Yahoo! JAPAN

今季最終戦のレイクトローリングで50cm級交じえビワマス快釣【琵琶湖】

TSURINEWS

良型ビワマスに満足(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

釣友2人と琵琶湖へトローリングのビワマス釣りに出かけた。50cm級の良型交え数釣りを満喫した、今季最終日の釣行の模様をお届けする。

琵琶湖でトローリング

6月30日、滋賀県長浜市西浅井町菅浦からレンタルボ―ト利用して、釣友2人と琵琶湖へビワマス釣りに出かけた。当日はレンタルボ―トのビワマス釣りが最終日で、7月からは禁漁に入る(遊漁船でのビワマス釣りは9月末まで可能)。

深夜に熊澤さんの車に便乗して現地に向かう。午前中は小雨交じりで、午後から少し風が吹く予報だ。

午前5時30分に現地到着。すでに多くのアングラーが訪れていた。釣り道具を積み込み、レンタルボートに乗り込む。熊澤キャプテンの操縦で、竹生島から姉川沖のポイントに向かう。

曇天で雨は降らず、湖面は穏やか。トローリング日和だ。航程30分ほどでエンジン音がスローになる。熊澤キャプテンが狙うポイントが定め、「ここから流し始めよう」と言う。

4本の仕掛けを投入

水深78m付近からスタート。熊澤キャプテンが持参したトローリングをトモに2本、両舷ミヨシに各1本、計4本のサオを出す。

両舷ミヨシのサオはレッドコアで、フルメタ3号。トモ2本のサオはダウンリガーだ。3人で協力して、4本の仕掛けの投入が完了した。仕掛けがオマツリしないよう、熊澤キャプテンが巧みに操縦する。

ダウンリガーで狙う(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

だが30分たってもサオはたたかれず、我慢が続いた。ここで熊澤キャプテンがトモのダウンリガーのタナを少し浅くした。これが正解で、やがてサオがたたかれた。

銀ピカビワマス登場

私がミヨシから見ていたので、「きたぞ」と大きく叫ぶ。熊澤キャプテンが素早くアワセを入れた。ここから小崎さんがハンドルを握り、私はネット持参でトモに向かう。サオの曲がりは大きく、良型のようだ。

「これは引きが強いよ」と熊澤キャプテンがほほえむ。私がアシスト役で無事ネットインに成功。足元に横たわるビワマスは極太で、銀ピカの美肌にほれぼれした。そしてこのポイントでアタリが連発。

50cm超えを仕留めた(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

小崎さんが大きくアワセを入れると、「これも大きいぞ!」と弾んだ声。この声を聞いた熊澤キャプテンは、素早く低速走行に切り替えた。後方から大型ビワマスが浮上して、左右に大暴れする。私が無事ネットインに成功。これも極太のビワマスで50cm超えだ。

50cm超え良型連発

ここで姉川沖方面へトローリングしながら移動。そんななか、左舷ミヨシのサオが大きく何回もたたかれた。小崎さんが「きたぞ」と大声を上げる。

私が大きくアワセを入れると、強い突っ込みが伝わる。100m手巻きはつらいが、強い引きが連続して楽しい。

両手にビワマス(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

「これもナイスサイズだよ」と小崎さん。素早くネットで取り込んでくれたのは、良型50cm超える輝く美肌のビワマスに全員が大騒ぎだ。

規定の15匹をゲット

午後2時を過ぎると予報通り風が吹き始め、湖面に波が出始めたので、トローリングしながら竹生島周辺に戻ることにした。その途中でプチ時合いになるが、リリースサイズばかり。

規定の15匹をキープ(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

そんななかさらに風が強くなってきたので、熊澤キャプテンは早上がりを決断。小崎さんが帰港中に良型15匹を確保して絞め、その他は全部リリースした。

ビワマスの握り寿司は絶品(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

<週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年7月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post今季最終戦のレイクトローリングで50cm級交じえビワマス快釣【琵琶湖】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事