Yahoo! JAPAN

犬が自分の『体を掻いている』時の心理5選!注意すべきポイントは?

わんちゃんホンポ

犬が自分の体を掻いている時の心理5つ

犬が体を「ボリボリ…」と掻く姿は日常的に見られるものですが、中には「どういう意味?」と気になることはありませんか?

そんな時は犬の心理を探ってみてください。人間も行動と感情が連動するように、犬のボディランゲージから感情を読み取ることができます。

では一体どんな意味があるのかを知るべく、犬が自分の体を掻いている時の心理5つについて見ていきましょう。

1.痒いな

犬がボリボリ体を掻く大半の理由は「痒いなあ」という気持ちです。首や体を掻くのは犬ならではのしぐさですよね。

どこか悪いの?と気になることもありますが、私たちも急に痒みが起こり掻いてしまうことがあります。一次的なことであれば問題はありません。散歩中に突然「ボリボリ…」と体を掻きだした時は、異物や虫を取り除こうとしているのでしょう。

ただし、やたら頻繁に掻いたり、舐め続ける場合は痒い理由を確かめることが大切です。

2.退屈だな

皮膚炎以外の理由に、犬は退屈な気持ちを感じた時に体を掻くことがあります。「かまってくれなくて退屈だな~」という雰囲気をかもし出していることがよくあります。

また、苦手なトレーニング中に体を掻いていたら「もう飽きた」という心理の表れかもしれません。

3.嫌だな

犬はストレスや苦痛を感じた時に体を掻くことがあります。目の前のことから逃げたい気持ちが高まると、所構わず体をボリボリ掻いたりします。

急に体を掻いていたら、愛犬にとって嫌なことが起きているサインだと受け取ってみてください。

4.こっちを見ないで

散歩中に知らない人や犬に出会った時、急に「ボリボリ」と体を掻くしぐさを見せることがあります。これは犬のストレス反応のひとつで、目の前のことから逃れたいというサインです。

相手に対して「こっちを見ないで」「何も攻撃しません」と体を掻いて伝えている可能性もあります。

5.かまってほしい

飼い主さんの目の前で、さもアピールするように体を掻くのは「かまって♡」というしぐさです。おそらく体を掻いた後に遊んでもらった記憶が原因なので、飼い主さんへのアピールとして使っているのでしょう。

犬が体を掻いている時に注意すべきポイント

犬が体を掻く心理にはストレスのような心因性をふくみますが、過剰に掻いたり様子がおかしい場合は注意が必要です。そもそも痒みの原因は次のようにたくさんあるので、その都度何らかの問題が隠れていないかチェックするといいでしょう。

✔換毛期(毛の生え変わり)
✔毛玉ができている
✔肌の乾燥
✔外耳炎
✔ノミやダニ
✔虫刺され
✔アレルギーやアトピー
✔細菌感染
✔外部寄生虫

皮膚炎にもこれだけの原因があります。人間のようにアレルギーやアトピーを持つ犬もいるので、気になる時はアレルギー検査を受けましょう。

草むらに入るとノミやダニが体に付着するので、その後のお手入れは念入りに行ってください。定期的に予防薬を投与することをおすすめします。虫刺されは、ペット用の虫除けスプレーを利用してください。

ブラッシング不足による毛の絡みや、シャンプーし過ぎによる肌乾燥もあるので定期的な見直しもお忘れなく。これ以外にも、肥満細胞腫や皮膚リンパ腫が原因になっていることもあります。

皮膚炎は年齢問わず起こり得るので、少しでも「おかしい」と感じた時は早めに獣医師に相談をするのが1番です。

まとめ

犬が体をボリボリ掻く姿に見慣れてしまい、ついそこに潜む心理や原因を見過ごしてしまうことがあります。

ただ痒いだけではなく、ストレスや別の原因を考えてみる機会にしてください。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事