Yahoo! JAPAN

保土ケ谷唯一の水田で田植え 川島町の「元気村」で児童40人が〈横浜市保土ケ谷区〉

タウンニュース

保土ケ谷唯一の水田で田植え

保土ケ谷区内に残る唯一の水田を利用して子ども向けの農業体験教室などを行っている川島町の「ほどがや☆元気村」(泉俊郎村長)で6月11日、小学生およそ40人がもち米の苗を植えた=写真。

「子どもたちに食と農の大切さを知ってもらおう」と始まった同所での稲作体験プロジェクトは今年14年目。フィールドとなる帷子川沿いの水田は区内唯一の稲作農家・三村敦夫さんが所有しているもので、「元気村」の取り組み趣旨に賛同し、600坪の田んぼのうち100坪ほどを毎年、子どもたちの稲作体験の場として提供している。

この日、子どもたちは4月中旬に牛乳パックで作った苗床に種をまき、自宅で育ててきた苗を田んぼに植え付ける作業を体験。泥にまみれながら25cmほどに育った苗を数本ずつ丁寧に植えた。

今回、植えた苗は宮内庁の「お田植え式」でも用いられるもち米「まんげつ」という品種。子どもたちは今後、案山子づくりなどを体験しながら、10月ごろに稲を刈り、脱穀作業や精米作業を体験した後、12月には自らの手で育てたもち米を使い、つきあげた餅を味わう「収穫祭」が予定されている。

泉村長は「米作りや畑作業などを身をもって体験することで、『食と農の大切さを教えていきたい』という思いがしっかりと伝わっていると思う」と話していた。

【関連記事】

おすすめの記事