Yahoo! JAPAN

琵琶湖でビワマストローリング釣行 59cm頭に良型ポツポツ

TSURINEWS

59cmのビッグワンが光る(提供:週刊つりニュース中部版APC・田中こうじ)

昨年9月に初チャレンジして、すっかりその味に魅了されてしまったビワマス。4月にも予定したが、状況が悪く出船できず。5月21日に仕切り直しで行ってきたので、その模様をリポートしたい。

ビワマストローリング釣行

午前7時半に滋賀県高島市のガイド船で出航。当日は小雨がぱらつく曇天で風もなく釣り日和かと思ったが、キャプテンによれば晴天の方が良いとのこと……。

安曇川の沖80mラインから開始。レッドコアと呼ばれるオモリを内蔵したラインを用いたタックルとダウンリガー2セットを両舷から流す。6つのルアーが水深や距離を変えてビワマスにアプローチする。

今にもロッドがひん曲がりそうだが、平穏無事な状況が続いた。太陽が顔を出すどころか、ポツポツと雨が落ちてきた。先に出た船の情報では、小型が1匹とのこと。

59cmビッグワン登場

安曇川から海津大崎方面へのブレイクラインを流していくと、突如として静寂が破られた。右舷のレッドコアにストライク。キャプテンが電動リールの巻き上げを入れる。最初にファイトするのは初挑戦のOさん。

雨のなかいざ出船(提供:週刊つりニュース中部版APC・田中こうじ)

見ていると時折ドラグが滑っているし、ロッドが引き込まれている。なかなかストライクがなかっただけに、プレッシャーもあっただろうが無事キャッチ。なんと59cmのビッグワンだった。

魚探に映る反応が浅いので、船長がもう1本タックルを出す。そのロッドにバイトがあったがヒットしなかった。残念だねと話していると、ロッドが引き込まれた。次はL君がファイトして、「小さいですよ」と言いながら40cm超をキャッチ。

痛恨のフックオフも安堵の40cm級

いよいよ私の番だと思っていると、ダウンリガーにストライク。ロッドを抜き、クリップからラインを離すためにシャクリを入れる。魚の抵抗を感じたが、すぐにフックオフ……。やってしまった……(涙)。群れに当たったのか、すぐにレッドコアにストライクが出た。2人のご厚意で連続ファイトさせてもらい、40cm級をキャッチして肩の荷が下りた。

これで仲良く3人とも型を見たので、リミットメイクを目指す。80mラインを北上していたが、ストライクが途絶えたので移動を考える。僚船は別のポイントでやっているが、小さいとのことなのでヒットポイントに戻るとキャプテンが判断した。これが吉と出た。

良型主体で9匹キープ

ポイントに入るとレッドコアが絞り込まれて40cm前後がヒットする。僚船は小型ばかりとのことだが、不思議と型が良くリリースサイズは1匹だけ。グルグルと回るように流してポツポツと追加し、9匹をキープした。

ビワマス釣りにはレギュレーションがある。30cm以下はリリースで、キープできるのは1人5匹まで。フックはバーブレスでシングルだ。船のイケスに生かしておき、リミットメイクできたら小型からリリースするつもりだったが、この日1人5匹は釣れなかった。

特に私は、最後のファイトで浮かせた良型をバラしてしまい、夢にまで出そうだ。必ずリベンジしたい。

<週刊つりニュース中部版APC・田中こうじ/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年6月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post琵琶湖でビワマストローリング釣行 59cm頭に良型ポツポツfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事