Yahoo! JAPAN

理容組合旭支部 独自バッジで接種PR コロナ禍で取り組み模索〈横浜市旭区〉

タウンニュース

一つひとつ手づくりされた缶バッジ

区内の42の理容店が加盟する神奈川県理容生活衛生同業組合旭支部(近江唯史支部長)はこのほど、新型コロナウイルスのワクチン接種を行ったことを証明する「接種済」と表示された独自の缶バッジを作製。各店の理容師らが2回接種を行ったことが、ひと目で分かる取り組みを行っている。

◇◇◇◇

「これまでお客様から『ワクチン接種した?』と聞かれることが多く、2回接種後に何か表示できるものがないか考えていました」と話す近江支部長。そこで思いついたのが、「接種済」とデザインされた、身に着けられる「缶バッジ」と店内に置く「POP」の作製。すぐに試作品を作ったところ、客からの評判もよかったため、各店にバッジ2個・POP1枚を配布し、支部全体で取り組むことになった。

近江支部長は「バッジは手づくりなので作るのが大変でしたが、コロナの影響で色々な制約が続く中、少しでもできることを支部一丸となって取り組んでいきたい」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事