Yahoo! JAPAN

菅田将暉、沢田研二の演技に「志村さんを感じた」。映画『キネマの神様』完成披露試写会舞台挨拶

動画ニュース「フィールドキャスター」

菅田将暉、沢田研二の演技に「志村さんを感じた」。映画『キネマの神様』完成披露試写会舞台挨拶

6月28日、丸の内ピカデリーでおこなわれた、映画『キネマの神様』完成披露試写会舞台挨拶に、菅田将暉さん、永野芽郁さん、 野田洋次郎さん、北川景子さん、寺島しのぶさん、宮本信子さん、前田旺志郎さん、そして山田洋次監督が登壇しました。

幾度もの困難を乗り越えて、 クランクインから約1年半経ったいま、ついに観客へお披露目となったことへの熱い想いが明かされ、映画への強い愛に満ちた舞台挨拶となりました。映画は8月6日公開です。 この映画は、1950 年代ごろの日本映画の黄金期と現代を舞台に、夢を追いかけ、夢に挫折しながらも“映画の神様”を信じ続けた主人公・ゴウが時代を超えて織り成す“夢”と“愛”と“奇跡”に満ちた感動の物語が描かれています。

様々な困難に直面した完成までの日々を振り返りながら山田監督は、「一時はどうしようかと思い呆然としていましたが、沢田研二さんがピンチヒッターとして志村さんとは全く違うゴウを演じてくれました。大変な出来事を経て完成した作品となりますので、亡き志村さんを思い出しながら観ていただきたいです」と強い思いと絆によって完成された映画を観客のもとへ届けられることの喜びを語りました。

菅田さんは、「山田監督が新しく書き直した脚本を読んだ時、新しいパワーを感じました。沢田研二さんの演技はどこかでぼくは勝手に志村さんを感じたというか。確実にいろんなものが残っていて、ほかの作品にはない映画になっていると思います」と、自身にとっても特別な作品となったことを明かしました。

数々の困難を乗り越えて人の絆が繋がれて完成されたこの映画の撮影は、北川さんにとっても特別に心に刻まれたものになったといい、北川さんは「実は本作の撮影中に子供を授かっていまして、一番に監督にご報告をさせていただいた時に『いいお母さんになってくださいね』と声をかけてくださって、嬉しくて涙が出てしまいました」と、撮影での忘れがたいエピソードを話しました。

永野さんは 山田監督からの意外な挨拶があったといい、「撮影の日の朝に『How are you?』と聞いてくださったことです(笑)。山田監督の英語を聞けた!という嬉しさと驚きがありました」と、この映画で描かれる映画撮影所のように、家族のような温かさで撮影が行われていたことを感じる話でした。

山田監督は最後に、「映画館というのは、大勢の観客が笑いあって観るものだと思いますので、満員の映画館でこの作品を観ていただけるような状態であることを願っております」と映画界への想いを語り、菅田さんは「俳優としての財産となった映画がもう少しで公開されることが嬉しいです。期待に応えられる作品となっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします」とメッセージを送りました。


【関連記事】

おすすめの記事