません。

もしかしたら、あなたの何気ない行為が、彼氏に「束縛がウザい彼女」と思われるきっかけとなる可能性もあります。

そこで、今回は彼氏がドン引きする「女性の行き過ぎた行動」をご紹介します。

「そこまでするなんて…」彼氏がドン引きする女性のやりすぎ行動

さっそく、彼氏がドン引きしている女性たちの行動をご紹介しました。もしかしたらあなたも心当たりがあるかも?

彼氏に嫌われないためにも、以下の内容をチェックしておきましょう。

1.レシートや領収書は常にチェック

彼氏がドン引きする女性の行動として、まず挙げられるのが「レシートや領収書のチェックです。

レシートや領収書は、「どこのお店を利用したのか」「何人で利用したのか」「どれくらいの金額だったのか」などが分かります。浮気をしていないかを探るために、レシートや領収書をチェックする女性がいますが、実は彼氏がかなりドン引きする行為です。

レシート・領収書はもはや個人情報の塊といっても過言ではありません。彼氏のプライベートにズカズカと土足で踏み込む行為なので、心当たりがあればやめておいたほうがいいでしょう。

2.他の女性がいる飲み会は例外なくNG

他の女性がいる飲み会に彼氏が参加するのは不安…と悩む方は多いです。しかし、付き合いで参加しなければならないことも多いので、極端に制限をかけると彼氏に負担がかかります。

とくに、会社の飲み会、同窓会、親友の結婚式の二次会などは、参加しないわけにもいかないイベント。普段お世話になっている人との飲み会や、大切な友人・知人との付き合いのための飲み会などは意外にもよくあることです。

女性がいることを理由に、あらゆる飲み会を全て「参加しちゃだめ」とルール化するのは現実的ではありません。彼氏から見て「束縛の激しい面倒な彼女」になってしまうので、許容範囲は広く持っておきましょう。

3.彼氏を縛るようなルールが多い

彼氏が大切だからこそ、彼氏がどこで何をしているのかを常に把握しておきたいと考える女性は多いでしょう。しかし、「休憩時間のたびに連絡の返事をすること」「遊びに行くときは「いつ」「どこで」「誰と」を明確にすること」など、彼氏を縛るようなルールをたくさん設けるのはNG。彼氏の負担が大きくなり、あなたとの交際に疲れを感じてしまうかもしれません。

最悪の場合、「別れていたほうがラクだ」なんて、考えるきっかけにもなるので、彼氏を縛るようなルールを作るのはやめておいたほうが無難です。

彼氏との距離感で心配なことがあれば、「誰と遊ぶのかは教えてほしい」「おはようの連絡くらいは毎日交わしたい」とお願いしてみるといいでしょう。

4.スマホをロックしているだけで心配する

今や当たり前となったスマホのロック。しかし、女性によっては「浮気してるからスマホにロックかけるんじゃないの!?」とヒステリックになってしまうケースがあります。

実際、スマホをロックしているだけで浮気を疑われたという男性の声は後を絶ちません。なかには、浮気をしていないことを証明して!と一方的にスマホのロックがきっかけで、LINEのやりとりや写真データを隅々までチェックされたといった男性もいます。

「スマホをロックしている=浮気」という考え方は、まだまだ根強いのが現状。しかし、実際はただの考えすぎでしかありません。

スマホをロックしないまま持ち運んでいては、万が一外出先で落としてしまった場合、個人情報の流出リスクがあります。現代では、スマホのロックは当たり前と考え、心にゆとりを持った交際が大切です。

5.やたら「お揃い」「ペアルック」を揃えたがる

アクセサリーや衣類、キーホルダーなど、やたらとお揃いやペアルックにこだわる女性はいらっしゃいませんか?

実は、お揃いやペアルックにこだわる女性は、男性が「面倒くさい」「束縛っぽくてイヤ」と感じていることが多いです。

自分のお気に入りを身につけたい男性としては、お揃いやペアルックの強要は、ストレスの種。そのうえ、周囲に恋人がいることをアピールさせるような雰囲気は、「彼女に信用されていない」と彼氏を悩ませます。

どうしてもお揃いやペアルックを身につけたい場合には、アクセサリーなどのワンポイントに絞り、アレもコレも…とあらゆるものを2人で揃えるのは避けることをおすすめします。

彼氏の全てを理解していたい!という女性は多いですが、欲望のままに行動すると彼氏にドン引きされてしまうかもしれません。とくに、行動を制限したり、些細なことで浮気を疑うような行為は、2人の関係にヒビが入ってしまうことも。

「もしかして私、ちょっと束縛気味かも…」と心当たりがある方は、今一度自分の行動を振り返ってみてはいかがでしょうか。

(mimot.(ミモット)/粕谷 麻衣)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 40・50代の体を痩せやすくする!簡単・股関節ストレッチ

    つやプラ
  2. 知らないと損!100均アイテムをつかった“裏ワザ収納活用術”

    saita
  3. TVアニメ「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」第4話の先行カット到着。愛佳たちがついに正式にチームへ!

    WebNewtype
  4. 連日大賑わいの人気カフェ!開業19年、ベテランならではの絶品メニューにリピーター続出(札幌市北区)

    北海道Likers
  5. 男子校あるある? クールな先輩のオススメ漫画は意外にも「フルバ」「カレカノ」...その理由に納得

    Jタウンネット
  6. 『アバランチ』千葉雄大の涙と綾野剛の無骨な優しさが、温かな感動を呼び起こす

    ドワンゴジェイピー news
  7. 『恋です!』に癒される人続出、杉咲花&杉野遥亮 幸せなハグまでの秀逸な展開

    ドワンゴジェイピー news
  8. 「小さいころから小さかった」乾貴士選手が教える、小柄な選手が活躍するために身につけておきたいこと

    サカイク
  9. 【甘えん坊モード全開♪】腕を離そうとするとムギュッと掴んで離さない猫…そのやりとりが♡

    PECO
  10. 吉田凜音、タイアップ曲「JASMINE / 25時」の配信リリースが急遽決定

    SPICE