Yahoo! JAPAN

年収1000万円超だけど激務「月100時間残業は当たり前」「夜中でもトラブル対応。土日でも市内から出られない」

キャリコネニュース

高収入なら残業は当たり前?

ある程度稼いでいる人であっても「給料に見合う仕事量なのか」と疑問を抱くこともあるだろう。神奈川県の40代男性(不動産・建設系)は、「年収1000万円を稼ぐ、ただのサラリーマンです。月の残業は30時間くらいでしょうか」という。

一方、年収1000万円を得る大阪府の50代男性は「家にあまり帰れません」という。今回は年収1000万円以上を稼いでいるが、それなりにハードワークというビジネスパーソンの声を紹介する。(文:鹿賀大資)

「会社のシフトに振り回される日々。お酒でストレス解消」


愛知県の30代男性は、シフト制のサービス系企業で年収2400万円を得ている。現在は海外に単身赴任中だ。毎週金曜日に翌週のシフトを伝えられ、それに沿って進めていくワークスタイルを続けている。収入に関しては満足するも、

「会社のシフトに振り回される日々。オフの日は、お酒を飲むのがストレス解消になっている。コロナの影響で家族に会えなくなってしまった」

と嘆く。

不動産・建設系の会社に勤務する長野県の40代男性は年収1100万円。勤務状況について「月100時間前後の残業は当たり前」といい、「実際はタイムカードを調整している」とサービス残業をしているようだ。現在の収入に対しては、

「年収1000万を超えても、税金でほぼ半分近くが引かれる。パートナーにも働いてもらわないと貯蓄は出来ない状況」

と述べている。

岐阜県の40代男性は「去年、年収1000万円を超えました」と綴る。日常は「5時に起床し、6時には家を出ます。帰宅は20~23時の間です」という。また会社専用のスマホを持たされており、夜中であってもトラブルに対応しなければならない。土日も緊急で呼び出されることがあるため「市内から出られません」とこぼす。

「休みは月2日ほどで、土日もつぶれる。好きでやっているから仕方ないけど」

一方、コンサル系の会社で年収1200万円を得る福岡県の40代男性は「専門職のため働き方は比較的に自由です」という。土日に仕事をすることもあるが、在宅ワークが可能なため「好きな時間に自分のペースで進められます」とのことだ。なお「ストレスや疲労感はありません」とコメントしている。

ほかには、

「年収は1200万円程度。休みは月2日ほどで、土日もつぶれる。好きでやっているから仕方ないけど」(30代男性/東京都サービス系)
「極めて忙しいです。でも好きな仕事を、好きなだけ出来るので満足しています」(30代男性/千葉県流通・小売系/年収1200万円)

といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「年収1000万円以上で激務の人」や【読者投稿】世帯年収400~600万円台のリアルに関するアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事