Yahoo! JAPAN

トノサマバッタの素揚げ、クマゼミの燻製コンソメスープなど“美味しい昆虫食”を香りとともに体験 『昆虫食おままごとセット』展示

SPICE

昆虫食おままごとセット/INSECTS COOKING TOYS

昆虫食の香りを再現した“昆虫食おままごとセット/INSECTS COOKING TOYS”が、2021年11月27日(土)から12月5日(日)まで東京・表参道アート・イン・ギャラリーで開催される『見る見る見た目展』に展示されることがわかった。
“昆虫食おままごとセット/INSECTS COOKING TOYS”は、アートディレクター・北恭子氏と、香料会社・塩野香料を母体にしたブランド・KITCHIBEによる作品。NPO・食用昆虫科学研究会理事長・佐伯真二郎氏の監修のもと、昆虫食メニュー(3品)の香りを再現しているという。

昆虫食おままごとセット/INSECTS COOKING TOYS

バッターフレーバー

トノサマバッタの素揚げの香りです。バッタはエビに近いため、ごくわずかにコーンの甘みも加えながら、エビの身や殻を揚げたようなイメージで表現しました。

セミフレーバー

クマゼミの燻製コンソメスープの香りです。セミは、燻製した後の堅い殻っぽい香りを。燻ぶした香りがコンソメスープに溶け込んだイメージで表現しました。

エリサンフレーバー

エリサンのグラッセの香りです。ピーナッツペーストのような練り感をイメージさせる香りでエリサンの濃厚さを表現。溶かしバターの香りと合わせてグラッセ調に仕上げました。

コンセプト

「昆虫をたべたこと、学校では言えない。」

そう語る、小学生がいます。

都市型の人類に「昆虫の認識を再認識させる」。

そのために生まれたのが「昆虫食おままごとセット」です。

・昆虫は、必ず加熱して食べる(豚肉と同じ)

・羽や足など口触りの悪い部分はとる(野菜の皮と同じ)

・調理前と後で調理器具を分ける(生肉の扱いと同じ)

昆虫にも、肉や魚とおなじく、安全な食べ方があります。

それが体験できるよう、このおままごとセットでは、セミの羽が取れたり、バッタのギザギザの足が取れたり、生の昆虫用のピンセットがついていたりします。

そうして作られた実際の昆虫食メニュー(3品)の香りも再現しました。

昆虫を食べるかどうかは自由。

でも食べる選択をした人が、偏見の目で見られることがないように。

昆虫食という食文化への想像力を育て、理解をはぐくむ。

まずはおままごとセットで、体験してみませんか?

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 大人もメロメロ...!コージーコーナーの「ミニーちゃん」ケーキは即予約の可愛さ。

    東京バーゲンマニア
  2. 【子育て】“『クレヨンしんちゃん』のイメージ変わった”ツイートに大反響があったワケ

    ウレぴあ総研
  3. アマにやさしいのはこっち! キャロウェイ「ローグST」ドライバー試打

    価格.comマガジン
  4. TVアニメ「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」キービジュアル解禁! 第1話先行上映会の開催も決定

    WebNewtype
  5. フォロワー数38万人越え。TIKTOK界の美少女(16)。第4期「振袖 TEENS」お披露目イベント

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  6. デヴィッド・ベッカム、愛娘ハーパーちゃん(10)の告白に絶望か ファンも同情「すべての父親にとって悪夢だ」

    Techinsight
  7. ちばてつや氏、心臓の手術を受けることを報告「ちょっと、こわいな~」

    Ameba News
  8. 【独占】“ぼっち”な振袖姿の19歳。来年の目標は“ぼっち成人式”!?

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  9. あいのり・桃、第2子のエコー写真にドキドキ「目が開いてみえる」

    Ameba News
  10. 鈴木愛理、こだわりの食生活や結婚観などを告白! 『日曜はカラフル!!!』出演決定

    Pop’n’Roll