Yahoo! JAPAN

渓流エサ釣りで63cmニジマスほか快釣 マヅメ釣行が熱中症対策にも

TSURINEWS

本日の1尾目の尺イワナ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

7月19日、山梨県都留市を流れる桂川へと渓流釣行した。梅雨明けしたこともあり熱中症に注意しつつ、『マヅメ中心の釣り』で安定釣果を出すことができたのでレポートしよう。

桂川都留漁協管轄区域

都留漁協では管轄区域が『都留市~富士吉田市の本支流』となっており、例年3月~9月まで月1回第1日曜日に広範囲に渡り定期放流がある。漁協HPで公表されているとおり、1度の放流でも約9000尾~13000尾と凄まじい数である。

このような魚影濃厚な素晴らしい河川で1日満喫遊べれば、きっと楽しめるはずだ。7月4日の放流は悪条件により延期となったが、放流がなくとも毎度楽しませてくれる川であることは間違いないだろう。ちなみに次回の放流予定日は8月1日となっているようだ。

朝マヅメ狙いで早速ゲット

今回は5時過ぎに都留地区へ到着し、入漁券を手に入れてからお目当てのポイントへ車を走らせると、釣師の車はなく即座に渓流釣りスタイルに着替えて入渓。天候は晴れており渓流釣りとしてはド・ノーマルな釣り日和であるが、同地ではどうだろうか?

天気がいい日に大場所を攻めると気持ちいい(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

竿先に仕掛けを付けて竿を伸ばし、エサを付け即座に釣り開始すると、1投目から3連チャンでアマゴとニジマスが釣れるがサイズ感もノーマルだ。

タックルとエサ

ズーム可能な7.5m本流竿8.0m仕様と、6.3m渓流小継竿の2本用意した。いずれもミチイト0.8号を竿いっぱいに結び、通し仕掛けでヤマメ6号針、またはニジマス7号針を直結。目印を3つ付けて、オモリはガン玉は2Bを流れの強弱や状況に合わせて加えて使用した。

メインエサはクロカワムシ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

本日のエサはクロカワムシをメインにミミズも交えて攻めていく。

早くもデカマス63cm降臨

そして15分程度アタリがなく、滝下脇の攻めづらいポイントへ竿のズーム機能を使い振り込むと、小さめのアタリがでる。アワせるとすかさず竿は満月で、大物確定の引きだ。姿が見えるまで慎重にやりとりして2分以上走り回る。下流に下ろうとしていたが、手前で水面に浮かせて私の勝利。巨大なニジマスを御用した。

朝イチにデカマス浮上(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

サイズを測ると63cmとびっくり。記念撮影してリリースしつつも朝イチの努力は無駄ではなかったと納得できた。

デカマスの強烈な引きを堪能(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

気温上昇考慮し移動を決断

梅雨明けしたこともあり、熱中症を避ける意味で効率良く動きたい。このポイントでは合計7尾釣り、アタリがなくなった時点で即座にポイント移動だ。

クロカワムシを補充しつつも堰堤ポイントで2尾追加し、さらに以前から気になるポイントが空いていたのでお初ではあるが入渓することに。

ヒレピンアマゴで気分上々

期待の大場所で釣りを始めると、20cmのアマゴが釣れた。クロカワムシでたて続けに3尾掛かり、21cmのアマゴも2尾取込み、短時間で18cmから21cmの5尾の朱店が美しいヒレピンアマゴが遊んでくれた。

綺麗なアマゴも釣れた(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

先程の大物とはまた違う高揚感で、アタリがなくなったところで写真撮影してから退渓すると、時刻は10時を過ぎていた。気温はすでに30℃は軽く超えており、車に戻り休憩することにした。

熱中症に警戒しつつ長めの休憩

釣り条件的には普通で、この時間に酷暑の中活動するメリットはないので、昼食かつ睡眠休憩をとることにした。

お昼はコンビニの吉田うどん(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

エアコンガンガン利かせつつ昼食を取り、これからの後半戦をどうするか横になりながら考える。消去法で大きく分けて2つのエリアを考慮して動く計画でゆっくりと14時まで休んだ。

移動先で尺イワナゲット

それなりに休んだので、マヅメに備える体力は万全だ。午後予定エリアへ車で移動し駐車するが、付近に先行者らしき車を見かける。入渓して遡行すると狙いの大場所で釣師が粘っていた。

すぐに車へと戻って下流へと移動するも釣師がおり、移動時間などで1時間経過してしまう。私は朝と同様のポイントでマヅメ勝負することにした。

夕マヅメは前回の釣りでだいたいの予想は出来ており、安定の釣果に期待して再度入渓する。気温も落ち着いてきた時間なので熱中症の心配はない。

朱点がはっきりと出ているアマゴ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

すると先週の釣りに近い釣果でアマゴとニジマスとヤマメがすぐに4尾出る。しばらくアタリがなくなるも22cmのアマゴがでたあと、尺イワナが掛かり順調そのものだ。

さらに尺上を追加

気分も最高潮であるが、アタリがなくなりポツポツアマゴを追加してついに時刻は18時を過ぎた。そろそろ大物が掛かるかと期待していたもののアタリが無い。

少し場を休めてから攻めなおすと、微妙なアタリ。アワせると大物の感触。絶対に逃してなるかと引きを堪能しつつ、サカナに追従していき見事33cmのイワナをゲットした。

ラストに出た尺上イワナ33cm(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

気持ちよく納竿

さすがに33cmのイワナはテンションが上がり、もう十分だと納得して写真撮りの後に後片付け。今回は自分でもきちんと数釣り、サイズ感と両方納得できる釣行になった。

今回の釣りもお初場所、時間、マヅメと勉強できる要素があり、非常に楽しめたので次回以降に生かしていきたいと思う。

釣果&意識したこと

今回の釣果は次の通り。

アマゴ14尾 18cm~22cm
イワナ2尾 30cm~33cm
ニジマス5尾 18cm~63cm
ヤマメ 3尾 18cm~20cm
全24尾

釣行で意識した点を紹介する。

大物は結果こそ全て

前回、大物取込み時に内容を意識し過ぎて甘く攻めたことで、2度も後悔している。だからこそ今回は真剣に勝負に挑み、結果を意識して『過程をとるではなく、サカナを獲る』をやり通した。

竿の長さ選択

ポイントごとに勝手が違うので、丁度よい竿の長さがかなり重要である。上手く選ぶとピンポイントに容易に打ち込むことができ、絡まりリスクを減らし釣果アップとなり、実際大物を掛けることができた。

エサの使い分け

大物はミミズの方が釣りやすい気がする。川虫は日中数釣りイメージで、小物率が高いが連発する確率も高い。特にマヅメの大場所ではミミズを使うことを意識した。

<なおぱぱ/TSURINEWSライター>

The post渓流エサ釣りで63cmニジマスほか快釣 マヅメ釣行が熱中症対策にもfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事