Yahoo! JAPAN

原石からジュエリーまで、宝石のすべてがわかる 特別展『宝石 地球がうみだすキセキ』国立科学博物館で開催

SPICE

特別展『宝石 地球がうみだすキセキ』

特別展『宝石 地球がうみだすキセキ』が、2022年2月19日(土)より6月19日(日)まで、国立科学博物館にて開催される。

宝石は、古代より魔よけやお守り、地位や立場を示すシンボルとして世界中で使用されており、現在では宝飾品としても広く親しまれているなど、その歴史は古い。本展では、各地の博物館や、アルビオン アート・コレクション、ヴァン クリーフ&アーペル、ギメルなどの作品から、多種多様な宝石とそれらを使用した豪華絢爛なジュエリーを一堂に集めて展示。科学的、文化的な切り口から“宝石”を紹介する。

トパーズ(ルース) 日本彩珠宝石研究所所蔵

サファイア(ラフ) 日本彩珠宝石研究所所蔵

サファイア(ルース) 日本彩珠宝石研究所所蔵

本展では、全体を5つの章で構成。高さ2.5メートルの巨大なアメシストドームや、古美術収集家・橋本貫志氏による「橋本コレクション」から指輪を約200点、また、ダイヤモンドやサファイア、ルビーなどのよく知られた宝石から、フォスフォフィライトやブラックダイヤモンドなどのレアストーンも多数展示する。ほかにも、宝石の価値の基準にもなる「輝き、煌めき、彩り、強さ」といった性質の説明や、宝石がジュエリーになるまでの仕立て技法をハイジュエラーの作品とともに紹介するなど、科学的な解説や職人のこだわりも展示する。

葡萄の葉のクリップ 1951年 ヴァン クリーフ&アーペル所蔵

蜜蜂ピンズ ギメルトレーディング所蔵

ロシア大帝エカテリーナ2世のエメラルド(18世紀中期) -ランデル、ブリッジ・アンド・ランデルによるセッティング(1830年頃)- 個人蔵、 協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート

ジョルジュ・フーケ作 アルフォンス・ミュシャ作画/デザイン コルサージュ・オーナメント 個人蔵、 協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート

ロシアン クラウン ジュエルズ コッホ作  ココシュニックスタイル アクアマリンとダイヤモンドのティアラ 個人蔵、 協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート

チケットは、2月1日(火)正午よりイープラスなど各プレイガイドにて販売開始。

【関連記事】

おすすめの記事