Yahoo! JAPAN

この冬のトレンドは辛味!名誉鍋奉行オススメの鍋つゆの素特集

TBSラジオ

【TBSラジオ】ジェーン・スー 生活は踊る

TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」月~木曜日の11時から放送中!

1月12日(水)のスーさん、これいいよ!のゲストは、料理研究家の安井レイコさんでした。

▼安井さんのプロフィールですが…
エッセイストや料理研究家、調理師として、企業向けのレシピ開発、講演、テレビやラジオの出演など、幅広くご活躍中です。これまでに食べた鍋の種類は、なんと6000種類以上!「日本鍋文化研究所」の‘名誉鍋奉行’も務めていらっしゃいます。
今年のトレンドは・・・「辛味」
▼今年の家庭における鍋つゆのトレンドは「辛味」。
▼昨年、ブームの一端を担った「しびれ山椒」「花椒」「ゆず胡椒」などに加え、火鍋などの複雑な辛味を合わせたものや、スープカレーのようにスパイシーな辛さを強調したものが好まれています。
▼おうち時間が長くなって定番の鍋を食べ飽きてしまった人たちが、外食にも行けずに刺激を求めて、辛味の鍋に走っているように感じます。
▼各メーカーさんから、次々と刺激的なキャッチコピーの辛味鍋つゆが出ています。

今食べてほしい「鍋つゆの素」
1品目は・・・「コーミ 台湾ラーメン鍋つゆ」

▼丸鶏エキスのコクと旨味、唐辛子とニンニクの風味が効いた、辛さと深みのある台湾ラーメン味の鍋です。
▼名古屋の「味仙」今池本店が監修しているので、「味仙の台湾ラーメン」のうまみだけを取り出したような鍋の素になっている。
▼より味仙らしさを出すために「冷凍餃子」を入れて、ひき肉感たっぷりにするのがオススメです!
▼シメはやはりラーメンでしょう!

スタッフが購入したお店では、税込300円でした。
2人「ピリッとしてるけど、お味噌のまろやかさもある!確かに水餃子合う!コクがすごい!」

今食べてほしい「鍋つゆの素」
2品目は・・・「エバラ プチっと鍋 スープカレー」

▼今年流行した1つのスープカレーはプチっと1人前で扱いやすい商品。「和風」というよりも「スパイシー」に作られていますが、家族で親しめる味です。
▼カレー味は大人にも子供にも喜ばれるマイルドな辛味の上、ゴロゴロした丸ごと素材やカット野菜にも合う懐の広さがあります。
▼〆はやっぱりご飯ですね!

2人「本格派!カリフラワーやブロッコリーを入れても美味しそう!!ポトフっぽくするのもいいかも!」
「エバラ プチっと鍋 スープカレー」は、スタッフが購入したお店では、税込267円でした。

ちなみに、安井さんが鍋に入れたい具のベスト3は・・・
白菜、長ネギ、えのき だと一般的ですが、安井さんは、餃子、春雨、トマト もオススメだそうです。
また、変わったシメ方でオススメのものはというと・・・キムチ鍋のシメに、納豆とオートミールを入れるのもオススメなんだそう!!

みなさん、ぜひこの冬お試しくださいね!

【関連記事】

おすすめの記事