Yahoo! JAPAN

大阪南港メバリングで22cm頭メバル6匹 堤防「キワ」のリトリーブで手中

TSURINEWS

大阪南港で釣ったメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

先日アジングをやっていて少しキワを打つとメバルの反応が見られたので、今回は本格的に狙ってみることにした。雨後の11月9日の大阪南港でのメバリングゲームをレポートしたい。

大阪南港の状況

当日は午前中からずっと雨。私が釣り始める17時30分ごろには止んでいるはずだったのだが、南港に到着しても尚霧雨がくすぶっていた。前日から降っているので水潮だろう。潮回りは新月の中潮で21時ごろ上げきりとかなりいいのだが、水潮の海では魚全体の活性が下がる。

水潮とは海水の上に比重の軽い真水が浮いている状態で、メバルのような表層の魚はレンジが一段階下がる。そこで少し重めのリグ、1gのジグ単でスタートする。釣り方はいたって簡単、キワのリトリーブ一本だ。表中層のレンジ管理だけ留意する。

22cmメバルがお出迎え

今回は準備もかなりしっかりとしてきた。前回がアジングタックルで足場の高い場所からのキワ打ちは少しやりにくかったので、ちゃんとしたメバルロッドのソリッドを持ってきた。2000番リールにPEライン0.3号リーダー4lbをFGノットで80cmとった。私にとってメバル相手では絶対に失敗しない設定だ。

が、始まる前からミス連発。なんとトップガイドでイト絡みしてしまい、FGノットしたラインを切らなければならなくなった。3.5ノットで結び直して再開。しかしリーダーが短すぎてライン本線を擦って切られてしまう。

釣りたい気持ちが逸りすぎて、1匹目までにかなり時間を要した。

22cm級の良型(提供:TSURINEWSライター井上海生)

しかし1匹目は22cmの良型。よく引いたし、向こうアワセのメバルにしてはめずらしくこちらで誘いを入れて食ってきたのを気持ちよくフッキングさせて浮上させられた。甲斐のある1匹である。

サバが若干厄介

この日は夜のサバがとにかく多かった。オープンウォーターがほぼサバという状態でとにかくバシャバシャやっている。キワでも前でもサバが食った。

サバも釣れてしまう(提供:TSURINEWSライター井上海生)

しかしこうもサバが多いと迷惑する。サバのようなせわしい魚がいると、メバルはコースにタイトになりレンジも下がる。しかも今回は水潮でいっそうレンジが分かりにくい。パターンをつかむまでかなりの時間を要し、またマイクロメタルに食った良型をやはり本線擦りのブレイクで逃してしまった。あれは今でも惜しい。

タングステンヘッドで

マイクロラバーにも食ってきたが、雨が止むと同時に潮もぱたりと止まった。

マイクロラバーでメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

もうただでは反応してくれなくなる。こうなってしまうと、残念ながらこちら主導で釣っていくわけにはいかない。魚に口を使ってくださいと、合わせるような設定に。

ヘッドのシルエットを小さく見せられるタングステン製ヘッド0.75gと1.3inchの小さめワームで釣っていくことにした。しかしその初投で根に潜られロスト。なんだか勘が鈍っているようだ、どうもミスが続く。

最終釣果

とはいえ、最終的に6匹と、雨後のメバルは結構動いた。

魚に合わせたリグでメバル6匹(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ミステリアスカラー紫のワームに、「メバル専用のヘッド」という新しい設定でも獲れた。これも嬉しい。が、また根に潜られてロストした。

どうもこの日は私自身が学習しない日である。

メバルシーズンインに心弾む

アーリーメバルというべきか、11月上旬で水温21度の水潮という微妙な条件でもまあまあメバルが釣れてくれた日だった。動き出せばメバルはなかなか止まらないので、とりあえず筆者の本命のアジが回ってくるまで海に通うモチベーションができた。

しかしミスに泣いた日でもある。ミスをするとテンションが下がる。メバル相手、と気を抜かないことだ。また根に潜られてその魚を引き出せないのも問題だった。個人的にPEライン0.3号で徹底的に小型根魚に負けたことははじめて。しかし「今年はどうやら少し違うようだ」という感触をシーズン序盤につかめたので、これからしっかりと対策し直したい。

メバルシーズン突入(提供:TSURINEWSライター井上海生)

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post大阪南港メバリングで22cm頭メバル6匹 堤防「キワ」のリトリーブで手中first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 勝地涼 ✕ 仲野太賀 主演舞台『いのち知らず』がCS衛星劇場にてテレビ初放送

    SPICE
  2. 堀ちえみ、がんを患って痛感したこと「真剣に悩まないのがコツ」

    Ameba News
  3. 「常識破り」の『どでかいみたらし団子』が復活!あの“ずっしり感”を味わおう【ローソン100】

    ウレぴあ総研
  4. 久里浜線が日中約20分間隔に 平日の品川発イブニング・ウィング号もパターン化 京急2022年春ダイヤ改正

    鉄道チャンネル
  5. 【ディズニー】入園・入学の必需品!“バッグ5点セット”などおしゃれな全34種「カラフル キャンディ スタイル」

    ウレぴあ総研
  6. 【ニトリ・Francfranc・無印良品・ダイソー】料理が映える!おしゃれで使いやすい「ランチョンマット」レビュー

    ウレぴあ総研
  7. 足元から爆風! 乗るだけで濡れた身体が乾く「全身用ドライヤー」を使ってみた

    価格.comマガジン
  8. ケリングが時計事業から一部撤退 「ジラール・ペルゴ」と「ユリス・ナルダン」を傘下のソーウインドの経営陣に売却

    SEVENTIE TWO
  9. 「アトモス」が「THE RAMPAGE」と「プーマ」とのトリプルコラボモデルを数量限定発売

    SEVENTIE TWO
  10. 「デリシャスパーティ♡プリキュア」プリキュアシリーズ初の見放題配信サービスでの見逃し配信が決定!

    WebNewtype