Yahoo! JAPAN

眞栄田郷敦の初主演映画『彼方の閃光』公開が決定 池内博之、尚玄、加藤雅也、Awichら共演

SPICE

映画『彼方の閃光』

眞栄田郷敦の初主演映画『彼方の閃光』が12月8日(金)に公開されることがわかった。 あわせて、ポスタービジュアルと予告編が解禁されている。

『彼方の閃光』は、ホウ・シャオシェン監督、ジャ・ジャンクー監督らの映画音楽を手掛け、『アグリー』『雨にゆれる女』『パラダイス・ネクスト』などでメガホンをとってきた半野喜弘監督の最新作。眞栄田郷敦が自身の映画初主演を飾る作品だ。

(C)彼方の閃光 製作パートナーズ

(C)彼方の閃光 製作パートナーズ

(C)彼方の閃光 製作パートナーズ

(C)彼方の閃光 製作パートナーズ

本作で描かれるのは、幼い頃に視力を失い、手術は成功するも、その視界に色彩を感じることが出来ないでいた主人公・光が、戦後日本を代表する写真家・東松照明の写真に惹かれ、長崎・沖縄の戦争の記憶をたどる物語。眞栄田郷敦は、東松照明の作品に触れ、戦争の記憶を辿ることになる物語の主人公・光を演じる。また、共演には池内博之、尚玄、加藤雅也、Awichらが名を連ねている。

(C)彼方の閃光 製作パートナーズ

10歳の少年・光は、生まれて間もなく視力を失った。光にとって世界は「音」であり、彼はカセットテープに自分の世界を録音してゆく。光の眼は手術をすれば視力を得られる可能性があった。母の説得により、手術を受けることを決意する。20歳になった光(眞栄田郷敦)は、東松照明の写真に強く導かれるように長崎へ。旅先で出会った自称革命家の男・友部(池内博之)にドキュメンタリー映画製作に誘われ、長崎・沖縄の戦争の痕跡を辿ることになる。その中で、心に傷を負いつつもたくましく生きる女・詠美(Awich)、沖縄を愛し家族を愛する男・糸洲(尚玄)と出会う。戦争の痛ましい記憶と彼ら3人の生き様は、光の人生を大きく揺さぶり始める。51年後の2070年、71歳になった光(加藤雅也)。彼の生きる世界は大きく変容していた。



解禁されたポスタービジュアルでは、色の無いモノクロの世界に身を置く主人公・光が“何か”を捉えた刹那の姿と、海面でたゆたう二人の人影を捉えた姿で構成。「その瞳に映る世界は、姿を変える」というキャッチコピーも添えられている。

主演の眞栄田、半野監督のコメントは以下のとおり。

眞栄田郷敦(主演)

お話をもらってまず作品のイメージを映像化したトレーラーを観せていただいたのですが、

これまで体験したことがなかったモノクロの映像や世界観に強く惹かれました。

その後、脚本を読ませてほしいとお願いをしたのですが、「やらせてください」と即答していました。

この作品を通して、「戦争」という歴史を伝えていかなければならないという意識を

改めて強く持つことになりましたし、自分なりに伝えていける方法があることを実感しました。

自分自身としては、あの時持てるすべての力を出したし、出させてもらったので、

是非色んな方々に観ていただきたいと思っています。

半野喜弘(監督・原案・脚本・音楽・スタイリング)

色彩と平和、この2つのキーワードが両輪となってこの映画は走ります。

当然のように自分の手の中にあると感じているものを見つめ直し、主人公の眼差しを通してその意味や価値を問う。

そんな映画を作りたいという思いから『彼方の閃光』は生まれました。

本作にとって主人公・光の瞳はあまりに重要な存在で、私自身が何を求めているのかを自分でさえ分からずにいました。

それはまるで私自身が暗闇を彷徨っているような感覚でした。

そんな中、私は眞栄田さんの瞳に、まさに探して求めていた「光」を見ました。それは私にとって閃光と言えるものでした。

公開までの道のりは困難の連続でしたが、ついに辿り着いたという気持ちです。

主人公の眼差しは、この映画を観る人の眼差しでもあります。

その眼差しに映る世界が観る人の心に触れることを願っています。

『彼方の閃光』は12月8日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次公開。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <アドバイスください!>親の車の運転を止めたい!運転免許をスムーズに自主返納してもらうためには?

    ママスタセレクト
  2. 子どもの日にはプレゼントも 林田大庄屋旧三木家住宅で「揖保郡三窯と周辺の焼物展/版画家乾太作品展・端午の節句展」開催中 姫路市

    Kiss PRESS
  3. ユニクロ話題の新作バッグがおしゃれで完売しそう!想像以上の大容量トート(正直レビュー)

    ウレぴあ総研
  4. カニエ・ウェスト、ディズニーデートで妻の“不適切な格好”に批判集中 ディズニーへ「なぜ退園させない?」の声も

    Techinsight
  5. コンビニ限定♪紀ノ国屋コラボの付録バッグがキュートで便利!豪華2点セット開封レビュー

    ウレぴあ総研
  6. 勤務先のスーパーで万引き繰り返す…63歳「万引Gメン」の犯行動機と事件が発覚したワケ

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 走る列車内がリングだ!! 「関鉄プロレス」にファン熱狂 選手は列車運転にも挑戦(茨城県)【レポート】

    鉄道チャンネル
  8. 令和生まれの化学繊維と、服との新たな向き合い方

    Dig-it[ディグ・イット]
  9. 【静岡の高校サッカー戦後史Vol.40】 清水東が1981年度、関東勢を次々撃破して全国総体連覇!

    アットエス
  10. 親が「医者」と知らなかった芸能人ランキング

    ランキングー!