Yahoo! JAPAN

ぼっちだからこそ、楽しい発見も!【大政絢】「ひとりで飲めるもん!」インタビュー

ウレぴあ総研

ヘアメイク:SAKURA(まきうらオフィス)/スタイリング:高野夏季

コロナ禍で人との外食が制限されている今、たまには飲みに行きたいけど、1人で行くのはちょっと腰が重くて……という女子も多いのでは。

そんな人たちの背中を押してくれそうなWOWOWオリジナルドラマ、その名も「ひとりで飲めるもん!」(全8話※第1話無料放送)が、6月4日よりWOWOWプライムで毎週金曜放送、WOWOWオンデマンドでは全8話一挙配信する。

原作は「凪のお暇」などの人気漫画家・コナリミサトの同名コミック。

大政絢演じる主人公・紅河メイは、誰もが羨む眉目秀麗なキャリアウーマンだが、実は彼女にとって至福のひとときは、仕事を終えたあとに、飲食チェーン店でひとり飲みをする時間だったのだ!

毎回「天丼てんや」「餃子の王将」「吉野家」といった有名チェーン店の定番メニューやちょい飲みの小皿が登場し、目からうろこ的な“通”の食べ方も提案してくれる本作。

コロナ禍だからこそ、ひとり飲みによってパワーチャージをするヒロインには大いに元気をもらえそうだし、何よりも手軽に身近な幸せを得ていくというナイスな生き方にも大いに感化されそう。

そこで主演を務めた大政絢を直撃し、撮影の裏話やひとり飲みのエピソードについて話を聞いた。

チェーン店の魅力を改めて感じました!

――「ひとりで飲めるもん!」の原作や脚本のどんな点に惹かれましたか?

私も仕事終わりにおいしいごはんを食べることは楽しみの1つで、漫画を読んだ時、きっとこういう女性はたくさんいるんじゃないかと共感できました。

特に今はコロナ禍なので、友達と集まってごはんを食べにいくことが難しいから、このドラマによって、ひとりでもこんなに楽しめるんだ、ポジティブになれるんだという違う見方ができるんじゃないかと思いました。

――演じたメイのように、大政さんも仕事のオンオフの切り替えはできるほうですか?

私も割とできるタイプじゃないかなと思います。

仲のいいメイクさんやスタッフさんから「仕事の時とプライベートで会う時とでは全然違う」と言われることが多いです。

――大政さんも、チェーン店で食事をすることってあるのですか?

普通に1人で行きますし、友達と行ったりもします。特に北海道から上京したての学生時代は、自炊も出来なくて、よくチェーン店に1人で入っていました。

また、さすがに今はしなくなりましたが、若い頃はお酒を飲んだあと、よくシメで牛丼を食べに行ってたんです。でも、そこでお酒をたしなむことはしてなかったので、今後はしてみたいなと、ドラマを撮影してみて思いました。

ひとり飲みは、自分だけの贅沢な時間

――グルメドラマならではの楽しさや大変さについて聞かせてください。

大変だった点は、おいしくきれいに食べなければいけないことでしょうか。

ちょっと汁がたれちゃったり、食べすぎちゃったり、手元のシーンですくい上げる時に落ちちゃったりと、意識すればするほど、手がぷるぷるしちゃいました(苦笑)。

幸せだったことは、どのチェーン店さんも、毎回できたてホヤホヤの料理を提供してくださった点です。

本当においしいので、そこは演技ではなく、素直においしい顔ができていた気がしますが、常に食べすぎてしまいました(笑)。

また、これまで知らなかったようなチェーン店の魅力を改めて感じ、こんな企業秘密があったのか!という発見があったりして、すごく面白かったです。

――そのなかで、特に大政さんにヒットしたメニューや食べ方とは?

3話に登場する「吉野家」さんで、生卵とネギに紅生姜をたっぷりのせて混ぜて食べるのがおいしかったです。さっぱりしていて、お酒のつまみにもなるので、家でもやってみようかなと。

毎回ちょっとした裏技が紹介されますが、自分では思いつかない食べ方なんです。

また「餃子の王将」にハーフサイズがあるのも知らなかったですし、ドラマを観たあとは、女性が頼みやすくなるんじゃないかと思いました。

――大政さんがひとり飲みをする際のポイントについて教えてください。

ひとり飲みをする時はお酒だけというより、いつもおつまみとお酒をセットで味わいます。

どうせならおいしいものを食べたいし飲みたいから、少し面倒でもおつまみはちゃんと作ります。今はデリバリーもとれるから、おいしいものを楽しんでいます。

先日は、北海道から送られてきたじゃがいもをアルミホイルでつつんでふかし、バターと塩辛をのせてたものと共に日本酒を飲んだ時、すごく幸せだなと思いました。

――どんな時に、ひとり飲みをするのですか?

