Yahoo! JAPAN

川崎市 成人式、宣言下で敢行 会場参加は前年比4割減〈川崎市多摩区〉

タウンニュース

マスク姿で歩く参加者たち=11日、とどろきアリーナ

川崎市による「成人の日を祝うつどい」が1月11日、市とどろきアリーナ(中原区)で開催。密を緩和するため会場開催は従来の2部制から3部制に増やし、オンライン配信も同時に行われた。市によると、新成人1万4125人のうち、会場に訪れたのは前年比約4割減の3716人。配信は2246人が視聴した。

記念式典の「新成人の声」で、多摩区の磯部千尋さんは「学校生活を通して人の役に立つ仕事がしたいと思った。現在は小学校の先生になるため大学で勉強に励んでいる」、小宮愛未(まなみ)さんは「吉田松陰の『夢なき者は理想なし』という言葉に何度も励まされた。子どもと真剣に向き合える幼稚園の先生になりたい」と語った。

緊急事態宣言下での開催で、会場では入場時の手指消毒や検温、座席間隔を空けるなど対策を徹底。市の担当者は「大規模のため、延期すればいつ実施できるか分からない。新成人の一生の思い出づくりのため踏み切った」と話す。

会場入りした男性からは「現住所が北海道なので、周囲には怖いから行かないでと言われたが、記念なので参加したかった」との本音も。友人が体調不良で欠席した男性は「ビデオ通話で再会した。残念だけど、このご時世だから仕方ない」と思いを話した。

【関連記事】

おすすめの記事