Yahoo! JAPAN

患者数減少も高水準続く RSウイルス 横浜市〈横浜市神奈川区〉

タウンニュース

患者数減少も高水準続く

発熱やせきなど風邪に似た症状が続き、乳幼児が感染すると重症化する恐れもあるRSウイルス患者が横浜市内でも相次いで報告されていることを受け、市衛生研究所が注意を呼び掛けている。

RSウイルス感染症は、2〜8日の潜伏期をおいて発熱や鼻汁、咳などの症状が数日続く。多くは2歳までに感染して軽症で済むが、乳幼児は細気管支炎や肺炎などの症状を引き起こすことがあり、慢性呼吸器疾患や心疾患などのある高齢者も重症化リスクを抱えているとされる。

季節外れの流行

例年は冬場に流行のピークを迎えるが、近年は7〜8月頃から増加傾向にある。同研究所によると今年は5月から発症数が増え、市内94カ所の定点小児医療機関から寄せられた27週(7月5日〜11日)の報告数は7・92人で、過去最も多かった2017年のピーク時の3倍以上となった。28週(7月12日〜18日)からは減少に転じて29週(7月19日〜25日)は4・62人だったが、依然として例年よりも報告数が多い状態が続いているという。

神奈川区では、25週(6月21日〜27日)以降市内平均を上回り続け、26週(6月28日〜7月4日)には10・00人、28週(7月12日〜18日)には11・67に増加。29週(7月19日〜25日)になると市の平均を下回り3・33まで減少した。

手洗い、消毒で予防を

新型コロナウイルス対策で昨年に感染が広がらなかった結果、多くの子どもがRSウイルスの免疫を持っていないことが増加の要因と指摘する専門家もいるが、同研究所では発症時季が例年より大幅に早まったことなどとの因果関係は不明としている。

RSウイルスは飛沫や接触によって感染するため、同研究所は予防対策として手洗いの徹底や手すり、おもちゃなどの消毒、特に乳幼児や高齢者と接する場合にはマスクの着用徹底を呼び掛けている。

【関連記事】

おすすめの記事