Yahoo! JAPAN

搗宮姫奈×内藤好美×梶原颯が感謝『ウルトラマンブレーザー』で結ばれた絆

SPICE

左から内藤好美、梶原颯、搗宮姫奈

テレビシリーズ『ウルトラマンブレーザー』の劇場映画『ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突』が2月23日(金・祝)より劇場公開される。ウルトラマンブレーザーに変身するヒルマ ゲント隊長率いる特殊怪獣対応分遣隊SKaRDの隊員たちが、シリーズ最大の敵・妖骸魔獣ゴンギルガンとの戦いを繰り広げる。決戦の舞台は、首都・東京。VFX技術駆使した演出に加え、首都の象徴である「国会議事堂」を精密に再現し、手に汗握るクライマックスを大スクリーンで描き出される。


今回はSKaRDの隊員である、アオベエミを演じた搗宮姫奈、ミナミアンリ役の内藤好美、バンドウヤスノブ役の梶原颯に話を伺った。『ウルトラマンブレーザー』という作品を通じて結ばれた特別な絆とは。

(c)円谷プロ(c)ウルトラマンブレーザー特別編製作委員会

――テレビシリーズの放送を経て、いよいよ劇場映画が公開されます。『ウルトラマンブレーザー』はみなさんにとってどのような作品になりましたか?

梶原:間違いなく、俳優として1段階も2段階も成長させてもらったかけがえのない作品です。一番成長を感じているところは…どこかな。言ってもらっていいですか(笑)。

搗宮:最初の印象はすごく勢いのある男の子がいるなって。テンションも高いし、すごく自信満々な感じがして。でも初回の読み合わせでイントネーションをめちゃくちゃ指摘されて、ボコボコにされて…(笑)。シュンとして縮こまってしまったけれど、途中で大爆発をしたタイミングがあって。

梶原:ボコボコにされた! 大爆発ってどこのタイミングかな?

搗宮:幻視怪獣モグージョン、おはぎの回!

梶原:第16話だね。あれは自分でも殻を破ったという実感があります。

内藤:結構、隊長(演:蕨野友也)と副隊長(演:伊藤祐輝)からいろいろとアドバイスをしてもらえることが多いけれど、アドバイスをもらうたびにヤス(梶原)くんはシュンとなって。そこから「よし、頑張るぞ!」ってなるのを繰り返していた印象があるかな。

(c)円谷プロ(c)ウルトラマンブレーザー特別編製作委員会

搗宮:シュンとして頑張って立ち直るみたいな。でも、本当に頑張ってた。ずっと見てたから分かる!

梶原:二人が近くにいて「大丈夫、行ける!」と助けてくれたからやり遂げることができました。本当に感謝しかないです。

内藤:成長したよね。どこかに行く時もちゃんと報告できるようになったし…。

搗宮:あははは。役とリンクしてる!

梶原:でも、確かにそれはあるなって自分でも思います。『ウルトラマンブレーザー』に出たことが自信になっているのは、日々実感していて。オーディションで「これまでにどんな作品をやってきましたか?」と訊かれて「ウルトラマンです!」って胸を張って答えられるというか。

搗宮:分かる! すごく自信になったよね。

撮影:タナカシノブ

内藤:私も連ドラに出るのは『ウルトラマンブレーザー』が初めてだったので、長い撮影期間を経て本当に作品とともに成長させてもらえたなというところがすごくあります。場数を踏んだことで、いろいろな面で成長させてもらえたなって。なにより、生涯仲がいいだろうなって思えるSKaRDメンバーに出会えたこともすごく大きいかな。

搗宮:本当にそう思う!

梶原:ですよね、本当に。

内藤:隊長と副隊長が先生のようで、私たち三人が作品と同じような感じでワチャワチャしていて、本当に学校みたいな感じ(笑)。いいバランスだし、このチームワークは一生ものだと思います。

搗宮:私も20代後半になって特に姉さん(内藤)に出会えたのが本当に嬉しくて。

梶原:え? 僕は?

搗宮:まずは姉さんについて言わせて(笑)。撮影はもう1年以上前に終わっているけれど、今でも日常で何かあると、ほんの些細なことさえも「話したい、連絡したい」って思うし、元気出ないなって思うとヤスの顔が浮かぶようになっていて。

梶原:よかったー!

内藤:ヤスと話すと本当に元気が出る。SKaRDの一輪の花だしね(笑)。

(c)円谷プロ(c)ウルトラマンブレーザー特別編製作委員会

梶原:それ、誰が言ったんだっけ?

