Yahoo! JAPAN

シュートチャンスを作り出す7つの第2ポストプレー戦術とは!?【ダイヤモンドオフェンス/サッカー】

ラブすぽ

シュートチャンスを作り出す7つの第2ポストプレー戦術とは!?【ダイヤモンドオフェンス/サッカー】

ポスト5つのプレーオプション

ハーフスペースでポストに入る選手にはつのプレーオプションがある。ポストの選手をマークする相手CBのポストプレーに対するリアクション(マークする位置)によって、ポストの選手が瞬時にプレーを選択する。

1 壁パス
2 ポストのターン
3 パラレラの動き
4 ダブル壁パス
5 3人目の動き

第2ポストプレー

第2ポストプレーは、CFとボール保持者3人目の動きをする選手がプレーをすることだ。ボール保持者であるWGは、第1ポストのOMFとの壁パス、もしくはポストプレーフェイクの後、シュートをするスペースが前方にない場合に、CFとプレーをする。第2ポストのCFにも「5ストつのポプレーオプション」を使う。

WGは、OMFとの壁パスの後、内側へコンドゥクシオンし、CFとポストプレーをする。CFはWGへパスを戻すか、もしくは3人目の動きで相手CBの背後を取るOMFへパス。

●壁パスか、3人目の動き
第1ポストのスプリット1のようにWGはCFへパス。CFはWGと壁パス、もしくは相手の背後のスペースへ移動するOMF(3人目の動き)へパス。相手のリアクションによって、CFはプレーを選択する。

●ポストのターン
相手CBがポストに密着して背後からマークをする場合は、ボールを受けたらターンをして、パスやシュートを狙う。

CFをマークしている相手CBが、WGからCFへのパスをインターセプトしようと前に出るそぶりを見せたら、CFはオフサイドにならないように注意し、相手CBがボールウォッチャーになった瞬間、相手の背後からパラレラの動きでボールを受けてシュート。

●第1ポストプレーフェイク後のパラレラの動き
OMFを相手CBがマーク。WGは、内側へコンドゥクシオン、CFは相手CBの背後からパラレラの動きでパスを受ける。

●ダブル壁パス
WGはOMFとの壁パスの後、内側へコンドゥクシオンをしてCFと壁パス。CFをマークしていた相手CBがWGへプレッシャーをかけたので、CFがフリーになりWGはCFへパス。

●第2ポストプレーフェイク
ボールを内側のスペースへ運ぶWGは、相手CBの背後へ移動するポストのCFにはパスをせず、コンドゥクシオンを継続する。次は第3ポストの左WGとプレーをする。もしくはWGの前方にスペースがあればシュートを狙う

前方にWGがシュートをするスペースがない場合、逆サイドの左WGとプレーする。左WGはペナルティ角から横に移動し、ボール保持者(WG)とプレーする。

『ダイヤモンドオフェンス サッカーの新常識 ポジショナルプレー実践法』著/坂本圭

【関連記事】

おすすめの記事