Yahoo! JAPAN

自転車観光の魅力SNSで発信 市とスルガ銀行が協定〈藤沢市〉

タウンニュース

協定書を手にする鈴木市長(右)と戸谷取締役

藤沢市とスルガ銀行は19日、自転車を利用したシティプロモーションを共同で行う「ふじさわサイクルパートナーシップ協定」を締結した。

事業名は「ふじさわキュン♡ぽた」。「ポタリング」(自転車でゆっくり走ること)をしながら藤沢の魅力を再発見してもらおうと、自転車で巡るコースを同社の運営する「サイクリングプロジェクト」のSNSアカウントで隔日配信。自転車は江ノ電が展開するシェアサイクルが使われる。初回配信は「湘南・江の島」をテーマに6月上旬を予定。以降来年4月まで「境川」「ラーメン」など、毎月異なるテーマで配信する。

協定締結式で鈴木恒夫市長は「自転車による旅で地元の魅力と健康増進が発信できれば」、同社の戸谷友樹取締役は「地域の観光資源と連携し、サイクルツーリズムの推進、地域活性化に貢献していきたい」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事