内藤:副隊長。

梶原:何の花なのかなぁ。

搗宮:ひまわりっぽい。

内藤:確かに! 太陽みたいな明るさあるよね。

梶原:光合成してグングン伸びたし…

搗宮:そういう時々「?」ってなる発言をする癒しキャラだよね。

内藤:だよね。でも、本当に今振り返っても私は二人に支えられたなって思います。すごく緊張しいで、現場でガチガチになって、撮影開始直前までずっとブツブツセリフの練習をしていると、二人が和ませてくれる。本当に助かったなって。隊長&副隊長には言えないことでも二人になら言える!

搗宮:あははは。

内藤:歳が近いっていうのもあったかもだけど、割とすぐに仲良くなったよね。

搗宮姫奈 撮影:タナカシノブ

――蕨野さんと搗宮さんのインタビューの際には、蕨野さんがSKaRDメンバーを招集しがちというお話が出ていましたが…。

搗宮:SKaRDメンバーは本当によく集まっていました。仲良くなれるようにご飯会をセッティングしてくれるのですが、そこで喋るのは主に隊長と副隊長。私たち三人は聞き役みたいな感じで、帰りに「あの時、どう思った?」みたいに話すのが定番というか…。

内藤:二人の熱弁を聞いて、みんなで噛み砕き合うみたいな(笑)。ヤスくんは難しい話になると「ちょっと難しいかもしれない…」とかって静かになって…。

梶原:バランスを考えて喋らなかったの! ちゃんと内容は理解してたから。

搗宮・内藤:本当に?

梶原:夜遅くまで盛り上がると、明日朝早いからって帰ろうとしたことはよくあるけれど(笑)。

搗宮:「明日、朝早いんで」っていうセリフはよく聞いたかも!

梶原:僕、シンデレラなので(笑)。夜遅くなると魔法が解けちゃうんです。

搗宮:はいはい(笑)。

(c)円谷プロ(c)ウルトラマンブレーザー特別編製作委員会

内藤:エミちゃん(搗宮)は、後半は自分のビジネスもあったりして、すごく忙しい中で(撮影を)やっていたので、本当に大変そうだなって思いながら見ていて…。

搗宮:二人には本当に支えられました。文字通りかけがえのない作品に出会えたって思っています。それこそ撮影が終わって世界一周しているときに、ベトナムで「アオベエミさんですよね?」って声をかけられたり、アメリカで「エミちゃんだ!」って人がたくさん集まってきたりして。”ウルトラマンシリーズ”の偉大さを実感しました。10年くらい役者の仕事をやってきた私にとっては一つの集大成のような作品。自信を持って取り組めたし、この経験を武器に次のステージに行けるように頑張りたいという気持ちです。

梶原:海外でそういう反応、僕もされたいなぁ…。

(c)円谷プロ(c)ウルトラマンブレーザー特別編製作委員会

搗宮:ヤスくんは自分から言いそう。『ウルトラマンブレーザー』に出てます、SKaRDメンバーですって(笑)。

梶原:作品のTシャツとか着て歩くかも。

内藤:SKaRDの制服は? 売ってるらしいから、買って着たらいいんじゃない?

梶原:いや、Tシャツくらいがいいと思う。

搗宮:そう? 面白そうだから今度みんなで着て歩いてみる?

内藤:写真とか撮られるかな?

梶原:やる? 恥ずかしくない?

内藤:「私服です」ってなりきっちゃえばいいんじゃない?

搗宮:いいね!

――登場人物ひとりひとりにしっかりフォーカスして丁寧に描いているところも『ウルトラマンブレーザー』の魅力です。劇場映画でも胸アツなシーンはたくさんありましたが、撮影で印象に残っていることは?

内藤好美 撮影:タナカシノブ

内藤:エミちゃんを置いていくという指示が出た時はグッときました。

搗宮:それぞれの場所で自分の役割を果たす。あのシーンの撮影はエミちゃんとしても搗宮姫奈としても「この作品を支えているのは私だ!」くらいの強い気持ちで挑みました。めちゃくちゃ緊張したけれど…。

梶原:あれは緊張する!

搗宮:ベテランのみなさんの前で堂々と宣言するのは、手がプルプル震えるほど緊張して。でも、たくさん褒めてくださったので、やってよかったなって思ったシーンです。

――ウルトラマンが頑張れば勝てるではなく、各々の役割を果たしながら、それぞれの場所で戦うというのは、チーム感があって盛り上がりますよね。

搗宮:まさに!私は映画で初めてグリーンバック撮影を経験したことも印象深くて。

梶原:撮影はかなり大変そうだったよね。

搗宮:一緒に飛んだよね?テレビシリーズの第1話で隊長がやっていたのを見て、どうやって撮影しているのかすごく気になっていて。吊るされるんだ…って思いながら、撮影しました。

内藤:すごく時間かかってたよね。ちょっと動かして、撮影しての繰り返しで。

梶原:エミだけ吊られて、僕は吊ってもらえなくて…。

搗宮:そうだった!

