Yahoo! JAPAN

母と庭先に現れた珍しい4つ子のクマ、1年後揃って戻り「まさか!」と驚愕(米)

Techinsight

4つ子を連れてやってきた母グマ(画像はカレン・ポストさん提供)

米サウスカロライナ州の州立公園のパークレンジャー夫妻の庭先に昨年5月、珍しい4つ子を連れた母グマが現れた。そして1年が経ち、5頭は再び同じ場所に姿を現し夫妻を驚かせた。4つ子の成長ぶりや、人間を恐れなくなったクマと夫妻との興味深い関わりをテックインサイトが取材した。

米サウスカロライナ州住むカルヴィン・エドワード・ポスト・サードさん(Calvin Edward Post III)は、同州ピケンズ郡のテーブルロック州立公園にパークレンジャーとして約16年間勤めるベテランだ。カルヴィンさんは州立公園の管理はもちろん、野生生物の保護管理などに従事し、公園内のパークレンジャー専用の家に住んでいる。

そんなカルヴィンさんは2018年に結婚、バードウォッチングが好きなカレン・ポストさん(Karin Post)と2人で暮らすようになり、愛妻に頼まれて庭先に野鳥用の餌台を作った。それはクマに破壊されないよう4×4の木材の上に板をT字に打ち付けたもので、カレンさんは家の窓や網戸付きの玄関ポーチから外を眺めるのが楽しみになった。

昨年のこと、カレンさんがいつものようにポーチに座っていると、家の前の道を挟んだ反対側に子連れのクマがいることに気付いた。

カレンさんは「最初は母グマと2頭の子グマしか見えなかったのですが、3頭目が姿を現してびっくりしました。小さくてはっきり姿を見たわけではないのですが、その翌日にさらに驚くような光景を目にしたのです」と語ると、こう続けた。

「母グマはその日、我が家の近くに子グマ3頭を連れてやってきました。でもよく見ると、3頭の後ろに一番小さな4頭目がいたのです。公園内でクマの4つ子が誕生したことはなく、私とカルヴィンはひどく興奮したものです。私は写真を撮ろうとしましたが、警戒した母グマは子供たちを誘導し森に消えていきました。」

それから2週間後の5月29日朝、カレンさんは愛猫の唸り声で目が覚めた。窓の外に目をやるとちょうど2頭の子グマが森から出てくるところで、母グマともう2頭が後からやってきた。

親子はカレンさんの庭先にやってくると、2頭は野鳥用の餌台の上で、もう2頭は餌台の下で粒餌をあさり、それを母グマが見守っていた。カレンさんは素早く写真を撮って動画を撮影、しかしそれから2週間すると、親子は網戸付きのポーチに穴を開けたり、BBQグリルの網の上の肉を盗むなど近所で問題を起こすようになった。

こうしてカレンさんは餌台に粒餌をばらまくのを止め、カルヴィンさんは近くに住むアシスタント・パークマネージャーと相談し、厄介者のクマにペイントボールガン(Paintball Gun、以下PG)を使用することにした。PGとはクマ対策として公園内で使われているがん具銃で、ゼラチンカプセルに水溶性のインクが入ったペイント弾を凍らせ、クマに向けて発射する。

カルヴィンさんは「人を恐れないクマは秋の狩猟の時期になると人間に簡単に殺されてしまうのです。PGでクマが傷つくことはありませんが、痛みを感じさせることでクマに行いを改めさせることができるのです」と述べ、「あのクマの親子にはPGを2回使いました。するとその年、親子が戻ってくることはなかったのです」と明かした。

そして迎えた今春のこと、野鳥用の餌台に粒餌を撒き終えたカレンさんは、ポーチに座っていて自身の目を疑った。なんと、あのクマの親子が庭先にやってきたのだ。しかも子グマは母グマと大きさがほとんど変わらず、1頭も欠けることなくたくましく成長していた。

「最近やってきた近所の住人がクマに餌をやっているという噂を聞いていたのですが、まさかと思いました」とカレンさん。すぐそばにいたカルヴィンさんは、カレンさんが写真を撮り終えるのを待つと、PGを構えて大声をあげた。

カレンさんは当時のことを「クマたちはカルヴィンが叫んでも微動たりともしませんでした。それを見たカルヴィンはPGでクマを撃ち始めましたが、クマはそれほど遠くに行かないうちに3度も戻ってきたのです」と溜息をつき、こんな感想を述べた。

「母グマは子グマよりも警戒してはいましたが、クマが人間に慣れ過ぎてしまうのは非常に懸念すべきこと。何よりもあのクマたちの将来に関わることですから心配です。」

「ただ小さかった子グマがあんなに大きくなった姿を見ることができたのは嬉しかったですね。4頭揃って1年を生き抜いたのですから、母グマはいい仕事をしましたよ!」

ちなみに4つ子が巣立つのは時間の問題だそうで、写真を提供してくれたカレンさんは「5頭が揃ってやってくるのはこれが最後かもしれませんね」と感慨深そうに語った。

画像、動画はカレン・ポストさん提供
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

【関連記事】

おすすめの記事