Yahoo! JAPAN

おしゃれレトロ「古民家リノベカフェ」が札幌・円山の路地裏に…映える“手織り寿司”

SASARU

札幌・円山といえば、おしゃれなカフェが集まるエリア。特に最近は、古民家をリノベーションしたレトロなカフェが注目を集めているんです。

そのなかでも今回は、華やかな“あいがけカレー”と、映える“手織り寿司”を提供するカフェを紹介します!

華やかな“あいがけカレー”を味わえるカフェ

まず訪れたのが、2021年11月にオープンした「カレークラブ」です。もともとは絵画のギャラリーとして使われていましたが、福島 光彦オーナーがカフェにリノベしました。

「本当にカフェ…?」と疑ってしまう趣のある外観と、シックで落ち着く雰囲気の店内が印象的です。

「3種のあいがけカレー」1500円

同店の一押しメニューは、20種のスパイスを使用した「3種のあいがけカレー」。チキンココナッツ・ラムキーマ・サバカレー、3つのカレーを味わえるんです。

福島オーナーによると、

1. まずは好きなルーとライスを一緒に食べる
2. 次はお好みでカレーや副菜をごちゃ混ぜにして食べる

上記の手順で味わうのがおすすめなんだとか。カレークラブに訪れた際は、ぜひ試してみてくださいね~。

カレークラブ
住所:札幌市中央区南6条西23丁目5-17
営業時間
平日:午前11時30分〜午後5時
土日祝:午前11時30分〜午後3時30分、午後5時~午後8時
定休日:木曜日
電話番号:070-1139-0710
Instagram:https://www.instagram.com/curryclub1112/

お隣にもレトロなお店が…

カレークラブに訪れる際、忘れずに注目したいのが入口です。

隣に2つの扉があり、そのうちの1つ「B号室」を開けて2階へ上がると…

海外から買い付けた古着とアンティーク家具を販売するお店が営業しています。

そして、もう1つの扉「種花」を開けると、モロッコやアフリカなど海外の花が買えるお店が営業しているんです。

まさに、古民家が密集した地帯…。円山を散歩する際は、途中でふらっと寄ってみるのもよさそうですね。

京都発祥の“手織り寿司”を味わえるカフェ

「特上手織り寿し」2640円

次に紹介するのが、築85年の古民家をリノベした「かまだ茶寮」です。床や柱、天井にはあまり手を加えていないため、レトロな雰囲気を楽しめます。

おすすめのメニューは「特上手織り寿し」で、手巻き寿司と同じく自分で巻いて味わうスタイル。

19種類のおばんざいのなかでも、特におすすめは生ハムの青じそ&クリームチーズ巻きなんだとか。

手織り寿司は京都発祥の料理で、この華やかな見た目が写真映えするとブームになりました。天ぷらと茶碗蒸しもセットになっているので、満足感も抜群!

ネタは野菜や刺身、お肉などいろいろありますが、特に「ししとうの天ぷら」は天むすみたいで斬新です。

訪れた際は、築85年の風情と華やかな手織り寿司をぜひ堪能してみてください~。

かまだ茶寮
住所:札幌市中央区南2条西25丁目1-31
営業時間:午前11時~午後5時
定休日:月曜日
電話番号:011-616-0440
Webサイト:https://kamada-saryo.com/about/

*みんテレ5月10日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

【関連記事】

おすすめの記事