Yahoo! JAPAN

アンドレ・マトスの遺志を継ぐシャーマン新作『RESCUE』を、ヒューゴ・マリウッティが語る!

YOUNG

ヒューゴ・マリウッティ/シャーマン/インタビュー

世界中のファンが悲嘆に暮れたアンドレ・マトス急逝から間もなく3年──ブラジルの至宝:シャーマンが堂々復活! しかも、ヒューゴ(g)とルイス(b)のマリウッティ兄弟、リカルド・コンフェッソーリ(dr)というオリジナル・メンバーが再結集して…!!

アンドレの後任に迎えられたのは、元エイジ・オブ・アルテミスでソロ・シンガーとしてもキャリアを築いてきたアリリオ・ネット。そこにANGRA、シャーマン、そしてバンドとしてのアンドレ・マトスでプレイしてきた鍵盤奏者:ファビオ・ヒベイロが加わり、新生シャーマンは’19年秋にスタートを切った。その後、’20年に母国ブラジルで心機一転となるツアーを行ない、コロナ禍以降も配信ライヴなどで、世界中のファンに復活をアピールしてきた彼等は──先日、満を持して通算5作目となる復活アルバム『RESCUE』をリリース! そこには、プログレッシヴでエキゾティックで、シャーマンならではのメロディック・メタル・サウンドがたっぷり封じ込められていた。

では、すべてのファンが待ち望んでいたバンド再生はどのようにして実現に到ったのか? ニュー・アルバムの素晴らしい仕上がりについても含め、ヒューゴ・マリウッティを直撃した…!!

悲しくて、俺は未だに信じられないんだ

YG:アンドレとあなたたち:マウリッティ兄弟は、セカンド・アルバム『REASON』(’05年)リリース後、揃ってシャーマンから脱退しました。ところが、’18年にオリジナル・メンバーの再結集が実現し、リユニオン・ツアーが行なわれます。この時、どのような経緯でかつての絆が復活したのですか?

ヒューゴ・マリウッティ(以下HM):一番の理由は、ファンのためだった。みんなから「いつ戻ってくる?」「戻ってきてくれ!」と、ずっと言われ続けていたからね。それで、12年振りに「一緒にプレイしてみよう」ということになり、リハーサルを行なってみたら、とても良い雰囲気でね。正直な話、凄く良いエネルギーが感じられたから、俺たちはツアーに──再結成ツアーに出ることにしたんだ。でも、ちょっと奇妙でもあったな。12年も経ていたのに…ね(苦笑)。

シャーマン 2018年リユニオン・ツアーのフライヤー

YG:ところが、翌年も続いたそのツアーの途中で、あの悲劇が起こり……。

HM:ああ…。あれは週末のことだった。自宅で息子と一緒に過ごしていたら、電話がかかってきたんだ。最初、その知らせに俺は、とても本当のことだとは思えなかった。信じられなかったよ。兄のルイスにも、「フェイク・ニュースに違いない」と言ったぐらいさ。でも、それから5分後にアンドレの携帯電話に電話を入れても、誰も出なくて…。すると、しばらくして彼の家族から連絡がきた。ただただ悲しかったよ。アンドレとは20年間、ずっと一緒にプレイしていたから…とてもショックだった。とにかく信じられなくて、そんなことが起こるなんて──俺は未だに信じられないんだ…。

YG:お察しします…。アンドレとのリユニオン・ツアーの際、ニュー・アルバムの計画も進められていたのでしょうか?

HM:まずは1曲だけレコーディングしてみよう…という話はしていたよ。どうなるか、試してみるためにね。ツアーに向けて色々と話し合っていた時、スタジオに戻ったらどうなるか、良いエネルギーがあるかどうか、1曲だけレコーディングしてみて様子を見よう…という話が出たんだ。でも、それを実行に移す機会は訪れなかった。あの悲劇によって…。

アンドレ・マトス最後のショウとなった、トビアス・サメッツ・アヴァンタジアとの2019年6月2日サンパウロ公演フライヤー

YG:シャーマンでリユニオン・ツアーを行なう前、あなたとルイスは、アンドレ・マトス名義のバンドで活動を行なう傍ら、HENCEFORTHを復活させたり、アンドレが出戻ったヴァイパーでもプレイしていましたね?

HM:うん。でも、ずっとアンドレとのバンドが最優先だったよ。ヴァイパーでは、’12年にツアーをやったんだっけ? それでも、やはりメインはアンドレのソロ活動だった。アルバムも3枚(’07年『TIME TO BE FREE』、’09年『MENTALIZE』、’12年『THE TURN OF THE LIGHTS』)リリースしたしね。

YG:その後シャーマンは、アンドレの後任としてアリリオ・ネットを迎えます。彼のことは、以前から知っていたのですか?

