Yahoo! JAPAN

ツインシティ橋 23年度に都市計画決定へ 黒岩祐治県知事「整備着実に推進」〈平塚市〉

タウンニュース

平塚側で進む道路整備

相模川をはさんだ大神地区と寒川町倉見地区で進む「ツインシティ」計画をめぐり、黒岩祐治県知事は両地区を結ぶ新橋を含んだ全長約1・7Kmの道路について、必要な都市計画の手続きを2023年度までに完了させると明らかにした。6月17日の県議会本会議で答弁し、都市計画決定後は用地取得に向けた調査も行うとした。

ツインシティ事業は、東海道新幹線の新駅誘致を目指す倉見地区と、相模川対岸の大神地区で一体的なまちづくりを行う計画。県は、大神・倉見の両地区を結ぶ新橋「(仮称)ツインシティ橋」を建設し、国道129号から寒川町倉見の産業道路に接続する全長約1・7Kmの道路を整備するとしている。

平塚側の0・5Km区間では現都市計画に基づき、区画整理事業に合わせて先行して準備が進められている。県議会本会議で藤代優也氏(自民党)の代表質問に答えた黒岩知事は、平塚側の0・5Kmについて「まちづくりの進捗に一層の弾みをつけるため、今年度内の完成を目指す」と表明した。

全体の約1・7Kmについては、関係機関との調整を進めて2023年度中に都市計画の手続きを完了させる方針。新橋を含む1・2キロ区間はJR相模線と圏央道に対して立体交差する複雑な工事が必要となるため、「鉄道事業者と綿密に調整を重ねている」(知事)と説明した。

新道「東西の軸に」

圏央道の開通により周辺では企業立地が活発化していることから、黒岩知事は「東西の軸となる本路線の必要性が一層高まっている」と、新たな道路が重要な交通網であることを強調。「地域の発展に寄与するツインシティ橋の整備を着実に推進していく」と述べた。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「楽な体勢、教えてあげるにゃ♪」可愛い三毛猫さんおすすめのハンモックでの寛ぎ方とは?

    ねこちゃんホンポ
  2. INI、メンバー同士の“全力ハグ”で会場を魅了「皆さん、これが見たいんでしょ?」

    フジテレビュー!!
  3. <2度目の浮気>娘が遭遇した不審者は……「旦那の浮気相手」怯える娘!決意した私……【まんが】

    ママスタセレクト
  4. 3児の母親、夫が嫌いな7歳長男を“借金返済のため”売りに出す(露)

    Techinsight
  5. <オバちゃん認定項目>「アレがアレして」「何歳だと思う?」あなたは何個当てはまりますか?

    ママスタセレクト
  6. 風男塾[ライブレポート]ワンマンライブで魅せた全力パフォーマンス!+東名阪ツアーを発表

    Pop’n’Roll
  7. 上智大学出身と知って驚いた芸能人ランキング

    ランキングー!
  8. 「毎日会いたい」と彼氏に言うのはNG!? 男性の本音&“会いたい彼女”になる方法

    ウレぴあ総研
  9. 【実録】忘れられない恐怖体験 #10「“怪音”の正体は…」

    ウレぴあ総研
  10. <通い介護中>兄夫婦が同居中の両親の介護もせず資産を頼っていると発覚!これは動くべき?

    ママスタセレクト