Yahoo! JAPAN

カキフライと野菜のタルタルソースレシピ!絶品付け合せマリネも

VEGEDAY

取り入れやすい定番料理とアレンジ料理に定評のある、ぬまたあづみさん。フードコーディネートも手掛けるぬまたさんに、冬の時期においしいカキフライに合わせる野菜のタルタルソースと、付け合わせレシピを紹介していただきました!

紫タマネギとマッシュルームのタルタルソース

生のまま加えるマッシュルームは香りが豊か。サクサクとした食感も楽しいタルタルソースです。パルメザンチーズの香りが効いた濃厚ソースは、白ワインはもちろん赤ワインにもぴったり!

材料(2人分)

紫タマネギ:1/8個

マッシュルーム:2個

マヨネーズ:大さじ4

パルメザンチーズ:小さじ2

塩・こしょう:少々

カキフライ(※):6~8個

レモン・イタリアンパセリ:適量

カキフライをご自宅で作る場合は、画像下の枠内を参照ください。

作り方

紫タマネギは約3cmの長さのスライスにする。マッシュルームは縦半分に切ってスライスする。

ボウルに1とマヨネーズ、パルメザンチーズを入れてさっくりと混ぜ合わせ、塩・こしょうで味を調える。

カキフライを器に盛り2を添える。レモンを添えてみじん切りにしたイタリアンパセリを散らす。

memo

・マッシュルームはホワイトでもブラウンでもお好みで。レシピではスライスにしましたが、みじん切りにすると違った食感が楽しめます。
・マッシュルームは変色しやすいので、マヨネーズとあえる直前に切ります。

カキフライの作り方(2人前)

材料はいずれも分量外

1. 水を張ったボウルにカキ6~8個を入れてさっと洗い、キッチンペーパーでしっかりと水気をふき取る。
2. ボウルに卵1個を割りほぐし、水小さじ2と薄力粉大さじ4を加え、ダマが残らないようよく混ぜる。
3. 1に薄力粉を薄くまぶして2にくぐらせ、パン粉をつける。
4. 175~180℃くらいに熱した油に入れ、1~2分くらい揚げる。

<おいしく仕上げるコツ>
・カキの水気はしっかりとふき取りましょう。
・一度にたくさん入れると揚げ油の温度が下がるので、3~4個ずつ揚げます。

菜の花と卵のタルタルソース

ほろ苦い菜の花を、茹で卵とマヨネーズであえてまろやかに仕上げました。ザクザク刻んだ菜の花が入った具だくさんのタルタルソースです。サラダ感覚で旬のカキフライにたっぷり添えて召し上がれ!

材料(2人分)

菜の花:1/4束(約50g)

茹で卵:1個

マヨネーズ:大さじ4

塩・こしょう:少々

カキフライ:適量

レモン・イタリアンパセリ:適量

作り方

菜の花は茎と葉に分け、塩を加えた熱湯で硬めに茹でる。冷水にとって水気をしっかりと切り、約1cmのざく切りにする。茹で卵は粗みじんに切りにする。

ボウルに1とマヨネーズを入れてさっくりと混ぜ合わせ、塩・こしょうで味を調える。

カキフライを器に盛り2を添える。レモンを添えてみじん切りにしたイタリアンパセリを散らす。

memo

・菜の花は食感が残るくらい硬めに茹でるのが◎(中火で30秒くらいが目安)。
・水気をしっかり絞ることで味がぼやけるのを防ぎます。
・お好みでブラックペッパーを加えてもOK。

<付け合わせ>キャベツの粒マスタードマリネ

冬に甘みが増すキャベツを、粒マスタードと酢でさっぱりと仕上げました。電子レンジで温めてしんなりとさせるので、千切りキャベツよりたっぷりいただけます!濃厚な風味のカキフライと一緒にどうぞ。

材料(2人分)

キャベツ:1/4個(約300g)

[A]

粒マスタード:大さじ1

酢:小さじ2

塩:ふたつまみ

砂糖:小さじ1/4

作り方

キャベツはひと口大に手でちぎる。

1を耐熱皿にのせてふんわりとラップをかけ、電子レンジ500Wで約2分30秒加熱する。

2にAを加え、さっくりと混ぜ合わせる。

memo

・キャベツは包丁で切るより、手でちぎるほうが味のなじみが良くなります。
・ホットサラダはもちろん、冷やして常備菜としても楽しめます。

最後に

野菜を加えたタルタルソースとキャベツのマリネで、カキフライをおいしく食べてください。

<!--ぬまたあづみさんプロフィール-->

ぬまたあづみ/Azumi Numata

株式会社こさえる代表/フードコーディネーター

大学卒業後、栗原はるみ「ゆとりの空間」入社。その後、フードコーディネータースクール、料理研究家のアシスタントなどを経て2007年に独立。
現在は料理雑誌・書籍・web・テレビ等でレシピ提案をするほか、広告のフードコーディネート・スタイリング、映画やドラマの監修・撮影、飲食店のフードコンサルティングなどを行う。身近な材料と普段使いの調味料にプラスするアイデアで、簡単かつおいしい料理を作ることがモットー。素材の持ち味を最大限に活かす料理を日々研究中。
Instagram

<!--/ぬまたあづみさんプロフィール-->

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

ビタミンCやビタミンK、葉酸などを多く含む、アブラナ科の野菜。原産はヨーロッパで、日本で広く食べられるようになったのは明治時代からです。

最終更新:2022.04.09

文・写真:ぬまたあづみ
監修:ぬまたあづみ、カゴメ

【関連記事】

おすすめの記事