HM:そうだよ。エイジ・オブ・アルテミスがシャーマンの前座を務めた時に知り合ったんだ。具体的な日付は覚えていないけど、確か’04年だったと思う。アリリオについては、その後、QUEEN EXTRAVAGANZA(クイーンのトリビュート・ライヴ/ツアー)で歌っていたことも知っていたよ。それで、俺たちから連絡してスタジオに彼を呼び、5分ほど話をしてすぐにリハーサルに取り掛かった。すると、驚くほど上手くいったんだ。

YG:当時、他にもニュー・シンガーの候補はいましたか?

HM:いや、アリリオが最初で唯一の候補だった。というのも、いま話した通り、5分ほど話をしただけで、彼が昔の曲も問題なく歌いコナせるだろうことが分かったんでね。彼はアンドレに深い敬意を抱いている。それって、俺たちにとっては最も重要なことだよ。そういった敬意と賞賛の気持ちがあることが…ね。それが(アリリオ加入の)一番の理由だった。

(l.to r.) Fabio Ribeiro(key)、Luís Mariutti(b)、Alírio Netto(vo)、Ricardo Confessori(ds)、Hugo Mariutti(g)

YG:現体制では、’20年3月に新曲「Brand New Me」が先行公開されましたね? この時点でもう、新作『RESCUE』の作業は始まっていたのですか?

HM:あの時点では、「Brand New Me」をレコーディングしただけだった。あのシングルを出して、ブラジルでちょっとしたツアーをやったんだけど、パンデミックが起こってしまってね。だから、そこでまた活動を停止せざるを得なかったよ。アンドレとのリユニオンは彼の急逝でストップしてしまい、アリリオを加えてまた活動を再開させたのに、今度はコロナのせいで動けなくなってしまったのさ。

YG:「Brand New Me」公開に続き、「Turn Away」や「More」など、幾つかのライヴ・ヴァージョンがシングルとしてリリースされ、’21年には、“Lockdown Sessions”としてリモート・セッションの配信もありました。この時期、ライヴ活動は全く行なえなかったのでしょうか?

HM:ああ、無理だったよ。コロナがすべてのミュージシャンにとって悲惨な状況をもたらしたんだ。俺たちのライヴもことごとくキャンセルに追いやられてしまった。そこで、ファンのために何かやれる方法がないかと思ってね。みんなにシャーマンが戻ってきたことを知らせなきゃならなかったから。どのバンドも状況は同じだったんじゃない? 最悪の時期を過ごしていたファンに楽しんでもらうため、俺たちもできることをやったのさ。

Lockdown Sessions 再生リスト

YG:『RESCUE』収録曲の中には、アンドレが亡くなる前に書かれた曲もありますか?

HM:彼のソロ用に書いたアイデアが2つあったよ。「Don’t Let It Rain」と「Time Is Running Out」さ。それをアンドレに送り、一緒に少し進めてはいたんだけど、充分に時間を取ることができなくて、完成させるまでには到らなかった。シャーマンのリユニオン・ツアーが始まったんでね。アンドレは、「とても良いアイデアだ」「近いうちに作業しよう」と言っていたのに…。ただ、完成まで漕ぎ着けたのはあとになってからだったけど、楽曲の骨子はアンドレに送った頃からほぼ変わっていない。その他の曲は、すべてパンデミックの期間に書いたんだ。最初に書いたのは、「The “I” Inside」だったな。

YG:アルバムのクレジットには、“All music & lyrics by SHAMAN”とありますが、アリリオたちとの曲作りはどのようにして行ないましたか?

HM:ジャムでスタートした曲もあるし、俺が自宅スタジオで書いた曲も、リカルドやアリリオが書いてきた曲もあったよ。作曲クレジットを全曲バンド名義にしたのは、どれも全員でアイデアを出し合い、バンドとして仕上げたからさ。最初のアイデアを俺が出したとしても、メロディーやグルーヴといった各パートにはメンバー全員が関わっていて、みんなでベストの仕上がりにまでもっていったんだから、そうした表記にするのが一番自然だったんだ。

YG:ジャムから生まれた曲というのは?

HM:「What If?」と「The Spirit」さ。この2曲はジャム・セッションからスタートした。全員がマスクをしてスタジオに集まり、安全な距離を取ってセッションを行なったんだ。でも、そうしてメンバー全員で一緒にプレイできて良かったよ。それってバンドとしては、とっても大事なことだからね。

YG:曲作りに当たっては、サウンドの方向性や楽曲スタイルなどはあらかじめ決めてありましたか?

