Yahoo! JAPAN

【悲報】調子に乗ったペヤング、「超超超大盛GIGAMAX 納豆キムチ味」とかいうヤバそうな新作を発売へ / もちろん納豆入り

ロケットニュース24

ペヤングの勢いが止まらない──。本来ならば劇薬中の劇薬であるはずの「超超超大盛GIGAMAX」シリーズ新作を、なぜかここのところ やたらと連発しているのだ。つい先日出た『ガーリックパワー』に続いて、今度はなんと納豆キムチである。納豆に加えてキムチまで……!

来たる2020年8月4日よりセブンイレブンで先行発売される『ペヤング超超超大盛GIGAMAX 納豆キムチ味(税抜408円)』は、「まるか食品」によると風味豊かな味わいの納豆と、濃厚なキムチソースを使用した旨味たっぷりの商品になるとのこと。言いたいことは尽きないが、とりあえずニオイが超ヤバそうなことだけは確かだ。

・早々に新作

ペヤングと納豆。一見すると「それはナシでしょ」な組み合わせの両者だが、実は2017年に『ソース焼きそば納豆プラス』という商品が発売されていることをご存じだろうか? そうです、ペヤングさん。けっこう前にすでにやらかしていました。

・ヤバイ予感

しかし今回は、当時よりさらに大変なことになるに違いない。ただでさえ強烈な納豆に加え、今度はそこにキムチという強力な刺客まで投入されているどころか、それがまさかの「超超超大盛GIGAMAX」である。怒涛の1875kcal分である。部屋の中どうなっちゃうんだよ。

個人的にキムチ納豆は好きだが、それはあくまで少量の時の話。「超超超大盛GIGAMAX」なんてことはまったく想定していないのだ。むせ返るようなナトキムスメルに、我々はついていくことができるのだろうか? 心配である。

・安心の具入り

もちろんニオイだけではないぞ。先述した『ソース焼きそば納豆プラス』には “かやく” として乾燥ひきわり納豆が入っていたが、公式サイトを見てみると、今回も納豆とキャベツが “かやく” として原材料にクレジットされている。おそらく大量に封入されているはずだ。これには納豆ファン歓喜。

ところで話は変わるが、当サイトでよくペヤングの実食レポを執筆している編集部のサンジュンは、大の納豆嫌いとしても有名である。いつもはふざけているのに、納豆の話となると割と本気でキレる男が、果たしてこの商品に手を出すのかどうか。彼のペヤング愛にも併せてご注目いただきたい。

・期待と不安

劇薬「超超超大盛GIGAMAX」シリーズをやたらと連発したがるペヤング。おそらくヤツは今、激しく調子に乗っている。GIGAMAX調子に乗っている。それだけ同シリーズが絶好調ということだろう。来たる『キムチ納豆味』、味の方も絶好調だといいのだが。

参照元:ペヤング超超超大盛GIGAMAX 納豆キムチ味
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 小野大輔、TOKYO FM新番組『Delightful Days』が10月3日スタート 喜びのコメントが到着

    SPICE
  2. 「A3の持ち手付きケース」が300円!! 家の整理にも便利そう。

    東京バーゲンマニア
  3. Chelmico、「どうやら、私は」ミュージックビデオが完成

    SPICE
  4. 【9月21日プロ野球公示】阪神が浜地真澄と中田賢一抹消、岩田稔とエドワーズを登録、DeNAは京山将弥を登録

    SPAIA
  5. ハナコ岡部大が朝ドラ「エール」で評価急上昇!ライバルは“共通点だらけ”のハライチ澤部佑

    日刊ゲンダイDIGITAL
  6. 大森隆志さんが明かす「サザン時代の自分は地上2m上をフワフワ浮いていた」【ロフト創業者が見たライブハウス50年】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 草刈正雄さん コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔のないよう思いを伝えたい」【#コロナとどう暮らす】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助「半沢直樹」での躍進が追い風に

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. Gカップのきれいなお姉さんフミカを直撃「今ではTバックが一軍ショーツです!」

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 小野大輔・鈴村健一・森久保祥太郎・寺島拓篤ら15組が出演 『おれサマー』ライブ速報写真&セットリストが到着!

    SPICE