Yahoo! JAPAN

【全日本大学駅伝】「出雲3位がまぐれじゃないのを証明できた」城西大学・櫛部静二監督

文化放送

文化放送では11月5日(日)午前8時00分より『長谷工グループスポーツスペシャル 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 実況中継』を、解説に「箱根駅伝への道」ナビゲーターもつとめる2代目山の神・柏原竜二さん、ゲストに土方英和選手(國學院大學OB、旭化成陸上部)をお迎えして、総合実況・寺島啓太アナウンサーで放送しました。

☞文化放送全日本大学駅伝特設HPはこちらから

▼11月5日(日)8時10分スタート
熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前 8区間106.8キロ

3区ヴィクター・キムタイと4区斎藤将也が区間賞を獲得し、一時2位を走る場面もあった城西大学。表彰台はならなかったが、目標としていた5位を獲得した。レース後、櫛部静二監督に話を聞いた。

――大学最高順位の5位でしたね?
「途中にいいところがあったので(4区終了時点で2位)、キープしたかったですね。ただ、(出雲駅伝で)3位だったのがまぐれじゃなかったのを証明できたかな」

――1区、2区でもう少し上にいきたかった?
「3区、4区、8区以外はいまひとつかなと。ただ、いまひとつでも戦えているので、もっと練習をすれば(上に)いけるんじゃないかと」

――箱根に向けてどの辺りを強化して練習していくか?
「やっぱりうちの選手たちは長い距離が苦手だと思っているので、箱根仕様にするのが課題かなと思いますね」

――4区の斎藤将也選手(2年)は区間賞を獲得

「出雲の前から練習もしっかりとやれていた。力はありましたが、試合の前に体調を崩してしまったり、出雲の転倒(1区で起用もレース中に転倒)があったり、これまでは走力とは違う悪い要素があった。(いいレースを経験させて)なんとかして自信をつけさせたいなと思っていました。4区はちょうど相手も手薄かなと感じたので、チーム的にも個人的にも結果が出せればいいなと」

――箱根ではより期待できますね?
「周りから『往路優勝もいける』という声もいただいています。やっぱり山で大きく左右されるので、ヴィクター(キムタイ、2年)と斎藤将也が一段階上がったからかな」

――選手たちも自信がついたのでは?
「自信と悔しさで複雑だと思います。自分の力ではないところで結果を出している部分もあったりするので、長い目で見ればそれが成長の芽、プラスになるかなと思います」

――レース後に選手とは話した?
「1区(林晃耀)。2区(山中秀真、4年)は三浦(龍司、順天堂4年)や佐藤圭汰(駒澤2年)らのスピードランナーが多かったので、その中では大健闘です。タイム差もそこまでではないので、彼も自信になったかな。試合経験のない7区の平林(樹、3年)と5区の野村(颯斗、4年)はちょっと悪い方向にいってしまったと思います」

――ここからは上がる一方ですね?
「だといいんですけど……(笑)。これから先やることが見えてきたので、そこをしっかり明確にして選手たちに示したいと思います」

以前取材に対し「ステップバイステップで」と話していた通り、今回も見事にチームの目標を達成した城西大学。戦える力が着実に身に付いていることに加え、野村キャプテンをはじめとした4年生を中心とするチーム力で、箱根駅伝でも見せ場を作るだろう。

おすすめの記事