Yahoo! JAPAN

犬が飼い主に『カワイイ仕草』をする4つの理由

わんちゃんホンポ

1.甘えている、スキンシップを求めている

飼い主さんが座っている時などに横にくっついてきたり、飼い主さんの体にあごを乗せたりといったカワイイ仕草を見せる時は飼い主さんに甘えているのかもしれません。

大好きな飼い主さんに甘えて、なでてもらったり構ってもらったりしたいという気持ちのあらわれだと思います。

愛犬のカワイイ仕草を見ると、ついつい笑顔になってしまいますし、自然と手を伸ばして頭や体をなでることも多いと思います。

犬はどういう仕草や行動をすると、飼い主さんが笑顔になるか、構ってくれるかということをとてもよく観察しています。そのため、スキンシップを求めている時や甘えたい気分の時に、飼い主さんにカワイイと思ってもらえるような仕草を見せることが多くあるのです。

2.好きな気持ちを伝える愛情表現

飼い主さんのことを上目遣いでジーッと見つめている時や、体を密着させてきた時などは、「大好きだよ!」という気持ちを伝えようとしていることも考えられます。飼い主さんの手や口まわりをペロペロとなめてくるのも、愛情表現のひとつだとされています。

愛情表現として飼い主さんにカワイイ仕草を見せている時は、飼い主さんからもなでたり優しく声掛けをしたりして気持ちを伝え返してあげると犬は喜ぶでしょう。

3.伝えたいことや要求がある

愛犬のカワイイ仕草を見ると、思わずなでたり、食べているおやつをおすそわけしてしまったりすることはありませんか?賢い犬たちは、それを覚えていておやつをもらうなど自分の望みを叶えるために、カワイイ仕草をして見せることがあるのです。

犬はどうすれば遊んでもらえるか、どうすればおいしいものがもらえるかということを常々考えています。そして、食事中や料理を作っている飼い主さんのことをウルウルとした瞳で見つめたり、座って可愛らしく首をかしげてみたりとさまざまな仕草を試してみることがあります。

そこで欲しいものがもらえた「成功体験」を覚えていて、伝えたい要求がある時に同じ仕草をしてみせるのでしょう。

4.病気や怪我などが隠れていることも…

犬がいつもは見せないようなおもしろい行動や可愛らしい仕草をしている時、実はそこにトラブルが隠れていることもあるので注意しましょう。

例えば、自分の顔をなでて洗うような仕草をしている時には、目や耳に痛みやかゆみが生じているということがあります。また、おしりをフリフリとしながら歩いている様子は可愛らしいものですが、それは股関節の異常が原因の場合も少なくないでしょう。

その他にも、前足を伸ばしてお尻をあげるおじぎのようなポーズをしている時は腹痛を起こしている場合もありますし、前足をなめている時にはストレスを感じている場合もあります。

普段はあまり見かけない行動や仕草をしている時には、体にトラブルが起きていないか念のためチェックしてあげることも大切です。

まとめ

愛犬のカワイイ仕草を見ると、思わず微笑んだりなでてあげたくなったりしますよね。そうしてスキンシップを取っている時、飼い主さんも犬もとても幸せな気分になることでしょう。

犬はそれを求めてカワイイ仕草を見せることもありますし、単純に「大好きだよ♡」という気持ちを伝えるための愛情表現としてしていることもあります。

さらには、カワイイ仕草を見せることで要求を通そうとする賢い犬もいるので、愛犬がワガママになりすぎないように対応に注意しましょう。

また、カワイイ仕草やおもしろい行動だと微笑ましく思っていたものが、病気の症状や怪我によるものである可能性もあります。

頻繁に見られる場合や他に様子がおかしいと感じることがある場合は、スキンシップを取りながら健康チェックもしてみてあげてください。

【関連記事】

おすすめの記事