Yahoo! JAPAN

北海道・十勝にキャンピングカーを使った宿泊施設が開業 小山薫堂のオレンジ・アンド・パートナーズらがマネジメント

SEVENTIE

Moving Inn(本社:北海道、代表:藤崎孝行)は、北海道・十勝に位置する広尾郡大樹町に新たな宿泊施設「Moving Inn TOKACHI 光地園(ムービング イン トカチ コウチエン)」を9月に開業する。同社は、放送作家で脚本家の小山薫堂が代表を務めるオレンジ・アンド・パートナーズとランドクルーザーやハイエースの専門販売店を展開するFLEXが設立した会社だ。

「Moving Inn TOKACHI 光地園」は、日高山脈襟裳国定公園を上流域に持つ清流沿いの宿泊施設で、約66000平方メートルもの原生林のなかに4つのキャンプ区画があるのみだ。宿泊者は、トレーラーハウスやキャンピングカーにそれぞれ宿泊しながら、各区画に併設されたトレーラーハウス型の薪式サウナや、北海道出身の料理家の森枝幹がメニュー監修した地元の野生食材の創作料理など、自然と共生し繋がりを楽しむための各種アクティビティサービスを楽しむことができる。

トレーラーハウスを客室とした「グランドスイート」は、ベッドやシャワー、トイレ、キッチンを完備しており、全部屋には薪式サウナや露天風呂、アウトドアキッチン、ファイヤープレイスが併設されている。「ネイチャースイート」は、レンタルしたキャンピングカーを区画内に設置されたデッキにコネクトして宿泊するもので、オプションでテント泊も可能だ。

宿泊予約は、「Moving Inn」オフィシャルサイトや各種宿泊予約サイトにて2022年夏から販売を開始する予定だ。宿泊料金は1泊1部屋で約50000円から120000円の価格帯を予定している。

【関連記事】

おすすめの記事