Yahoo! JAPAN

356スピードスターとハネムーンの思い出

ClassicPORSCHE.jp

ポルシェ356スピードスターをドライブして、ハネムーンでスペインへ行く…最高にロマンチックな話だが、現実はそう甘くはなかった。結婚50年を迎えたデルウィン・マレットが思い出を語る。

わが家の"アーカイブ"という名のガラクタの山の中から、何の理由もなく、だがタイムリーに、忘れていた思い出を呼び覚ます宝物が見つかった。私はまったく別の品物を探していたのだが、それが見つからなかった代わりに、ここに掲載した1枚の古びた写真が出てきたのである。新妻のキャロルと私がスピードスターでハネムーンに出発するところだ。1969年7月12日、これを執筆している今から、ほぼきっかり50年前のことである。
 
目的地はスペイン北東部コスタ・ブラバのレスタルティットだった。美しい海岸線が続くあの一帯は、今では巨大リゾート地と化しているが、まだ観光ブームや開発で変わってしまう前の話だ。レスタルティットは小さな漁村に過ぎず、高層マンションもなく、ホテルが数軒あるだけだった。牧歌的といえば誇張になるけれど、比較的昔の姿を留めた魅力的な場所だった。
 
スピードスターは2、3カ月前に購入したばかりだった。私の最初のポルシェである356Aクーペを売って、それを元手に手に入れた"夢のクルマ"だ。短期間は2台とも手元にあった。クーペのエンジンはパワフルなスーパー75だが、スピードスターは"ノーマル"だったので、私は売却前に2台のエンジンを交換した。マッチングナンバーがうるさく取り沙汰されるようになるのは、ずっとあとのことだ。このスピードスターはエンジンの換装を重ねて、今や何と4基目である。
 
旅の準備は簡単なものだった。工具をいくつかトランクに放り込み、サイドウィンドウがないので、夜間のささやかな盗難対策としてキャンバスカバーを積み込んだ。あとで考え直し、小型のテントも付け加えた(12年落ちのスポーツカーに対する信頼の欠如がうかがえる)。どちらも、私たちが遭遇した最初の"緊急事態"で出番が回ってくる。
 
フランスで初日が終わる頃、あるパターンが現れ始めた。恥ずかしながら、それは今日に至るまで変わっていない。妻のキャロルは、最初の夜を過ごす宿を早めに見つけようと言ったが、私は先を急ぎたかった。キャロルの予想は的中し、あとになって、どの宿にも空室がないことが分かった。辺りはみるみるうちに暗くなり、ヘッドライトまで陰り始めた。ついに前の町と次の町の双方から何マイルも離れた地点で、スピードスターのバッテリーはコイルにエネルギーを供給するのをやめてしまった。私は惰性を利用して何とか道端の草地にクルマを止めた。しばらく車内を静寂が包んだ。聞こえるのは冷えていくエンジンの不規則な金属音と、キャロルのかすかなすすり泣きだけ…。
 

ハネムーンのスタートとしてはひどいものだが、事態はさらに悪化する。既に遅い時間、しかも田舎道だったので、助けを求めようにも通りかかるクルマがまったくないのだ(日が暮れるとフランス人はどこへ行ってしまうのだろう…)。その場で夜を明かすしかなかった。私はテントを取り出したが、漆黒の闇の中でテントを張るのは容易ではない。しかも、地表から数センチのところに硬い岩があるらしく、テントのペグは跳ね飛ばされて暗闇に消えた。私はテントを諦めて放り出すと、クルマの中で寝るしかないとキャロルに告げた。キャロルはいい顔をしなかった。サイドカーテンがないのだから、悪い人が通りかかったら何をされるか分からない。
 
そこで閃いた。待てよ、クルマのキャンバスカバーを積んできたじゃないか。私は車内で体をひねり、専用の太いゴム紐をかけてカバーを固定することに成功した。こうして快適とはいえないまでも、私たちは安全にすっぽりと包み込まれた。昨今、スピードスターには誰もが薄いバケットシートを装着しているが、新車当時は多くがフルリクライニングの標準シートだった。幸い、わたしの356もそうで、しかも"ワイドバック"と呼ばれるタイプだったので、後ろに倒せば比較的快適に体を横たえることができた。ところが、間違っても快適とはいえなかった。
 
まったく換気ができないので、車内の温度は瞬く間に上昇してサウナのレベルを超えた。私たちは服を着たまま横になったが、今度はどんどん脱いでクルマの外に押し出さなければならなかった(これは色っぽい話ではない。純粋に生存がかかっていたのだ)。汗だくになりながら断続的に眠りに落ち、数時間が過ぎた。真っ暗で腕時計も見えないので、私はゴムを緩めてそっと外をうかがい、慌てて頭を引っ込めた。「キャロル、大変だ!」
 
数時間前まで完全に無人だった田舎道が、今やどちらを向いても果てしなく続くクルマの列で埋まっていたのだ。フランスでは今でも続くバカンスへの大移動が、寝ている間に始まっていたのである。選択肢はなかった。私たちは半裸の状態でクルマから飛び出すと、放り出した服をかき集め、大慌てで身に付けた。
 
きっと今でもフランスでは、どこかのディナーパーディーで話の種にされているに違いない。「あの話をしたことはあったかな。イギリス人のカップルが、ちょっとした"お楽しみ"のために、古いポルシェを道端に止めていたんだ。本当に笑える光景だったよ」
 
少し押すとスピードスターは息を吹き返した。この旅ではさらに何度か故障を経験したが、その話は別の機会に譲ろう。
 
以来50年間、キャロルは私のクルマ道楽のせいで、野宿や故障、ガス欠などに何度も付き合わされることになった。アバルトにベントレー、BMW、メルセデス、タトラ、そしてもちろんポルシェにも、一度ならず不測の事態で立ち往生させられた。信じられないことに、私は今でも同じスピードスターを所有している。そしてもっと信じられないことに、それよりはるかに大事な妻が、今でも一緒だ。愛するキャロルに、結婚50年の感謝を込めて。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【ドラクエウォーク】スーパースター&新機能「ほこら」追加!スマートウォークまとめ

    攻略大百科
  2. 木梨憲武、EP『木梨ミュージック コネクション』から藤井尚之参加の新曲「サンシャイン ラブ 〜差し替え ザッキー〜」MVを公開

    SPICE
  3. 「なんだか人間みたい…」姿勢よくヨーグルトを飲む猫(動画)

    らばQ
  4. 【あつまれどうぶつの森】9月30日に秋の無料アップデートが配信|ハロウィンイベントやかぼちゃなどが追加【あつ森】

    攻略大百科
  5. ワルキューレのエースボーカルJUNNA 待望の2ndアルバム『20×20』が発売決定 二十歳のバースデイライブも決定

    SPICE
  6. セレーナ・ゴメス、手術痕は「私の誇り」

    ナリナリドットコム
  7. 地元の人たちが太鼓判!大阪・日本橋の「すべらないランチ」

    anna(アンナ)
  8. 【ザセム VS エチュード】コンシーラージプシー必見!ハイカバーコンシーラー2種徹底比較

    美容マガジン myreco(マイリコ)
  9. 生後たった7日で迎えた初めての保護子猫。たった1ヵ月で驚きの成長!

    ねこちゃんホンポ
  10. 【ドタバタな朝】ごはんよりも遊び優先の子柴たち!ピョンピョン飛びまわる姿が、ヤンチャすぎたッ!

    PECO