Yahoo! JAPAN

猫が『アイコンタクト』を取るときに訴えていること4つ

ねこちゃんホンポ

1.大好きという気持ち

目と目でコミュニケーションを取ることをアイコンタクトといいますが、猫もアイコンタクトを取ることがあります。猫が飼い主に対してゆっくりと瞬きをする、それもアイコンタクトなのです。

ゆっくり瞬きをしたり、目を細めるのは愛情表現。大好きだよ、という気持ちを伝えています。飼い主の方から猫に対して瞬きを返すのも同じ意味なので、猫が瞬きをしてくれたら、瞬きを返してあげて下さいね。お互いの気持ちが通じ合うはずです。

2.警戒している

猫が瞬きをしたり目を細めるのは愛情表現ですが、じーっと凝視するのはその逆。警戒していたり、敵意があるという意味になってしまいます。瞬きをせずに見つめているときは、緊張状態なのです。見ているというより睨んでいるという感じですね。

人間も猫に対してじっと見つめていると不安にさせてしまうので、目が合ったら視線をそらせたり、瞬きをしてみて下さい。ちなみに、猫は敵意がなければ目をそらします。猫に目をそらされても、それは争う気持ちがないというしるし。嫌われているわけではありません。

3.要求がある

猫がじっと見つめながら鳴くときは、何か要求があることが考えられます。お腹がすいた、遊んで欲しい、トイレをきれいにして欲しいなどです。特に、飼い主が猫以外のことで忙しくしていたり、夢中になっていると要求をアピールしてくることがあります。

また、不満があるときや嫉妬しているときも、飼い主に視線を送っていることがあります。猫のサインに気づいてあげられるといいですね。

4.返事をしている

名前を呼んでも返事がない…と思うのは誤解ということもあります。猫は、飼い主を見たり瞬きをしたり、アイコンタクトで返事をすることがあるからです。呼んでも答えない、返事をしないとがっかりする前に猫の様子を見てみて下さい。しっかり目で返事をしているかも知れません。

猫はアイコンタクトの他に、しっぽを振ったり、耳を動かして返事をすることもあります。

まとめ

今日のねこちゃんより:むぎ♀ / 3歳 / マンチカン / 4.4kg

猫はあまり瞬きをしません。それが、目が合うと瞬きをするということは、とても信頼されていると言えるでしょう。猫と目と目でコミュニケーションが取れるなんて、嬉しいですね

ただし、いつもより瞬きが多いと感じたら、目の病気を抱えている可能性もあります。何度も片目だけ瞬きをする場合も注意が必要です。猫の目を確認し、充血していたり目やにが多いなど、気になることがあれば、動物病院で診てもらいましょう。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. コロナワクチン接種でホテルをおトクに利用 JR東日本グループの日本ホテルがキャンペーン

    鉄道チャンネル
  2. コンビニコーヒーの容器にも 企業の集客に使われる「香り」のチカラ

    Jタウンネット
  3. プチプラでこのクオリティは感謝! 新作ネイル&チークも買う以外ない!!

    mer
  4. 投げキス釣りで27cm登場 7連掛けも【鳥取・弓ヶ浜&夢みなと公園】

    TSURINEWS
  5. 【新店・うめもと屋】クリームソーダと揚げパンの店が弥彦おもてなし広場にオープン。甘〜い誘惑がいっぱい

    日刊にいがたWEBタウン情報
  6. <姉の死は父のせい>父の呪い。私と姉を傷つけた毒親を絶対に許さない!【前編】まんが

    ママスタセレクト
  7. おやつを目の前に、合図を待つ柴犬4姉妹 → この後、とある子にコントのような出来事が!?

    PECO
  8. 命綱なしでバンジージャンプの25歳女性死亡、「飛んで」の合図を勘違いか(コロンビア)

    Techinsight
  9. 「言っておきたいことがある」淡白だった彼の本音【LINE事件簿 #102/距離感のミスマッチング7】

    LAURIER PRESS
  10. 京本大我主演、小池修一郎演出 ミュージカル『ニュージーズ』2021年秋、上演決定

    SPICE