梶原:いいなって思いながら肩車してた。

搗宮:私だけ、ごめんね(笑)。心の中はキャッキャしてたかも。そういうシーンの撮影じゃないのに。

内藤:虫嫌いのアンリ(内藤)としては、映画でとんでもない数の幼体が出てきたところをエミちゃんに助けられるというのが一番のお気に入りポイントです。

搗宮:わー、うれしい。

内藤:助けてくれて、ありがとう(ハグ)

梶原:なんかまた二人だけで仲良くしてる!

搗宮&内藤:やきもちだー(笑)。

(c)円谷プロ(c)ウルトラマンブレーザー特別編製作委員会

梶原:僕は、基本アースガロンに乗っているからコックピットでの撮影がメイン。でも映画では、幼体をやっつけるシーンでみんなと一緒に戦っている感じを味わえて、すごくいい思い出になりました。

搗宮:すごくかっこいいシーンだし、撮影も大変だったのに、映像としてはあっさり終わっちゃうんだなって思わなかった?

内藤:確かに!

搗宮:ワンカットってそういうものなんだけど、私たちがめちゃくちゃ頑張って撮影したんだなって思いながらじっくり観て欲しいです(笑)。あとはエミの覚悟が見えるシーンかな。エミは弱いところを見せたくないタイプ。でも、今は、その弱さがポロっと出てしまっても、隣にはチームの仲間がいる。だから踏み出せると覚悟を決めたシーンは絶対に観て欲しいです。

梶原:名シーンになったと思う!

搗宮:ありがとう。でも、本当にかっこいいよね。

内藤:決め台詞もあるし。

搗宮:内容は言えないから、劇場で確かめて欲しいです!

――焼肉のシーンもSKaRDらしさが出ていていいなって思いました。

梶原颯 撮影:タナカシノブ

内藤:みんな私服姿ですごく新鮮だった!

梶原:普通にご飯食べた記憶(笑)。美味しそうなお肉だったから、口いっぱいに頬張ってセリフを言えなくなったり…

内藤:みんなのご飯てんこ盛りだったしね(笑)。

梶原:楽しかった。またみんなで食べたいね。

搗宮:懐かしい感じもするけれど、しょっちゅうメンバーで話しているから、1年前に撮影が終わったとは思えなくて。

内藤:テレビシリーズ放送中は最新話放送後にSNSの反応を見て「こんなのあったよー!」ってLINEグループに送ってたし。

搗宮:あれ、すごくありがたかった。

梶原:ファンのみなさんの反応が本当にうれしくて。かわいいイラストを添えて感想を投稿してくれたり。

内藤:撮影が終わってもそういう情報を共有してるから、LINEグループは常に稼働してるし。

搗宮:コミュニケーション取りながら思い出話をするという関係は続いているし、これからもずっと続いていく気がするよね。

(c)円谷プロ(c)ウルトラマンブレーザー特別編製作委員会

――素敵な絆です。では最後に、『ウルトラマンブレーザー』ファンのみなさんにメッセージをお願いします!

梶原:映画で作品は一旦一区切りですが、SKaRDはこれからも僕たちの中で続いていきます。あれ? なんか二人、笑ってない?

内藤:この前も同じようなコメントをしてたから…。

搗宮:してた。でも、まあ、思いは一緒だから、いいよ、それで。

内藤:私はこれからもSKaRDとして活動していく気満々です。SKaRDメンバ−として『ウルトラマンブレーザー』の楽しさを伝えていけるように頑張るので、映画を含めて引き続き応援をよろしくお願いいたします。

搗宮:劇場映画は親子の物語が描かれます。親子で観た後には、すべてをさらけ出していろいろな話をして欲しいです。この作品を親子のコミュニケーションツールにしていただけたらなって思います。

内藤:コミュニケーションは『ウルトラマンブレーザー』のテーマだからね。

梶原:本編よりパワーアップした映画を大きなスクリーンで楽しんでください。

内藤:え? ヤスくん最後締めちゃってるの?

搗宮:こういうとこなのよ。すぐ最後に持っていくの!

梶原:さっきの僕のコメントがいまいちやったから…。

搗宮:映画もそうやっていいところ持って行ってたよね?

内藤:確かに。持って行ってた!

梶原:あははは、ごめんなさい(笑)。

撮影:タナカシノブ

取材・文・撮影:タナカシノブ

【関連記事】

おすすめの記事