HM:いや、そうしたことは意識していない。ひとつのリフから始まり、みんなでプレイし、それを録音して、さらにアイデアを出し合い…という風に進めただけだ。事前に何か考えたり、意識したりすることもなく、ごく自然なプロセスだった。俺たちには“その瞬間に従う”という信念があってね。パワー・メタルであろうが、もっとシンフォニックなことだろうが、特に話し合うことはなく、すべて自然にやってきたことなのさ。

すべてのギターを試して、曲にピッタリくるものを見付ける

YG:レコーディングは、サシャ・ピートをプロデューサーに迎えて行なったそうですが、彼をブラジルまで呼んだのですか? それとも、リモートで…?

HM:コロナのことがあったから、彼をブラジルへ呼ぶことはできなかった。それで、プリ・プロダクションからオンラインで進めたよ。アリリオだけは、ドイツでサシャと一緒にレコーディングしたけどね。彼はスペイン在住で、ドイツ行きも問題なかった。本来なら、みんな一緒にスタジオ入りし、その場でサシャから逐一アイデアをもらえたら良かったんだけど、今回はこの方法しか選択肢がなくてさ。おかげで、ちょっと時間がかかってしまったというのもある。ただ、ゆっくりとしたプロセスだったにせよ、俺たちは(’02年『RITUAL』と’05年『REASON』以来)またサシャと一緒に仕事ができて嬉しかったし、結果的にとても上手くいったと思う。

YG:「Brand New Me」のアルバム収録テイクは、’20年のシングルと同じですか? それとも、アルバム用に新たに録り直したのでしょうか?

HM:ほとんど同じだけど、アレンジがちょっと変わっていて、新たに録ったパートもある。ライヴでプレイしたあと、しっくりいかない部分を細かくチェックして、楽器パートを一部レコーディングし直したんだ。

YG:『RESCUE』のレコーディング使用機材を教えてください。ギターは複数本弾きましたか?

HM:ギターは山ほど用意したよ(笑)。俺は色々なアンプ、色々なペダルで実験しながら、色々なサウンドを試すのが好きなんだ。メイン・ギターはギブソンのフライングVだったけど、ファイアーバードも使ったし、SGも、フェンダー・テレキャスターとストラトキャスターも使った。あとアコースティック・ギターは、ギブソンとギルドだ。アンプは、メサブギーの“Dual Rectifier”をメインに、VOX“AC30”、マーシャルの“Plexi”、フェンダー“Deluxe”などなど。全部を挙げていくと、それだけで何時間もかかってしまうかもしれないな。

ーー註:その後、ヒューゴ本人から全リストが送られてきたので、詳しくは次ページを参照のことーー

YG:それぞれの機材はどのようにして使い分けましたか?

HM:曲を聴いて、頭の中で鳴っているサウンドに合わせて「ここはフライングVだな」「ストラトキャスターが合いそうだ」といった感じで選んでいく。時には間違うこともあるけど、いつもすべてのギターを試してみて、最高のトーンでレコーディングするよう心掛けているんだ。あれこれ試してピッタリくるギターやアンプを見付けるのが、とにかく大好きなんでね! 例えば、フェンダーのエド・オブライエンのシグネチュア・モデルにはサスティナーが搭載されていて、リヴァーブやディレイで凄く雰囲気が出せる。でも、飽くまでフライングVこそがメイン…というか、ライヴにおいてもこれがメイン・ギターで、シャーマンの最初のツアーからずっと弾き続けているよ。

YG:ギター録りは、マイクを立ててキャビネットの音を拾う、昔ながらの方法を採りましたか?

HM:うん。すべてマイクで拾って録音した。でも、サシャがリアンプしたいと思った時のために、同時にDIでも録っておいたんだ。そうしておけば、さらに色々なサウンドが試せるし、サシャが(テイクや信号を)自由に選べることで、サウンドの幅がより広がるからね。

YG:エフェクターは何を?

HM:俺はアナログ・ペダルが大好きで、古いスタイルにコダワリがあるから、これまた色々と使っているよ。ひとつ挙げると、「Resilience」でストライモンのリヴァーブを使って、雰囲気のあるサウンドを出したり…とかね。

YG:全曲のチューニングを教えてください。

HM:基本はスタンダード・チューニングで、「The “I” Inside」と「Brand New Me」でドロップD、「The Boundaries Of Heaven」でドロップCチューニングを使った。

YG:『RESCUE』収録曲の中で、あなたがヤング・ギター読者に特に注目して欲しいギター・プレイというと?

