Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石垣佑磨、女装して起きたハプニング「今までなにやってきたんだーっ」

アメーバニュース

石垣佑磨、女装して起きたハプニング「今までなにやってきたんだーっ」

俳優の石垣佑磨が25日に自身のアメブロを更新。10月3日から始まる舞台『どれミゼラブル!』のリハーサルに女装して臨んだ際のハプニングを紹介した。

舞台『どれミゼラブル!』はジャニーズJr.のグループ・宇宙Sixのメンバーである松本幸大初の単独主演舞台。若者の街、演劇の街と言われる下北沢の片隅にある一癖も二癖もある売れない役者たちの巣窟となっている伝説のアパート「コーポ・レミゼ」に、地方から上京してきた俳優志望の若者が入居してきてから起こる珍騒動を描く。石垣佑磨は自称ミュージカル俳優・市河マサチカを演じる。

石垣は、「本日初めて衣裳通しでした」と報告し、「市河マサチカ役の私だけメイクもあり。女装なので、メイクをしてかつらをして、つけまつげにリップ」と女装姿を公開。さらに、「なかなか馴染めず、芝居がはじまったら個人的ハプニング」と明かし、「まず視界がなれない。そして目が痛い。初めてのとこで台詞は飛ぶわ(笑)かつらは飛ぶわ(笑)前が見えなくなるわ(笑)マイクも外れるわ(笑)ピアスはふっとぶわ」とハプニング続きだったことを報告した。

「今までなにやってきたんだーって、感じです」とつづるも、「そんなところもチャレンジです(笑)」と前向きに述べ、「つくっていきます!是非劇場にみにきてください」「よろしく」と呼びかけた。

【関連記事】

おすすめの記事