小学1年生どのサイズの体操服を購入した?洗い替えの枚数や買い替え頻度も知りたい! - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

小学1年生どのサイズの体操服を購入した?洗い替えの枚数や買い替え頻度も知りたい!

ママスタセレクト

さまざまな準備が必要な小学校入学時。特に購入時に悩むのが制服や体操服のサイズではないでしょうか。ピッタリのサイズを購入してしまうとすぐに着られなくなってしまう可能性もありますね。あるママさんは体操服のサイズについて悩んでいるようです。

『小学1年生、体育着のサイズはいくつですか? 何年毎に何センチの体操着を買っていくのでしょうか?』


それでは先輩ママさんたちのアドバイスを早速聞いてみましょう!

小学1年生、体操服のサイズは?


『うち110。120も試着させたけれどありえないくらいブカブカだった。かなり小柄』


『うちはすごく小さかったから、120買って4年生まで着ていたよ。今6年生で140着ている』


『小さめ~標準で130とかかなぁ? 大きめの子は150だった』


ママさんたちの声を聞いていると、小柄な子には110~120センチ、大柄な子には130~150センチほどのサイズの体操服を購入しているようですね。
大きめのサイズの購入が必要?

成長に伴い身長や体重が変化します。短期間で驚くほど成長する子もいますよね。そのため入学時に少し大きめのサイズの体操服を購入したのかどうか、という質問には意見が二手に分かれました。

『1番上が入学するとき、先輩ママさんに「2サイズ大きい物を買うのがいいよ」と教えてもらいました。なので1年で140、3年で150、6年で165(Mサイズ)を購入しましたよ』


『業者さんに、「上は半袖だし中に入れちゃうから多少大きくてもなんとかなるけれども、下は大きすぎると運動するときにもたつくから大きめはお勧めしない」と言われたよ』


『大きすぎると動きにくい。ちょうどいいサイズを1枚買って洗い替えに1サイズ大きめを買うといいよ』


「頻繁に買い替えることになるから少し大きめサイズの体操着を購入した方が良い」と助言を受け、大きめのサイズを購入したというママさんもいました。一方で大きめのサイズは見た目も悪くさらに動きにくいため、ぴったりサイズを購入すると良いと勧めてくれるママさんもいました。また体操服の上下で子どもに合うサイズが異なる可能性もあるとのことなので、きちんと試着をして子どもに合うサイズを見極められると良いのではないでしょうか。

体操服の洗い替えについて


体操服のサイズだけでなく、洗い替えが必要かどうかもママたちは気になるようです。洗い替え用を購入するかどうかは、日々体操服をどのくらいの頻度で着用するかによって意見が異なりました。

『体育のときにしか使わず、持ち帰りも金曜日で月曜持っていくので、洗い替えなんて買ってない』


『試着して買いたくて洋品店に買いに行ったのだけれども、店員さんに「洗い替えで買う人なんていないわよ! 1着で十分よ!」と言われた。夜洗えば朝乾くし、我が家は1着しか持ってないよ』


『学校にいるときは1日中体操服で過ごすから、毎年買い替えていた。9月の運動会前に1セット買い足す。洗い替え用に3セットは必要だった』


体育のときだけ体操服を着用する学校もあれば、校内では1日中体操服で過ごす学校もあるようです。着用する頻度が高ければ洗い替えも必要かもしれませんね。また運動会シーズンを考慮して洗い替えを購入したとの声も寄せられました。洗濯の頻度を計算しながら検討してみてくださいね。

体操服は何年ごとに買い替えている?

体操服の買い替えのタイミングも子どもの成長や体操服を着る頻度によって大きく異なるようです。

『入学時に130買って、4年くらいに150か160に買い替えた』


『4年生になるタイミングで1度買い替える人が多いかな』


『身長が伸びたし常に着る服だから汚れが目立つから一年おきに新調している』


『1年130,2年140,3年150,このまま毎年のようにサイズアップしそう。上の子は細身で1年130、3年140、5年で150でそのまま卒業まで着てたからかなり個人差あると思う』


特にコメントの中で多かったのが「4年生になるタイミングで買い替える」というもの。子どもの身体の成長が著しい時期なのかもしれませんね。次いで目立ったのが「1年ごとに買い替える」というものでした。子どもの成長スピードがあらかじめわかるわけではないため、ママたちはどのような判断基準で体操服を選べばよいか迷うことでしょう。先輩ママたちのアドバイスからは、体操着を購入する際は上と下でしっかりと試着をしサイズを決めること、体操服を着る頻度を予測して枚数を選ぶことがポイントとなることが見えてきました。ぜひ参考になさってください。

文・物江窓香 編集・一ノ瀬奈津

【関連記事】

おすすめの記事