Yahoo! JAPAN

歴史本で名張をトラベル 澤田さん夫妻が創作

伊賀タウン情報YOU

歴史本を紹介する澤田さん夫妻

 小学生の主人公がタイムマシーンに乗って過去を旅する出来事を平易な言葉でつづった手作りの歴史本「みはたっ子 次郎と一福のタイムトラベル“名張の歴史の旅”」など4冊を、三重県名張市美旗町南西原の澤田二郎さん(70)が相次いで執筆、市立図書館(桜ケ丘)へ寄贈した。

 いずれもA4サイズで、100から150ページ前後。装丁は妻の恭子さん(70)が担当した。

 1冊目のみはたっ子は、美旗小6年の次郎と友人の一福、柴犬の太郎が、次郎の祖父が造ったタイムマシーンに乗って、古墳時代や戦国時代の名張へ飛び立つ物語。美旗古墳群の一つ・馬塚古墳の建設に立ち会ったり、天正伊賀の乱で戦国武将・織田信長が、滝川氏城から赤目の柏原城まで馬に乗って向かい、約3万人もの織田軍に歓迎されるシーンなどを子どもの視点で書いている。

ユーモラスな文体

 2冊目の「安政伊賀上野大地震」は、近大高専5年に成長した次郎らが再びタイムマシーンに乗り、江戸時代の1854年に発生した大地震に遭遇。救援活動にも参加する話だ。半年後には東海大地震と南海大地震も頻発し、伊賀地域にも多くの死傷者が出たと伝えられている。

 澤田さんは「前年の53年には黒船が現れて政治不安に陥り、そこに大地震が頻発、更にコレラが流行したという大変な時代。この名張にも大地震があったこと、疫病にどう打ち勝ってきたかを大学生や高校生に知ってほしい」と話す。

 3、4冊目は、昨年春に執筆した「漫才で語る名張の歴史」の続編。前作同様、いずれもユーモラスな文体でつづっている。

 澤田さんは、これまでに訪れたインドやネパールなどの古代都市の旅行記を本にするほどの歴史好き。現在も2週間ごとに図書館から数冊の本を借りて研究している。こうした経験と研究に基づき、澤田さんの独自の目で名張の歴史を見つめ、執筆する毎日だ。

 恭子さんは、地元の「語り部の会」のメンバーとして小学生に史跡などを案内しており、「一読者として私も古代ロマンを楽しんでいる」とニッコリ。

 現在、澤田さんはクイズ形式で名張の歴史を学ぶ新しい本を執筆中で、創作意欲はますます盛んだ。

2021年11月6日付807号 25面から

The post 歴史本で名張をトラベル 澤田さん夫妻が創作 first appeared on 【伊賀タウン情報 YOU】.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【お疲れ様のマッサージ】フレブル犬がパパのゴッドハンドで夢見心地に!?人間みたいな表情にクスり♪

    PECO
  2. ヒトリエ、配信シングル「ステレオジュブナイル」ミュージックビデオのプレミア公開が決定

    SPICE
  3. 佐々木希が新型コロナに感染

    ナリナリドットコム
  4. 新型コロナ 大和小学校の児童1人が感染 学校は臨時休校

    上越妙高タウン情報
  5. [新型コロナ] 大和小の児童が感染 臨時休校に

    上越タウンジャーナル
  6. 健やかなる時も病める時も…“一生一緒に遊びたい”2人が「余命30ヶ月」を乗り越えるまで

    saita
  7. 二階堂高嗣が“脈あり♡と思う瞬間”は…価値観のズレにスタジオ総ツッコミ!

    フジテレビュー!!
  8. 森香穂(#よーよーよー)[アザーカット&インタビュー]デビュー前から話題沸騰の新星 が衣装を身にまとって登場「私は少しセクシーめな衣装で、前チャックが開くようになっているんです」『B.L.T.』初出演

    Pop’n’Roll
  9. 昭和へタイムトリップ!ブリキのおもちゃやミニカーに囲まれる「おもちゃの博物館」(幕別町)

    北海道Likers
  10. 「阪神 深江駅」の少し山側に洋菓子店『PATISSERIE LE K(パティスリー・ルカ)』ができてる。ケーキ&焼き菓子が主役

    神戸ジャーナル