Yahoo! JAPAN

安い豆腐と高い豆腐の違いって?「とうふ工房きむら」に聞きに行ったら何故か美味しい厚揚げの食べ方教えてもらった

肥後ジャーナル

安い豆腐と高い豆腐の違いって?「とうふ工房きむら」に聞きに行ったら何故か美味しい厚揚げの食べ方教えてもらった

豆腐って価格もピンからキリまでありますよね。特売品で20円切ってるものあれば、1丁で500円以上するのもあったり。美味しい豆腐って本当に味が違うんですよね。たかが豆腐、されど豆腐。東区石原にある人気豆腐店「とうふ工房きむら」で美味しい豆腐についてきいてきました。

豆腐の味が分かる派、分からない派

みなさん、豆腐って好きですか?私は大好きです。ヘルシーですからね。 普段は3つで100円とかの安い豆腐しか食べれないんですけど、お豆腐屋さんの豆腐ってやっぱり値段の分だけ美味しくなるので、たまに贅沢しちゃうことも。 そんな話をしていると編集部内で「30円の豆腐も500円の豆腐もあんま変わらん」っていう暴論を振りかざす編集長がいたので、論破するためにプロに聞いてみることにしました。

そこで訪れたのは熊本市東区石原にある「とうふ工房きむら」。 めちゃくちゃ上品な味わいのお豆腐を製造・販売されていると人気のお店です。

この美味しそうにソフトクリームを食べているのが代表の木村さん。豆腐の話聞きに来たのに「一緒にソフトクリーム食べましょう」となってしまいました。

で、渡されたのがこのソフトクリーム。店舗で販売している「豆乳ソフトクリーム」です。試食用なので、量はちょっと少なめ。 なんでも、豆乳を90%使って作っているそうで、一口食べると大豆の風味がふわっと広がってめちゃくちゃ美味い。 ただ普通のソフトクリームと比べると甘みは強くないので子供からは不人気という、大人のためのソフトクリーム。 こちらのお豆腐は「大豆の味をできるだけそのまま届けたい」とかなり濃厚な豆乳を使っているそうで、ソフトクリームでも本当に濃厚な豆腐食べているような味わいでした。

でもやっぱり豆腐の話聞きたい

店内をぐるっと見回すと、お豆腐以外の食品や他県の特産品なんかもならんでいてちょっとした物産館みたいになっています。

豆腐は1丁400gで216円。普段私が買っている豆腐よりちょっとお高めですが、 国産の大豆をふんだんに使って、手間をかけて作っているので「適正価格だと思っています」とのこと。 豆乳ににがりを入れると0.4秒で固まるらしく、その製法で作るには技術が必要でやっているところは少ないのだとか。

ちなみに、おすすめはざる豆腐。贈り物にも喜ばれるそうです。 もう薬味たっぷり乗せて食べてやりたい…

さきほどのソフトクリームもぜんざいソフトやフロートなんかもあります。やっぱり大人向けらしいです。

豆乳プリンなんかもめっちゃ美味しそう。

他にもお惣菜も出されています。豆腐って料理の材料に近いので、食べ方を教えるより、もう食べるだけにしちゃった方がいいやってことで、かなり力を入れて作っているそうです。 ちなみにおすすめの豆腐の食べ方を聞いたら、なぜか厚揚げが出てきました。

レンチンでふりかけと醤油をかけるだけの厚揚げがめちゃくちゃ美味い

「めっちゃ美味しい食べ方あるんですよ」とどこかに消えた木村さん。チンッという音がしたと思ったら、さらには厚揚げ。 切ってチンしただけのそれに、特製のふりかけと醤油をかけたのが

こちら、「レンチンした厚揚げにふりかけと専用の醤油かけたやつ」です。 ふりかけにはにんにくたっぷりで、パンチが効いた感じらしいです。さっき「大豆の味をできるだけそのまま届けたい」という話を聞いたんですけど、まさかのガッツリ系。

とりあえず、1つ口に運んでみたんですけどこれ、めっちゃ美味しい。おかずにもなるし、お酒のおつまみにもなる。レンチンしてかけるだけ。こんな美味しくなるんや…。

良い豆腐はやっぱり美味しい

「大豆の味をできるだけそのまま届けたい」と濃厚な豆乳で丁寧に毎日おいしい豆腐を作っている「とうふ工房きむら」。 ということで、高い豆腐はやっぱりそれだけ素材や製法にこだわって作っているので、めちゃくちゃ美味しいです。 素材の味をしっかり引き立てるって食事では大事だと思うので、たまには良い豆腐も食べてみてくださいね!

おすすめの記事