Yahoo! JAPAN

コーヒーの香りでまちを元気に 上越市本町2に「まめつぶ珈琲焙煎所」オープン

上越タウンジャーナル

香りでまちを元気に――。そんなコンセプトでコーヒー豆を焙煎、販売する「まめつぶ珈琲焙煎所」が2022年1月26日、新潟県上越市本町2の町家にプレオープンする。香ばしい香りを雁木通りに漂わせ、所長の池田靖弘さん(49)は「コーヒーで人と人とをつなぎ、交流を生み出す場にしたい」と語る。

店内で焙煎したコーヒー豆のほか、フィルターなどの道具も販売

昨年11月にオープンした設計事務所のオフィスやコワーキングスペースが入る複合施設「高田町家こめつぶ」の1階に開設された。こめつぶを経営する小林拓也さん(39)が、人が集まる場所にするため、周辺にパン店も多いことからコーヒー豆の販売を計画。共通の知人を介して山梨県でカフェを運営していた池田さんに声を掛けた。

空き町家を改修した「高田町家こめつぶ」

上越を訪れたこともなかった池田さんだが、話を受けて昨年初めて高田を訪れ、「古い町並みや店が残る町の雰囲気が気に入った」と、焙煎所の運営を快諾。昨年11月に上越に移住した。

店内では豆の販売のみでイートインは対応していないが、試飲の提供は行う。豆の種類はマンデリン、キリマンジャロ・キボー、シグリ農園、バリ神山のデカフェの4種類を用意し、随時入れ替えていく予定。粗びきなど客の好みのひき方に応じるほか、豆のままでも販売する。試飲はエスプレッソやカフェオレなど豆の種類に合う形で行い、飲み方の提案もするという。

店内に設置された待ち時間用のベンチ

池田さんの意向で、焙煎機のあるカウンターはできる限り入り口に近づけた。池田さんは「通りを歩く人と会話ができる距離にしたかった。用事がなくても気軽に立ち寄ってほしい」と話している。

営業は午前9時から午後6時まで。日、月曜定休。プレオープン記念キャンペーンとして2月5日まで、先着20人に購入量の20%分増量サービスを実施する。本格オープンは3月26日で、2月上旬に開設予定のこめつぶのホームページでは、コーヒー豆のネット販売も行うほか、店内でのワークショップや朝市への出店なども計画しているという。電話025-520-8293。インスタグラムはこちら。

ぎりぎりまで入り口に近づけたカウンター。焙煎機の煙突は雁木通りにつながっており、香ばしい香りを放つ

情報発信の場を目指し、通り土間には掲示板を設置

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 目の前に蝦夷富士の絶景!車いすでも安心して利用できるバリアフリーなキャンプ場(真狩村)

    北海道Likers
  2. かやちゃん、食べて遊んで大満足!人気上昇率1位の“住みたい街”を徹底調査

    フジテレビュー!!
  3. 金のキョロちゃん大盤振る舞い。小枝やDARSも「当たり」付きに!?

    東京バーゲンマニア
  4. フリースタイルピアニスト・けいちゃん、初のオフィシャル楽譜集が発売

    SPICE
  5. 【動画】剣心と志々雄が激突!ミュージカル『るろうに剣心 京都編』公開ゲネプロ

    エンタステージ
  6. キャンドゥが激かわ!話題のチューリップ柄アイテム4選

    たまひよONLINE
  7. いつの間にイメチェンしたの? 財布の中の千円札が「散髪ビフォーアフター」みたいになってた件

    Jタウンネット
  8. 【大阪】なんばウォークで「謎解きイベント」が2年ぶりに開催

    PrettyOnline
  9. ヒプノシスマイク 2nd アルバム 『CROSS A LINE』 描き下ろしキービジュアル&ジャケ写&収録内容詳細公開

    SPICE
  10. アニメ『パリピ孔明』オープニングテーマ「チキチキバンバン」 3D Virtual 英子による「完璧に踊ってみた!」動画公開 フルサイズ公開予定も

    SPICE