Yahoo! JAPAN

高校将棋 田村和さん、あす全国 男子個人戦で県代表に〈川崎市多摩区〉

タウンニュース

田村和さん、あす全国

県立大船高校2年で登戸在住の田村和さん=写真=が、7月31日から和歌山県で行われる全国高等学校将棋選手権大会に、男子個人戦の神奈川県代表として出場する。

田村さんは、5月の県予選で個人戦男子A級に出場。男子の部はA〜C級に分かれており、全国に進めるのはA級のトップ2人のみ。初出場ながらも2位となり、全国大会への切符を手にした。

将棋との出会いは5歳。クライミング好きの家族に連れられ、山やジムによく足を運んだが気が乗らず、偶然手にしたのがジムの休憩所にあった将棋セットだった。すぐ夢中になり、向かったのは子どもも集う都内の将棋会館。「数カ月立ち直れなかったほどボロボロに負けた」。力をつけるため、強い相手を求めて同会館や各地の将棋センターに通い、今では5段だ。「全国では結果よりも、いかにいい勝負ができるか。いい勝負ができれば負けても楽しい」。気持ちを込め、大舞台に臨む。

【関連記事】

おすすめの記事