Yahoo! JAPAN

新潟ランチの最前線! 2023年にオープンした話題のランチスポット7軒

Komachi

2023年も県内には個性豊かなお店がたくさんオープンしました。この記事では、2023年8月以降にオープンした話題の新店をご紹介します。

話題沸騰中!割烹内の肉料理専門店

早くもお肉好きの間で注目!ブランド牛・あがの姫牛を存分に満喫できる専門店が登場。

YUMERICO by 割烹やまよし|新潟市江南区

ステーキ丼(150g)2150円 | サラダ、スープ付き。120g(1850円)もあり、ご飯の量も調整できるなど、女性にうれしいサービスも。

力強いお肉のうま味を豪快なステーキ丼で

JR亀田駅前で40年以上の歴史を持つ「割烹 やまよし」内に、お肉料理の専門店が誕生した。

「お肉の質の良さを追求し、そのおいしさをしっかり味わってもらえるようにとことんこだわっています」と話すのは、このお店を手がける4代目・荒木嘉一さん。ブランド牛・あがの姫牛を贅沢に使ったステーキ丼、ローストビーフ丼、ハンバーグ定食の三本柱で、早くも多くのお肉好きを魅了している。

一口食べた瞬間、そのやわらかさに驚くはず。

ソースはお肉を焼くときに絡めて、最後の仕上げにもたっぷりと。

【Check Point】
あがの姫牛のおいしさを存分に引き出す仕込み&仕上げ
やわらかな肉質とまろやかな口当たり、強いうま味が特徴の「あがの姫牛」の内モモ肉を贅沢に使用。低温調理を施してから仕上げに焼き目をつけ、絶妙なレア加減で提供する。

ローストビーフ丼 1480円|とろけるようなやわらかさを満喫できる一品。黄身とソースを絡めて味わおう。

クロッフル 550円~|お店で手作りしたクロワッサン生地を使用。サクもち食感にぜひ注目してみて。

店内は広々としたつくりで、ファミリーの利用も多い。

店舗情報

店舗名: YUMERICO(ユメリコ) by 割烹やまよし
住所: 新潟市江南区東船場3-2-28 割烹やまよし内
TEL: 025-381-5057
営業時間: 11時~14時、17時~20時30分 ※日曜・祝日は20時まで(各30分前LO)
定休日: 月曜
席数: 22席
駐車場: 2台

美しく輝く海鮮丼に夢中!

丼が届いた瞬間に歓声が上がる、豪華できらびやかな海鮮丼たち。ちょっと贅沢したいときにぴったり。

海鮮飯処 みなとや|新潟市中央区

ビジュアルも味も秀逸!きらめく海鮮の宝石箱

寿司店や京料理店などで20年以上の経験を持つご主人が手がける、華やかな海鮮ばらちらしが看板。ご飯を埋め尽くす新鮮な魚介は、ネタの大きさがそろっているので食べやすく、一口食べるごとに複数の味わいが混ざり合い、絶妙なハーモニーを奏でる。ほか、1000円台のおトクなランチもあるので、合わせてチェック。

【Check Point】
丼に散りばめられた色とりどりの海鮮たち
イクラやブリ、カニなど12種ものネタが華やかに踊る。小さめにカットされ、食べやすいのもうれしい。

海鮮ばらちらし膳(2200円)| イクラやブリ、カニなど12種ものネタが華やかに踊る。小さめにカットされ、食べやすいのもうれしい。

店舗情報

店舗名: 海鮮飯処 みなとや
住所: 新潟市中央区住吉町2542-2
TEL: 025-378-0297
営業時間: 8時~20時※水曜は14時まで(20時以降は完全予約制)
定休日: 日曜、ほか不定休
席数: 12席
駐車場: 提携あり※3000円以上の飲食で60分無料

別亭 寺泊にほん海|新潟市中央区

グリーンパフェ(2500円)| 旬を感じられる日替わりのネタが美しく盛られた海鮮丼が主役。ランチには天ぷらやみそ汁が付く。

【Check Point】
メイドイン新潟にとことんこだわる!
「地産地消」をテーマに、寺泊港から届く新鮮な海の幸を贅沢に使用。ご飯も県産米を釜炊きに。

店舗情報

店舗名: 別亭 寺泊にほん海
住所: 新潟市中央区清五郎336 いくとぴあ食花内
TEL: 080-8024-6210
営業時間: 11時~(なくなり次第終了)
定休日: 火・水曜
席数: 27席
駐車場: 共有あり

日本一の称号を持つローストビーフを堪能

「お弁当・お惣菜大賞2020」の最優秀賞を受賞し話題を呼んだ、あのローストビーフ弁当の専門店が誕生!

