Yahoo! JAPAN

【ライブレポート】sumikaが満を持して大トリとしてステージに登場。「みんなを守れるバンドでありたい」<JAPAN JAM 2021>

WWSチャンネル

sumika<JAPAN JAM 2021>(※提供写真)

5月2日(日)から5日(水・祝)の4日間、千葉市蘇我スポーツ公園にてGW最大規模の音楽フェス「rockin’on presents JAPAN JAM 2021」が開催された。2日目となった5月3日、SKY STAGEのヘッドライナーをまかされたのが、今年になってから1月、3月、そして6月にも新曲をリリース予定と絶好調のsumikaだ。

満を持してSKY STAGEに登場した片岡健太(Vo./Gt.)は、夜のステージに映える真っ赤なシャツでステージ中央に立つと、両手を左右いっぱいに拡げて会場に一礼。「sumika、始めまーす!」と、1曲目は大トリを任されたことを祝うかのような『祝祭』。片岡もギターを抱え、黒田隼之介(Gt./Cho.)とダブルギターでのセッションを繰り広げた。

「大トリをまかされましたsumikaです。元気残ってますか?疲れてそうなので『ふっかつのじゅもん』」。MC内で曲が紹介されると、七色のステージ照明とともにスカ調のリズミカルなサウンドが展開。片岡は満面の笑みを浮かべ「最高です!」と高笑い。「後ろの方までいっぱいだね!よく見えるよ。今回は制約があるけど、ちゃんと全部伝わってます。今日のために1年間、いろいろ我慢してきたんだもんね」。

sumika<JAPAN JAM 2021>(※提供写真)

観客をねぎらうMCに続いては、印象的なギターリフから始まる『Flower』。ラップ調で始まるごきげんなナンバーを本当にうれしそうに歌う片岡。「間違いなく、ぶっちぎりで楽しーい!」曲間で何度も喜びの声をあげ、ラストでも「最高!」と大興奮。


その後は、会場中が自然に手拍子を奏でた『Lovers』。「本当は去年のロックインジャパンで演りたかった」という『絶叫セレナーデ』、そして片岡がギターを降ろしてステップを踏みつつ歌った『ライラ』。彼らが得意とするアカペラから始まる『Summer Vacation』では、ステージ左右で観客に語りかけるように歌い、エレクトリックピアノの旋律から始まる『願い』では、sumikaらしい優しさに満ちたラブソングを楽しませてくれた。

「本当に最高の気持ちです。ありがとう。今日、ライブ自体が初めてっていう人いますか?ライブ自体が初めてという人も、久しぶりという人も、全部取っ払って俺たちもバンドとしてライブという文化を残していきたい」片岡の熱い思いとともに、ステージはついにラスト1曲『センス・オブ・ワンダー』へ。この日最後のステージということで、すっかり日も暮れて外の気温はかなり下がっていたが、この前向きな応援ソングで会場はあたたかい手拍子に包まれた。

sumika<JAPAN JAM 2021>(※提供写真)

「これからも俺たちで作っていこうぜ!」そうメッセージを残してステージを去ったメンバーが、アンコールで再び登場すると「ムカつくもの、全部ぶっ飛ばせる俺たちらしい曲で締めくくります」と『Lamp』を披露。底抜けに明るいチューンに、会場中のオーディエンスが飛び跳ね、最後の最後まで陽気であたたかいsumikaのステージは終了した。

sumika<JAPAN JAM 2021>(※提供写真)


JAPAN JAM 2021
5月3日 SKY STAGE / sumika セットリスト

M01:祝祭
M02:ふっかつのじゅもん
M03:Flower
M04:Lovers
M05:絶叫セレナーデ
M06:ライラ
M07:Summer Vacation
M08:願い
M09:センス・オブ・ワンダー
EN:Lamp

【関連記事】

おすすめの記事