Yahoo! JAPAN

ブルックリン・ベッカム、「愛する人」ニコラと独版『VOGUE』に登場

Techinsight

独版『VOGUE』に掲載されたブルックリン&ニコラの写真(画像は『Victoria Beckham 2020年4月7日付Instagram「@brooklynbeckham and @nicolaannepeltz for the April issue of @voguegermany」』のスクリーンショット)

ベッカム家の長男ブルックリンとその婚約者で米女優の二コラ・ペルツの写真が、独版『VOGUE』4月号に掲載された。ニコラは将来の義母となるヴィクトリア・ベッカムのブランドの服を着用、写真撮影はブルックリン自身が担当した。ブルックリンは同誌の「愛する人の姿を写真にする」プロジェクトのために撮影したニコラの美しい写真も公開している。

ヴィクトリア・ベッカム(46)が現地時間7日、自身のInstagramに長男ブルックリン・ベッカム(22)とその婚約者ニコラ・ペルツ(26)のツーショットを公開した。写真は独版『VOGUE』4月号に掲載するために撮影されたものだ。

ブルックリンは上半身裸で、「freedom to dream」とプリントされたベースボールキャップを後ろ向きに被っている。左手に抱えた「キヤノン」のカメラファインダーを覗き込み、手前に座るニコラの腹部に片手を置いた姿だ。ニコラは白いTシャツとワイドレッグのジーンズをはき、後ろに座るブルックリンの肩に左腕を回している。

この写真にヴィクトリアは「独版『VOGUE』4月号に掲載されるブルックリンとニコラ。衣装は『ヴィクトリア・ベッカム』の2021春夏コレクション。撮影はブルックリン!」と言葉を添えた。

ヴィクトリアの投稿に、ニコラはさっそく「とても楽しい仕事だったわ」とコメント。フォロワーからは「とてもゴージャス!」「圧倒的な美しさ」「素晴らしいスタイルと写真、ファッションだね!」と絶賛する声が続々と寄せられた。

ブルックリンは同日、自身のInstagramで同誌のために撮影したニコラの写真を4枚公開している。投稿には「僕の美しい婚約者を、独版『VOGUE』のために撮影している。服は『ヴィクトリア・ベッカム』の2021年春夏コレクション」と記した。

写真ではニコラがヴィクトリアのブランドによる黒やパープル、レオパード柄などのドレスを着て様々なポーズを取っているが、こちらにもフォロワーから「綺麗だわ!」「美しい女性を写した、素晴らしい写真ね」と称賛する言葉が見受けられた。

なお今回の写真は同誌が数人のデザイナーやクリエイターに向けて行った「愛する人の姿を写真で表現する」というプロジェクトの一環で、現地時間6日発売の4月号に掲載されている。

写真家として活動するブルックリンは、ニコラが出演する最新映画『Lola James(原題)』の写真撮影を担当する予定だ。同作はニコラが脚本と共同監督も務めているが、撮影現場でブルックリンは静止画を撮ることに専念するという。

ブルックリンはニューヨークのパーソンズ美術大学(Parsons School of Design)でフォトグラフィーを学んだ後、1年間のインターンシップに参加した。2017年には写真集『What I See』を出版、2018年に英国に帰国後、翌年には伝説の写真家ランキン氏のもとでインターンとして働いた。

画像は『Victoria Beckham 2020年4月7日付Instagram「@brooklynbeckham and @nicolaannepeltz for the April issue of @voguegermany」』『brooklynbeckham 2021年4月7日付Instagram「Shooting my beautiful fiancé for @voguegermany in @victoriabeckham spring summer 2021 collection」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

【関連記事】

おすすめの記事