ドラマや映画を観ながらひとり飲みすることが多いです。自分だけの贅沢な時間だなと思いながら飲んでいます。

素の自分を出してもいいんだ

――メイは、様々な仕事上のピンチを、いつも凛として切り抜けていきますが、大政さんは自分自身が壁にぶつかった時はどうされますか?

私もメイと同じく、人に相談するのが苦手なタイプなので、1人で答えを出すことが多かったです。でもここ1~2年くらいで少し柔軟になってきて、人に相談できるようになってきましたが、20代の頃は1人で悩んでいました。

――それは何かきっかけがあって変わったのですか?

素の自分を出してもいいんだと思える瞬間があったのかもしれないです。特にこれという大きな出来事があったわけじゃないんですけど、もっとナチュラルでいていいのかなと感じたことがあって。

友達に思い切って悩みを相談してみたら「え?そんなことで悩んでたの?」と言われたことがあって、その時に、ああ、人に聞いてもらうと、楽になれるんだなと気づきました。

――コロナ禍での撮影で大変だったこととは?

みなさんがマスクをしているので、なかなか名前と顔が覚えられないことです。

ごはんも各自バラバラで違う場所で食べるから、マスクを外した顔を見ることがないスタッフさんもいますが、今はこの状態が普通になっているな、と思いました。

また、本番ギリギリの状態まで、マスクやフェイスガードをしているので、照明さんの調整が大変だったり、声が通らなかったりと、大変なことはたくさんありました。

――では、コロナ禍での気づきはありましたか?

昨年、緊急事態宣言が出たあと、一斉にお休みになり、こんなにゆっくりすることは人生で初めてだなと思いました。仕事が奪われ、悲しくて寂しかったのですが、逆にそんななかでドラマや映画の存在に助けられました。

そういう意味では、自分を違う世界へ連れていってくれるエンターテインメントは、大事なんじゃないかなとも感じました。

だからこそ、自分が女優として出させていただけるのなら、素敵な作品にできるように心がけたいとも思ったし、作品に対する想いはより一層強くなりました。

気持ちはいつだって前向きでいたい

――今後は、どんなことにチャレンジしてみたいですか?

モデルの仕事は10年以上やっているのに、まだまだ教わることがたくさんあるし、女優としても、今までやってない役はたくさんありますから。

これまで一緒にお仕事をさせていただいた方との輪もすごく大事にしたいですし、そのうえで、女優としてまたやってみたいのは時代劇でしょうか(NHKドラマ「鼠、江戸を疾る」で時代劇に初挑戦した)。

違う時代の女性の人生をまた生き抜いてみたい。

いずれにしても、いつだって気持ちは前向きでいたいし、どんな仕事でも常に初心に返りながらやっていきたいです。

――今年で30代になりましたが、どんな女性でいたいですか?

対応力を持つというか、人として柔らかく優しく柔軟に生きていきたいし、人に対してもそういうふうに接していきたいです。

――最後に、これから「ひとりで飲めるもん!」を観る視聴者にメッセージをお願いします。

コロナ禍では、いろんな人がいろんなところで制限を感じながら、頑張っています。いろんな人がいろんなところで頑張っています。自分自身を開放できる場が最小限になっている今だからこそ、こういうストレスの発散の仕方もあるんだなと発見できるようなドラマになっていれば嬉しいです。

ひとり飲みってこんなに楽しいんだ、息抜きができる場所があるんだということを、多くの方に知ってほしいです。

「ひとりで飲めるもん!」では毎回、幸せの最上級的な表情でお酒を飲むメイに触発され、ひとり飲みに開眼する女子が増えそうな予感。あまた溢れるチェーン店で飲むので、思い立ったらすぐに行動できる点もうれしいかぎり。

番組でお気に入りのメニューを見つけたら、早速、手軽でリーズナブルなひとり飲みに繰り出してみませんか?

(mimot.(ミモット)/山崎 伸子)

【関連記事】

おすすめの記事