Yahoo! JAPAN

犬と人間の距離が近づいたのは遺伝子変異のせいだった!【研究結果】

わんちゃんホンポ

犬の家畜化の疑問に迫る研究

犬の家畜化については、世界中の数多くの科学者や考古学者がさまざまな面から研究を続けています。しかし未だ、犬の家畜化が起こった正確な時期や場所は明確にはなっておらず、そもそもなぜ犬の家畜化が起こったのかという疑問も解決していません。

この問題について、麻布大学獣医科学の研究チームによる報告が大きなヒントをもたらしました。古代の犬のストレス応答システムの遺伝子変異が、犬の家畜化に関連しているのではないか?というものです。

2種類の行動実験で古代犬種と非古代犬種を比較

研究チームは犬と人間の関係性を調査するための2種の行動実験を行いました。実験に参加したのは一般募集された624頭の家庭犬たちです。犬たちは2つのグループに分類されました。

1つは秋田犬やシベリアンハスキーなどオオカミに近いとされる古代犬種、もう1つはトイグループや猟犬グループなどオオカミから遠いとされる非古代犬種です。

最初の行動実験は、犬の前に置かれた2つの器のうちトリーツが隠された方を選ぶというものです。人間が器を指差したり犬に声をかけたりして、トリーツがどこにあるかのヒントが与えられました。

これは犬が人間からのコミュニケーションシグナルをどの程度理解しているのかを確認するためです。この二者択一の実験では、古代犬種と非古代犬種の間に違いは見られませんでした。

2番目の行動実験は、犬が自力で開けることのできない容器にトリーツを入れて見せ、犬がどのようにしてトリーツを手に入れるかという問題解決に関するものです。犬にはあらかじめ人間が容器を開ける動作をして見せておきます。

2番目の実験では2つのグループの差は明らかでした。犬たちは自力で容器を開けることができない時、人間に視線を向けて人間と容器を交互に見て「開けてほしい」という依頼行動を示しました。

この依頼行動が古代犬種グループでは非古代犬種に比べて、人間に視線を向ける回数が少なく、視線を向けている時間も短かったことが分かりました。このことは非古代犬種では、人間への依存度や社会的愛着がより高いことを示していると研究者は述べています。

犬と人間の距離を近くした遺伝子とは

行動実験に続いて、研究チームは実験に参加した犬たちの血液から4種類の遺伝子について分析比較を行いました。4種の遺伝子とは、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾール産生に関連するもの、愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシン産生に関連するもの、オキシトシン受容体に関連するもの、多動に関連するものです。

これら4種の遺伝子のうち、コルチゾール産生遺伝子が古代犬種と非古代犬種で異なっていることが分かりました。ストレスを感じた時に分泌されるコルチゾールは、生き物の体内で危険を知らせる警報システムでもあります。

この研究で発見されたコルチゾール産生遺伝子の変異は2つ有り、そのうちの1つはコルチゾール産生量の変化に関するものでした。

コルチゾール産生遺伝子の違いと問題解決の行動実験の結果(人間への依存度、社会的愛着の低さ)は相関しており、ストレスレベルの低さが犬の家畜化に役割を果たした可能性が指摘されています。

つまり、人間への警戒心が薄くストレスレベルの低い個体が人間に近づき、さらに人間がそのような個体を選別して飼育したことが、犬の家畜化の始まりであったことが考えられます。

古代犬種と非古代犬種、また犬とオオカミの間でコルチゾールレベルが実際に異なるのかどうかは今後さらに研究が必要だということです。

まとめ

古代犬種と非古代犬種を比較した実験や遺伝子分析から、ストレスに関連するホルモンのコルチゾール産生遺伝子の変異が、犬の家畜化に役割を果たした可能性があるという研究結果をご紹介しました。

犬の先祖である古代のオオカミの中で、ストレスや警戒のレベルが低い個体が人間のそばで残飯などにありつくようになり、その過程で人間の表情や行動を読み取る能力を身につけていったと想像するのはワクワクするような楽しさがありますね。

《参考URL》
https://doi.org/10.1038/s41598-022-11130-x

【関連記事】

おすすめの記事