Yahoo! JAPAN

庭のプールに牛が落下、消防士ら一晩かけて救出する(仏)

Techinsight

牛が民家のプールに落ちる珍事(画像は『La Dépêche 2022年6月13日付「Insolite : une vache tombe dans une piscine en Dordogne, les pompiers passent la nuit à la sortir」(Pixabay / illustration)』のスクリーンショット)

フランス南西部のドルドーニュ地方で牛が民家のプールに落下し、消防士らが一晩かけて救出するというハプニングが起こった。牛の救出作業は難航したためフォークリフトを稼働させるなど大掛かりなものとなり、多くの人手を要した。最終的に牛は無事保護されたが、そのころにはもう夜が明けてしまっていた。『RTL』などが報じた。

今回のハプニングが起きたドルドーニュ地方はフランスの南西部にあり、ワインで有名なボルドーの隣の県に位置している。ドルドーニュ地方は中世時代に栄えた城や建造物が残っており、のどかな風景が広がっている。多くの村が「フランスで最も美しい村」に登録されていることでも有名だ。またクルミやフォアグラなどのグルメにおいても注目を浴びている。

6月9日の夜11時頃、そんなドルドーニュ地方サン=ポンポン市のある家主が就寝しようとしたところ、庭から突然大きな「モー」という鳴き声が聞こえてきた。何事かと驚いて家主が外に出たところ、なんと庭のプールに牛が落下していた。牛はプールの底で身動きが取れない状態でもがき苦しんでいたという。

家主は直ちに消防隊と警察官を呼んだが、牛の救出作業は容易なものではなかった。当時の写真を見てみると、プールの大きさは広めのタイプのようだ。また栗色の牛は横に立っている男性と比較すると、大人の牛だと思われる。救助にあたっている人々はどこか途方に暮れた様子に見え、閑静な住宅の庭に突如現れたフォークリフトは物々しい雰囲気を放っている。

最初の救助作業は牛が溺れないように、夏に備えて張られていたプールの水をポンプで空にすることから始まった。続いてパレットボックスで階段のようなものを作り、牛が自力で出てくるよう試みたが、これは失敗に終わった。

次の救助作戦は、獣医師を呼んで鎮静剤を投与するというものであった。午前3時頃に到着した獣医師のおかげで、牛は睡眠状態に入り無事に横たわらせることができた。そして近くの会社に勤務するボランティア消防士が伸縮式のフォークリフトを借りてきた。この機械のおかげで、牛は牛床に戻ることができたのだ。

この牛は近隣の農場の牛で、農場主のもとに連れ戻されたのは日付が変わった明朝6時頃であった。農場主は元気そうな牛の姿を見てとても喜んでいたそうだ。そして牛小屋にしっかりとカギを閉めた。後になって判明したことだが、この牛はプールに落下する前に仲間の牛3頭と柵から脱走したという。

このハプニングを受け、ネット上では「プールは安全管理がされていたのか? 牛には関係ないかもしれませんが」「こんなことで起こされることを想像してみて下さい…」「私の税金は牛を救うために使われたってこと?」など多くのコメントがあがった。

サン=ポンポン市長のキャロル・アンリさんは「この哀れな消防士たちは、そこで一夜を過ごしたのです。ご協力いただいた方々に感謝いたします」とねぎらいの言葉を送った。

牛が無事に救助されたことは良かったものの、プールの持ち主はあまり喜べないでいた。なぜなら体重600キロの牛の蹄でプールの防水カバーはボロボロになってしまい、またプールの底はストレス下に置かれた牛がした糞や、牛をなだめるために敷かれた干し草で散らかって汚れてしまったからである。

画像は『La Dépêche 2022年6月13日付「Insolite : une vache tombe dans une piscine en Dordogne les pompiers passent la nuit à la sortir」(Pixabay / illustration)』『Mediavénère 2022年6月10日付Twitter「FLASH - Des pompiers ont passé presque toute la nuit à secourir une putain de vache tombée dans une putain de piscine pleine à Saint-Pompon.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 H.R.)

【関連記事】

おすすめの記事