Yahoo! JAPAN

日産自動車と茨城県高萩市が、車中泊を活用した観光事業の実証実験を実施

New's

日産自動車株式会社と茨城県高萩市が共同で推進する「高萩ムーバブルビレッジ構想AD“VAN”TURE」(以下、AD“VAN”TURE)の出発式が、4月28日(水)に開催された。

日産と高萩市は3月28日(月)に「高萩市と日産自動車株式会社との車中泊体験の実証実験に関する協定」を締結。今回のAD“VAN”TUREは、この協定にもとづくものであり、車中泊をベースにした市内観光の実証実験が行なわれる。

AD“VAN”TUREは4月28日(水)~5月17日(火)に開催。全国の応募者から選ばれた限定10組が、高萩市で車中泊による1泊2日の観光を行なうのである。車中泊には、日産が提供する「日産キャラバン」が使われる。参加者からは体験後にアンケート・ヒアリングを行なう。

AD“VAN”TUREが始まる4月28日(水)には、高萩市内において出発式が開かれた。大部勝規市長のあいさつでは、全国から1800組以上も応募があったことに言及。大部市長は「アクティビティの観光事業に対する関心が全国から寄せられているなと思っています」と延べ、「アウトドアの街、高萩」(大部市長)としてその高い関心が大きな希望になっていると語った。

日産の担当者である、日本マーケティング本部チーフマーケティングマネージャーの山本聡氏はあいさつで、車中泊をテーマにした自治体との協定は日産にとっても初の取り組みであり、「(参加者の)10組の生の声を多く頂戴して、今後の商品企画やマーケティング活動に生かしていきたいと考えています」と意気込みを述べた。

空き家や公共施設を車中泊で活用する

今回のAD“VAN”TUREでは、車中泊スポットとして以下の5箇所が用意された。高戸小浜海岸、さくら宇宙公園、高萩市里山交流館、けやき平キャンプ場、山間地区住宅(空き家)。参加者はこの中から1箇所を選択し、車中泊で必要なトイレ、水道、電気などはそのスポットのものを利用する。通常は一般開放していない空き家や空き施設も使われるため、空き家や公共施設の活用にもつながるのだ。

今回、取材で実際にさくら宇宙公園を訪問した。園内には国立天文台の巨大なパラボラアンテナがあり、緑も豊か。星空スポットとしても有名なので、美しい夜空が見られるはずだ。

海・山・川のアクティビティが楽しめる

参加者が体験するアクティビティは7種類のものが用意され、その中から2種を選択する。7種類のアクティビティは、乗馬・セグウェイ、SUP(スタンドアップ・パドルボード)、海釣り、ブッシュクラフト、管理釣り場、川釣り、ヨガ(温熱ドーム付)だ。

7種類の中で、応募者からの人気が一番高かったのが、乗馬・セグウェイである。乗馬・セグウェイは、山に囲まれた広大な敷地のヘルスリゾート「天空の庭 天馬夢」で体験できる。

乗馬はスタッフの指導のもと行なわれるので、初心者でも安心。また、馬たちはとてもおだやかで、人懐っこい。エサやりでのふれあいもできるので、動物好きの人にはぜひ体験してみてほしい。

セグウェイはオフロードモデルのものに乗れる。舗装された場所以外も走れるので、自然の楽しさも味わえるアクティビティだ。

AD“VAN”TUREの舞台となる高萩市は自然が豊かな場所であり、海と山のどちらも楽しめるロケーションを誇っている。ひとつのアクティビティから別のアクティビティへの移動も短時間で可能なため、一泊二日の行程で海・山・川の3種のアクティビティを楽しむことも可能だ。AD“VAN”TUREを通じて観光地としての高萩市のポテンシャルが示されたと言えるだろう。

多くの参加希望者を集めたAD“VAN”TUREだが、日産としては今回の実験をモデルケースとして他の自治体に観光活性プロジェクトを提案することも視野に入れているという。観光誘致や空き家対策などで課題を抱える自治体は多いので、今後の展開にも注目したい。

【関連記事】

おすすめの記事