おだいどころさくたろう|新発田市大手町

地元の食材をふんだんに使ったお肉を満喫できる一杯

新発田市の弁当店「北弁」で20年近く腕を磨いてきたご主人が独立。メニューには、県産米から笹川流れの塩や長岡市「越のむらさき」といった調味料まで新潟生まれのものを使っている。

看板のローストビーフ丼は、お皿一面を埋め尽くす美しいローストビーフを存分に楽しめる一品。ご飯300グラムと大ボリュームながら、さっぱりとした味わいのソースでどんどん箸が進み、気付けばあっという間に完食しているはず。しっとりやわらかなお肉を頬張って、おなかいっぱいになろう。

【Check Point】
しっとり食感を引き出すオーブンの低温調理が要
やわらかな肉質のモモ肉を、オーブンでじっくり低温調理して仕上げる。温かい状態で味わえるよう、盛り付け時にお皿やお肉をバーナーで温めてから提供するというこだわりも。

平日限定で、ローストビーフ丼&カレーライスのハーフセット(1500円)も提供。どちらも食べたい欲張りさんにぴったり。

子ども連れにうれしい小上がりが中心。奥には掘りごたつ席も。

店舗情報

店舗名: おだいどころさくたろう
住所: 新発田市大手町1-1-9
TEL: 0254-20-8686
営業時間: 11時~15時(14時30分LO)
定休日: 日・月曜、ほか不定休
席数: 20席
駐車場: 10台
備考: 夜は予約制のコースのみ営業(17時30分~)

ちょい飲みもOK!古町の人気食堂が新業態へ進化

健康的なごはんにファンが多い「かなで食堂」の跡地にスタンドが誕生。お酒もそろい、より幅広い使い方ができるように!

かなでスタンド|新潟市中央区

豚汁セット(900円)| 新鮮な野菜と豚肉がゴロゴロ入った豚汁は食べ応えも抜群。季節の食材を取り入れた3種の小鉢もうれしい。

多彩なシーンで利用したい健康に寄り添うごはん

古町エリアの人情横丁にあった「かなで食堂」の移転に伴い、その跡地に新たな業態のスタンドがオープン。良質な素材にこだわった「からだとこころがよろこぶごはん」を、ランチでも立ち飲みでも気軽に味わえるようになった。定食のほか、一品料理やお酒も豊富に用意しているので、おいしくてヘルシーなごはんを幅広い使い方で楽しめそう。

【Check Point】
旬を感じられる新鮮食材をふんだんに
体に優しい素材にとことんこだわり、定番のカレーや豚汁にも旬の野菜を積極的に取り入れている。

オーダー率の高いシュウマイ(2個550円)。ぜひビールとご一緒に。

店内にはカウンターのほか、立ち飲みできる丸テーブルも。

ハイセンスなショップが手がける体が喜ぶおかゆランチ

「S.H.S鳥屋野」のカフェが提供する体に優しいランチが、健康になりたい女性たちの間で話題!

Cafe S.H.S|新潟市中央区

心も体も元気になれるヘルシーランチでリフレッシュ

インテリアショップ「S.H.S鳥屋野」が手がける、健康と笑顔のためのカフェ。体に優しい食材と味付けにこだわっており、ランチには干し貝柱の中華がゆランチを提供する。

ほか、デーツミルクや十日町市松之山産のトゥルシーなどを使ったドリンクやスイーツも充実。グリーンが映えるナチュラルな空間で、ホッと安らぐひとときを過ごして。

【Check Point】
体をととのえてくれる中華がゆ&副菜たち
ランチには越乃黄金豚の角煮やきんぴら、季節の副菜などが付き、栄養面も手厚くサポートする。

食後には、なめらかチーズケーキ(600円)とトゥルシー(550円)を。

インテリアコーディネーターが提案する、明るく開放的な空間。

店舗情報

店舗名: Cafe S.H.S(エス エイチ エス)
住所: 新潟市中央区女池南3-5-1 S.H.S鳥屋野内
TEL: 025-290-8220
営業時間: 11時30分~17時(16時30分LO)
定休日: 水・金曜
席数: 15席
駐車場: 共有あり

お米のおいしさを提案!薪焼き創作フレンチ

昨秋、「お米が主役のレストラン」としてオープン!ガストロノミーを尽くした独創的な料理たちを、じっくりと堪能して。

murir|糸魚川市

ランチコース(3300円)| 自社のお米を、フレンチの技術をベースに新しい形で提供。五感で楽しめる料理たちに酔いしれて。

デザートの洋菓子にもお米を使用。

【Check Point】
旬の地場食材とおいしいお米の競演
海の幸からジビエまで、多彩な食材とお米を巧みに組み合わせて独創的な味わいで楽しませてくれる。

おいしいお米を育む広大な水田に囲まれ、四季折々の自然を眺めながら食事ができる。

店舗情報

店舗名: murir(ミュリール)
住所: 糸魚川市東海79-1
TEL: 080-2679-4399
営業時間: 12時~13時30分(金~日曜のみ)、18時~21時30分
定休日: 火・水曜
席数: 16席
駐車場: 10台
備考: 2営業日前までに要予約。Instagram(@murir_niigata)

※掲載情報は2024年3月13日時点のものです。都合により、営業時間や定休日が変更になる場合がございます。また、時季により掲載メニューの提供がない場合もございます。おでかけの際は、SNSやホームページ、または直接店舗にご確認ください。

(文/Komachi編集部 山崎)

【関連記事】

おすすめの記事