HM:「The “I” Inside」の最初のソロだな。とてもエモーショナルで、“ギター・ソロへのトリビュート”という感じになっているから。あと、「Gone Too Soon」にはソロが2つあって、どっちも短いけどお気に入りだ。やはりエモーショナルで、速弾きしてはいないけど、サシャも気に入ってくれているんだよ。それから、リフなら「What If?」かな。イントロからパワフルだからね。

YG:ご自分のプレイ・スタイルについて、『RITUAL』や『REASON』の頃からどう変わったと思いますか?

HM:少しは変わっている…んじゃないかな? 自分では数えたくないけど、当時から少し歳を取っているからね(笑)。年齢を重ねれば、色々と変化が起こるのは当然だ。ツアーを繰り返し、ギグの経験を積み、日々進化してきた…のかどうかは分からないけど、とにかく自然と変化は出てくるよ。スタイルそのものは変わってないと思うけど。

YG:ところで、終盤に「The Final Rescue」という曲がありますが、アルバム・タイトルを『RESCUE』にした理由は?

HM:’06年にバンドが分裂する前に、俺たちはEPをレコーディングする計画を立てていた。その時アンドレから提案されたのが、『RESCUE』というタイトルだったんだ。ところが、それから1ヵ月後に俺たちはシャーマンから脱退し、バンドは(一時)崩壊してしまって…。だから…何と言えばイイかな? アンドレの件が──俺たちにとっては本当に悲しい出来事で、今回このアルバムに取り組む際、『RESCUE』以上に良いタイトルはないと思ったのさ。

YG:このアルバムは、アンドレに対するトリビュートだと…?

HM:ああ。一種のトリビュートだね。だから、アンドレのことを全曲で、良いやり方で扱っている。まさに冒頭曲のタイトルは「Tribute」だし、「Gone Too Soon」という曲もあるし…。

YG:では最後に、今後の予定を教えてください。

HM:ツアーをやるよ。5月にブラジルからスタートして、長いツアーになる(註:この取材が行なわれたのは4月)。勿論、新作は日本でもヨーロッパでもリリースされるんだから、是非とも世界中をツアーして廻りたいね。俺としては、いつか日本でプレイできると嬉しいんだけど…!!

シャーマン『RESCUE』ヒューゴ・マリウッティ使用機材リスト

エレクトリック・ギター

ギブソン ”Flying V”(1999年製)
ギブソン ”SG Reissue 61”(2001年製)
ギブソン ”SG Standard”(1997年製)
ギブソン ”Firebird”(2001年製)
エピフォン “Casino”(2005年製)
フェンダー ”Stratocaster”(1995年製)
フェンダー ”Telecaster”(2007年製)
フェンダー ”Ed O’Brien Sustainer Stratocaster”(2017年製)

ギブソン・ファイアーバード
ギブソンSG

アコースティック・ギター

ギブソン “G-45”
ギルド “F4CE”(12弦ギターをシミュレートするため、1オクターヴ上げているとのこと)

アンプ

メサブギー “Dual Rectfier”
VOX “AC30”
VOX “AC15”
マーシャル “Plexi”
フェンダー “Deluxe”

キャビネット

マーシャル “1960”
メサブギー製(スラント形状のタイプ)

エフェクター

ストライモン “Big Sky”
ストライモン “TimeLine”
ストライモン “El Capistan”
Tone Ink “Red Briton” (歪み)
Tone Ink “Face Bender” (ファズ)
アイバニーズ “Tube Screamer”
BOSS “TR-2 Tremolo”
BOSS ”OC-2 Octave”
エレクトロ・ハーモニックス“Small Clone”
Ajna Black Box “Vibrato”
MXR “Phase 90”
デジテック “The Weapon” (Octave Up Like Whammy)
キーリー“Compressor Plus”
ジム・ダンロップ “Cry Baby”

すべてエリクサー製で、モデル名は不明。スタンダード・チューニングのものは1弦のゲージが[.011]。
ドロップDチューニングの場合は1弦が[.012]。
ドロップCチューニングの場合は[.012〜.068]のゲージを使用。

その他(ロードボックス&アンプ用DI)

トゥーノーツ “Torpedo Captor”

INFO

RESCUE / SHAMAN

CD|キングレコード
2022年5月18日発売

アルバム詳細

日本盤公式インフォメーション:キングレコード

アーティスト公式インフォメーション:SHAMAN || Official Website

【関連記事】

おすすめの記事