Yahoo! JAPAN

プカプカ……浮き輪の意味に気づいちゃったコーギー

おたくま経済新聞

画像提供:ちい むう ととろ Chi Mu Totoroさん(@muchi21067312)

 「あれ?こっちの方が楽じゃね?」と言ったかどうかは分かりませんが、浮き輪を使うと自分の体が浮くことに気づいたコーギーの、むうちゃん。プカプカプカプカ、気持ち良さそうにプールで浮いている姿を見ていると、なんだかこちらも癒やされます。

 プカプカ浮いているむうちゃんのすぐ横で、「あれ?こいつ浮いてる??」と怪訝な顔で立っているのは、むうちゃんのお兄ちゃん・ちいくん。どんな時も優しくて、むうちゃんが他の犬に追いかけられたりした時は吠えながら守ろうとしたこともあったのだとか。

 一方のプカプカ浮いているむうちゃんも、ちいくんの事が大好き。わがままでやんちゃな一面があるものの、ちいくんの寝方をマネしてヘソ天で寝たりしているそうです。

 そんな2匹が夏にプールで遊ぶようになったのは2020年の夏から。飼い主さんによると2匹ともプールが大好きで、浮き輪もその頃から時々使っていたとのこと。しかし、この頃はまだ浮き輪の意味を理解していなかったようですね。

 そして、2021年夏。その時は来ました。飼い主さんが「浮かぶ事に気付き泳がなくなった犬」とTwitterで公開した動画には、浮き輪に身をゆだねて飼い主さんの言う通り、まったく動こうとしない、むうちゃんの姿が映っていました。

 今回の動画の後も「ずっと浮いていました」と語る飼い主さん。プカプカ浮いているのが、そうとう気持ち良かったんでしょうね。

 ちなみに、プカプカ浮いているだけでなく、むうちゃんがちゃんと泳いでいるところも見たいという人は、飼い主さんが「ちい むう ととろ Chi Mu Totoro」というYouTubeチャンネルで動画を公開しています。

<記事化協力>
ちい むう ととろ Chi Mu Totoroさん(@muchi21067312)

(佐藤圭亮)

【関連記事】

おすすめの記事